ハコプラスなら全て定額基本パックに含まれています!!

「きもちのいい家」リノベを叶える8つの工夫②

2.インナーサッシ

インナーサッシ

過ごしやすいお部屋づくりの鍵は「窓」にあり。
断熱性・気密性を高める窓への工夫をご紹介します。

夏場に冷房をつけても、すぐにまた部屋が暑くなってしまう。。。
冬場に暖房で部屋を温めても、すぐにまた部屋が冷えてしまう。。。
結局エアコンをつけっぱなしにしなければならず、夏と冬の光熱費がぐんと上がってしまう。。。

中古マンションでよく耳にするこの悩みは、部屋の熱が外に逃げてしまっていることが原因です。

みなさんは、室内の涼しさ・暖かさが、どこから一番逃げやすいかをご存知でしょうか?日経アーキテクチュア誌によると、冬に暖房の熱が流出する割合は壁からによるものが15%であるのに対し、窓からは58%ととても高い割合を示しています。また夏に外気の熱が流入する割合は、壁からによるものが7%、窓からによるものが73%と、どちらの場合でも大きな割合となっています。

断熱効果を考えれば、中古マンションのリノベーションで快適な住まいとするためには窓の断熱に対する工夫は欠かせないのです。

「インナーサッシ」「2重サッシ」「内窓」などの言葉を聞いて、「あぁ、東北の方の家とかでする寒さ対策のことだよね」と思われる方がいらっしゃいますが、インナーサッシの効果は寒さを防ぐだけではありません。熱環境を快適に保つ効果はもちろん、他にもメリットがたくさんなのです。

「インナーサッシ」を取り付けたマンション
  • 熱を逃さず、心地よい熱環境が長続き。
  • 冷暖房効果が上がり、光熱費が抑えられる。
  • 結露が発生しにくく、カビやダニの発生を抑えることができる。
  • 外の音が気にならない、静かな暮らし。
  • 生活音の音漏れの心配がない。
「インナーサッシ」のないマンション
  • 外気の影響が大きく、心地よさが続かない。
  • 冷暖房効果がすぐ切れ、光熱費が高くなる。
  • 結露によるサッシまわりの傷みに悩まされる、カビやダニが発生しやすい。
  • 騒音が気になり、休まらない。
  • 外部への生活音の漏れを気にしなくてはいけない。

インナーサッシが基本パックに含まれていて、「きもちのいい家」に!

少しの冷暖房で快適、光熱費がかからない、静かで、心休まる暮らしのために。
ハコプラスでは、既存のサッシに加えて、複層ガラスの樹脂製のインナーサッシ「エコウィンド」を取り付けることにしました。

重なる空気層が快適さの秘密

既存の外窓とインナーサッシの間に新しく空気層を作ることで、外気と室内をしっかり遮断します。インナーサッシのガラス自体も複層ガラスですので、単板ガラスの約2倍の断熱効果を発揮します。

熱伝導率の低い樹脂製サッシ

既存の外窓の多くはアルミ製のサッシでできています。窓を開けようとして、夏場は日差しを受けたサッシの熱さに、冬場はキンキンの外気で冷やされたサッシの冷たさに驚いた経験はありませんか?ハコプラスで使用するインナーサッシは、樹脂製です。熱伝導率はアルミのなんと1/1000。熱を伝えにくい素材なので、外気温の影響を受けにくい快適な室内環境を実現します。

光熱費の削減

窓からの熱の出入りを抑えることで、住まい全体の断熱性能が上がります。断熱性能が良い住まいは、エアコンの効きが良いので、冷暖房費の節約になります。 例えば、単板ガラスの既存の外窓に複層ガラスの樹脂製インナーサッシ「エコウィンド」を取り付けた場合、年間で約18,000円の節約に繋がります。

結露が起きにくい

普通のコップに冷えた飲み物を入れておくと、コップの周りが水滴でびしょびしょになりますね。窓の結露の仕組みもこれと同じです。外気で冷やされたガラスやサッシ部分に室内の暖かい空気が触れ、空気中の水蒸気が冷えて水になることで起こります。インナーサッシを取り付けた窓は、二重構造のコップのようなもの。二重構造の空気層が外気による影響を抑えるので、結露が発生しにくくなるのです。カビやダニ、住まいの傷みの原因になる結露を抑えることは、清潔で快適な環境にとても重要です。

防音効果もアップ

既存の外窓とインナーサッシが生み出す中間空気層が防ぐのは、熱の出入りだけではありません。窓からの騒音の侵入を防ぎ、室内からの音漏れを抑える効果が期待できます。

例えば、今ある窓に単板ガラスの樹脂製インナーサッシ「エコウィンド」を取り付け、85mmの中間空気層を作り出した場合、-40dbもの遮音効果が得られます。これは、幹線道路の交差点のような耳障りな騒音を、美術館や図書館ほどの静けさに変化させるくらいの違いがあります。

補助金受給の条件になることも

断熱リノベーション工事に対して国などが提供する補助金や優遇税制を利用するために、窓への断熱対策が条件となっていることがほとんどです。インナーサッシの性能証明書など、申請に必要な書類の準備もお任せ下さい。

インナーサッシにもこんな注意点があります

掃除が増える

窓の数が増えるということは、その分掃除の必要箇所も増えるということ。主に汚れるのは当然外気に触れ、雨がかかる既存の外窓ではありますが、室内側のインナーサッシも汚れないわけではありませんので窓掃除の手間も増えると言えます。

鍵が二重で出入りに手間がかかる

一般的な引違い窓のインナーサッシには既存サッシとは別にクレッセント錠が付きます。例えばバルコニーに出るために、鍵を二回開け、二回窓を開け締めするので手間に感じることがあるかもしれません。しかし、鍵の開け締めや出入りに時間がかかるということは、空き巣に狙われにくくなり、高い防犯効果の裏返しでもあります。

ハコプラスのインナーサッシのメリット
1.吹付け断熱

1吹付け断熱

夏は涼しく、冬は暖か

2.インナーサッシ

2インナーサッシ

防音・結露対策・断熱

3.配管更新

3配管更新

最新技術の新しい配管へ

4.無垢フローリング

4無垢フローリング

裸足で過ごしたくなる心地よい肌触りの床

5.光を取り入れる

5光と風を取り入れる

自然のエネルギーで
家族も植物も元気に

6.最新の省エネ・節水設備機器

6最新の省エネ・節水設備機器

普段の暮らしの中で節約を

7.自由間取り

7自由間取り

動線で暮らしが変わる

8.湿度調整

8湿度調整

いつでも「ちょうどいい」湿度に

目的に合わせたリノベーション

気持ちいい家づくりのヒント集