リノベーションを通じて、自分たちで手を加えながら家を育てていく楽しさを知りました。

Arrow
Arrow
Slider

自分たちのやりたいことをするには、中古マンションを買って好きにリノベーションする方法が良いと思ったんです。

リノベーションしようと思われたきっかけは?

結婚して家を探すとなったときに、どういう家に住みたいかということを考えました。
新築マンションの間取りを見ると、とても均一的に感じて、内装もどの部屋も変わらないような印象でした。そこで、少し興味を持っていた中古マンションのリノベーションについて、ネットで調べたり、雑誌をぱらぱら見ているうちに、自分たちのやりたいことをするには、中古マンションを買って好きにリノベーションする方法が良いと思ったんです。

好きなインテリアテイストは?

アンティークな雰囲気と、グリーンのあるゆるい感じの部屋が好きです。

チェスト、ダイニングテーブルはアンティーク家具を。既製品にはない感じが気に入っています。

ドライフラワーやグリーンをたくさん飾っていらっしゃいますね。すごく日当たりもよくて、グリーンが明るいお部屋に映えますね。ダイニングのチェストやテーブルがすごく素敵なんですが、どこで買われたものですか?

引っ越してきたときには全然細くて小さかった観葉植物が、ぐんぐん伸びて今はこんなに広がっています。日当たりが良くて夕方まで明るいので、なんだか部屋も広く感じますよ。
チェストは、以前の住まいから使っているアンティークのもので、グローブ(グローブ アンティークス/世田谷区池尻)で見つけて買ったものです。広くなったダイニングに合わせて、ダイニングテーブルもアンティーク家具にしました。既製品にはない感じが気に入っています。

雑誌、webページ、インスタなど、家づくりの参考にしているものは?

妻の仕事柄、雑誌はよく見ます。Casa BRUTUSや、リノベ雑誌ではrelife+などで情報集めをしました。あとは画像検索などで好きなイメージを探しました。

床はサンプルを取り寄せて、質感や色味を比べながらじっくり時間をかけて選びました。

家づくりでのこだわりは?リフォームプランを進めていく中で、重要視したところは?
具体的な場所や、選ばれたパーツがあればぜひ教えてください。

床選びには時間をかけたほうだと思います。いろいろな無垢フローリングのサンプルを取り寄せてもらって、触ったり、色味を比べたりしながら好みのものを探し出しました。木目の感じと、オイルフィニッシュしたときの木肌が気に入り、ヨーロピアンオークにしました。
壁に貼ったのもオークなんですけど、原産国が違うことも合って、木目のばらつきが床のオークと違っていて、無垢材の個性を感じられます。
壁のほうがはっきり強めの木目で、いいアクセントになりました。

当社にご用命いただいた理由をお聞かせいただけますか?
(価格、担当者、施工実績など、できるだけ詳しく教えてください)

まずは自分たちでネットで下調べをして、2,3社に話を聞いたり見積もりをしてもらいました。その時のプランが一番具体的だったことと、見積もりの内容が細かったことが大きな理由です。

細かいスケジューリングでパーツをゆっくりと選ぶことができました。

サンリフォームでは、お客様にできる限りストレス無く、楽しくリフォーム・リノベーションをしていただきたいと考えています。
初めてのリフォームはどのような所が大変でしたか?また、プランしていく中で、楽しかったことはありましたか?

マンションの購入からリノベーションして移り住むまでの時間があまりなくて、短期間にいろいろな手続きや打合せが続きました。
工期や打合せのスケジュール的にはタイトだったのですが、平田さんが細かくスケジューリングしてくれていたので慌ててあれこれ決めるとかそういったことはなかったです。
細かなパーツ選びは楽しかったです。小物やタイルをショールームで探して、自分たちの好きなものを見つけてきたり。
工事中に買ったものを職人さんに取付けをお願いできたので助かりました。

無垢フローリングの暖かさは想像以上でした。

お住いになってみて、想像と違っていた所、想像以上に良かった所等、ございますか?

床の暖かさは想像以上でした。以前の住まいはおそらく合板のフローリングだったんですけど、冬の床の暖かさはだいぶ違いがわかります。床暖房はほとんどいらないんじゃないかというぐらいです。これは本当に無垢材という素材の力なのかなと思うところで、選んでよかったです。

逆に壁紙はオーソドックスすぎたかなと思っています。例えば、今はコンクリートむき出しや、コンクリート調の壁に興味があるので、当時もっと違うものに思い切ってやってみても良かったかなと。

スペース的にはどうですか?使っていただいて収納の使い勝手や各スペースの広さ等どうでしょうか?

奥さま:キッチンの収納がだいぶ増えて、使いやすくなりました。小物やストック類が出っぱなしにならないので良いです。

ご主人:妻がキッチングッズが好きで、たぶん物は多い方だと思うし、結構いろいろなものを買い足していますが、まだ余裕があります。スペースがあるからいろいろ買っちゃうのかな。新しく何かを買うときは手持ちのものを整理しながら、工夫しながら使っていこうと思います。

奥さま:吊り戸棚も無くして、キッチンが開放的になりました。リノベーション後に母が訪ねてきたときは、キッチンの明るさや視線が広がることをすごく羨ましがられました。

明るく広いキッチンがお気に入りです。白いタイルを張ってますますよくなりました。

リノベーションされて一番奥様のお気に入りの場所はどこですか?

キッチンですね。明るくて広いところが好きです。
大きくリノベーションした後に、タイル工事を追加でサンリフォームさんにお願いしました。リビングから大きく見えるところなので、白いタイルを貼ってますます良くなりました。

リノベーションで、少しづつ自分たちで手を加えていく楽しさがわかりました。

最後に、リノベーションしてよかった!と思うところがありましたら教えてください。

リノベーションすることで、部屋がキレイになった、自分たちの好きなことをできた、ということはもちろん良かったです。壁に無垢材を貼ったり、新築ではできなかったことなので。
それ以上に、「家づくり」って、少しずつ自分たちで手を加えていくものなんだっていうことがわかったし、それがすごく楽しいということがわかりました。
今も、ここに室内窓を付けてみたいとか、壁をコンクリート調にしてみたいとかいろいろ考えついているんですよ。これからもサンリフォームさんに手伝ってもらいながら、自分たちの家を育てていくのが楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

RENOVATION DATA

施工主 K様
家族構成 ご夫婦2人
所有面積 70.2㎡
費用 380万円
工事期間 約1ヶ月
リノベーション前図面
リノベーション後図面