中古マンション

2020年に義務化される「改正省エネ基準」とは

省エネという言葉を聞くと、個人個人がエネルギー節約のためになんらかの取り組みをするイメージがあります。しかし、住まい自体に省エネができる工夫を施すのも地球環境や家計に優しい取り組みのひとつです。そして、省エネ性能を高めた家は、住む人にやさしく快適なだけでなく、「家そのもの」を長持ちさせてくれるメリットもあります。

皆さんは「省エネ義務化」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?2020年には、改正省エネ基準が義務化される、つまり、一定の省エネ性能のある家しか認められなくなります。この「省エネ義務化問題」、これからの家や今までの家、そして中古マンションとどういった関係があるのでしょうか。

続きを読む

マンションのリノベーションプランをスケルトンから考える

あらかじめあった間取りをすべて取り払い、スケルトン状態にしてから、また新たに間取りを設計を始めていくハコプラスのリノベーション。どのお客さまも初めての方がほとんどですよね。自由にプランや設計を行えることがメリットなのですが、実際どこから取り掛かればいいのかお悩みになる方も多いはず。
ご家族にとって必要な事は何か、大切な事は何かを整理しながら考えれば、デザインも好み通りの、機能的な住まいを作り上げることができます。
今回は、プランの決め方や、コストの使い方、そして実際にサンリフォームでリノベーションをされたお客さまがどのようにプランを組み立てていったのかをお伝えしたいと思います。

続きを読む

不安にならない為のリノベーションのローンの組み方と資金計画

中古住宅を購入してリノベーションする人が増えています。
こだわりの条件に合う住まいを見つけて、おしゃれな間取りに生まれ変わらせたら、毎日の暮らしがきっと楽しくなるはず。

…でも、現実的な問題としてまず気になるのは「お金」ですよね。

リフォーム費用はローンで借りられるの?
住宅ローンにはどんな種類があるの?
頭金ってどれくらい必要なの?
中古住宅の購入とリノベーション費用には、どのような支払い方法があるのかを解説していきます。

続きを読む

マンション購入前に確認しておきたい!リノベーションでできること、できないこと

気に入った土地の中古マンションを購入して、いよいよリノベーションのスタート!とわくわくしてプランニングをしてみると、

築年数が古くて思い通りのリノベーションができなかった。
自由設計なはずなのに、マンションの構造の問題でキッチンが移動できない。

など、専有部分でリノベーションが自由にできる場所なはずなのに、実際は問題があって思い通りにできなかったというケースがあります。
どうして専有部分なのに、こういうことが起こってしまうのでしょうか?

その多くがマンション購入前に、理想のリノベーションが可能かどうかの確認不足が原因です。
今回は、共用部分はもちろん専有部分での、リノベーションでできること、できないことをご紹介します。
このポイントを確認しておくだけで、中古マンション購入後のリノベーションに頭を抱えることはなくなりますよ!

続きを読む