リノベーション

2019年10月からは消費税率が10%に。リノベーションへの影響は?

リノベーションを計画するうえで気になるのが、消費税増税です。今回は、増税の影響が発生するタイミングや、増税後でも金銭的負担が軽減できる制度についてご紹介します。

増税の影響があるタイミングは?

2019年10月1日から、これまで8%だった消費税率が10%へ改正されます。リノベーション費用には消費税がかかるため、税率によって負担する金額が変わります。消費税増税の影響は、どの時期から発生するのでしょうか。

8%の税率が適用されるのは、2019年3月31日までに工事請負契約が結ばれたときか、2019年9月30日までに引き渡しが完了したときです。また、工事請負契約が間に合っても、4月1日以降に追加で工事契約を行い、引き渡し日が10月1日以降になる場合は10%の税率が適用されます。

税率の低いうちにリノベーションを行いたい場合は、上記のタイミングを逃さないようにしなければなりません。ただし、リノベーションの見積もりから工事完了までは数ヶ月から半年以上かかることも珍しくありません。今からリノベーションをはじめるなら、ほとんどの場合で消費税10%の適用になるはずです。

増税後のリノベーションの負担を軽減するためには

8%の消費税率が適用されるうちにリノベーションをしようと焦るよりも、控除や補助金などの制度を活用し、施工会社やプランなどをじっくり考えるのがおすすめです。ここでは、補助金や控除などの一部をご紹介します。

①  次世代住宅ポイント制度

リノベーションをする場合、特に知っておきたいのが「次世代住宅ポイント制度」です。リノベーションをした際や条件に当てはまる新築物件を建てた場合、商品と交換できるポイントをもらうことができます。例えば、若者や子育て世帯が中古物件を購入してリノベーションした場合は、最大60万ポイントが給付されます。交換できる商品は家電や家具、食料品などさまざまです。ぜひ制度についてチェックしてみましょう。(詳しくはこちらをご覧ください。)

②  すまい給付金

すまい給付金は、消費税が5%から8%になる際に誕生した制度です。不動産会社が売主の中古物件を購入した場合、条件に該当すれば現金がもらえます。これまでの対象は年収510万円以下でしたが、今回の増税にあたって対象を拡大し、年収775万円以下までが対象となりました。また、給付金が最大30万円だったところ、最大50万円まで引き上げられました。

③  住宅ローン控除

住宅ローン控除とは、住宅ローンを利用して物件を購入した方に適用される制度です。これまでは物件を購入してから10年間の減税期間が設けられていましたが、消費税増税にともなって減税期間が13年間に延長されました。ただし、この減税期間が適用されるのは2019年10月1日から2020年12月31日の間に入居した場合です。

その他自治体の制度

上記以外にも、地域によってさまざまな補助金制度が用意されています。東京や横浜などの首都圏にも、多数の制度があります。リノベーションを計画する際は、お住まいの自治体の制度を確認しておきましょう。

おわりに

消費税増税後も、各種制度を活用することでおトクにリノベーションできます。今からリノベーションをする場合にどの程度の費用がかかるか気になるときは、お気軽にサンリフォームへお見積もりをご依頼ください。

 

中古物件を快適に変える! リノベーションの基礎知識

リノベーションは、中古物件を改修して快適な住まいをつくり出す工事です。新築物件を建てるよりも安価に、お好みの住居を手に入れられるメリットがあります。今回は、リノベーションの定義やメリットなどの基礎知識をご紹介します。

リノベーションの定義は?

「リノベーション」は、「修復」や「刷新」などの意味を持つ“renovation”という英語に由来する言葉です。日本では「リフォーム」と同じような意味で使われることが多いものの、はっきりとした定義が決まっているわけではありません。

ただし、多くの場合「リフォーム」は「汚れた部分や壊れた箇所の修復工事」、「リノベーション」は「物件を改修して価値を高めたり、住みやすくする工事」の意味で使われます。どちらも中古物件を工事する点は同じですが、リノベーションの方がお住まいを根本的に改善する意味合いが強まります。

リノベーションのメリットとは

リノベーションでは中古物件を改修するため、新築物件を購入するよりもリーズナブルに理想の住まいが手に入ります。安価な中古物件も視野に入れて物件を探せるため、新築に絞るよりも選択肢が広がります。多数の候補の中から、立地や広さなどにも満足いく物件が見つけやすくなるでしょう。

もうひとつのメリットが、自由に家の間取りが決められることです。中古物件の中には現代のライフスタイルにそぐわない間取りのものもありますが、リノベーションすることで、水回りの場所や部屋の広さなどを変えられます。住む方の生活に合わせた家づくりを行えるのは、大きな利点といえるでしょう。

また、リノベーションの際に古くなった配管や壁材などを取り換えることで、より住みやすい住宅をつくれるのもメリットです。壁や床へ断熱材を施工する、劣化しにくい素材の配管を導入する、窓にインナーサッシを取り付けるなどの工事で、快適な住まいが実現します。リノベーションを依頼する会社によって工事の内容や費用は異なるため、まずは希望のプランを伝え、見積もりを出してみましょう。

おわりに

ハコプラスでは、基本的なリノベーションが定額で行えるベースパックをご用意しています。ベースパックには吹付け断熱材の施工や、最新の架橋ポリエチレン管による配管更新などが標準セットになっています。すべての壁を取り払ったスケルトン状態で工事を開始するため、間取りの自由度が高いのも特徴です。

ハコプラスのリノベーションなら、普段は見えない部分も改修でき、お住まいの安全性や快適性が高まります。パックの詳細についてご興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

旧耐震基準の中古マンションは、住宅ローン減税ができない?

旧耐震基準の物件は価格が安いことが多く、立地や広さの他に価格を重視する際の選択肢としても人気です。ただし、旧耐震基準の場合は住宅ローン控除が適用されないことがあります。今回は、中古マンションを買うときに気をつけたい、耐震基準と住宅ローン減税に関する情報をご紹介します。

旧耐震・新耐震基準の違い

旧耐震基準とは、1981年6月より前に建築確認が申請された物件の耐震基準です。それ以降のものが新耐震基準の建物として認められます。

旧耐震基準の建物は、中規模の地震(震度5強程度)ですぐに建物が崩壊しないように建てられています。一方、新耐震基準では、中規模の地震では建物がほとんど損傷せず、大規模の地震(震度6強~震度7程度)では建物が倒壊・崩壊しないことを目標に建てられています。

新耐震基準のマンションと旧耐震基準のマンションには、価格や税制面などに違いがあります。基本的に、購入価格は新耐震基準の方が高くなります。マンションを安く手に入れたい場合は、旧耐震基準の建物を探すと価格を抑えられるでしょう。

ただし、気をつけておきたいのが減税に関する制度です。住宅ローン減税の要件には築年数が関わります。1981年5月31日以前に建築確認が申請された旧耐震基準の家は、新耐震基準の家よりも控除を受けられない可能性が高まります。

旧耐震基準のマンションでも減税可能な場合も

住宅ローンの減税を受けるためには、築年数や床面積、入居のタイミングなど、さまざまな条件を満たさなければなりません。コンクリート造であれば基本的に築25年以内の建物が対象となるため、旧耐震基準の物件では控除を受けるのが難しくなります。

ただし、築25年を超える旧耐震の物件でも「耐震基準適合証明書」を取得できれば減税可能となります。「耐震基準適合証明書」とは、1981年5月31日以前に建築確認が申請されたものでも、新耐震基準と同じ耐震性能があると証明するものです。旧耐震基準の中古マンションを購入する際は、「耐震基準適合証明書」が発行できるかどうかにも注目してみましょう。

おわりに

住宅に関する法律は複雑なものが多いものの、知っていればマンション購入時に役立ちます。さまざまな制度を活用できるよう、意識して情報を集めることが大切です。ハコプラスでは、物件購入時にしっかりとサポートを行います。住宅ローンに関することでご不明点があれば、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

お部屋をひとつの「ハコ」にする。スケルトン状態からのリノベーションのメリットは?

ハコプラスでは、マンションを一度スケルトン状態にしてからリノベーションを開始します。骨組みだけを残した「ハコ」からのリノベーションには、どういったメリットがあるのでしょうか。今回は、スケルトンに関する知識やリノベーションする上でのメリットをご紹介します。

ハコプラスのリノベーションは、スケルトン状態からスタート!

「スケルトン」とは、建物の骨組みのことです。スケルトン部分は家を構築する必須要素のため、簡単に解体することはできません。反対に、「インフィル」と呼ばれる間仕切り壁や配管などの内装部分は自由に取り換えられます。

建物の骨格となるスケルトンは、インフィルに比べて耐用年数が長めです。中古マンションには、インフィルが劣化していてもスケルトン部分はまだ使えるというものが多くみられます。この仕組みを利用したのが、ハコプラスのリノベーションです。

ハコプラスでは柱や梁、天井などのスケルトン部分を残して解体した後、インフィルを新しくカスタマイズするリノベーションを行っています。一度お部屋をまっさらな「ハコ」にすることで、一から理想のお部屋を作り上げることができます。

スケルトン状態からのリノベーションは、メリットがたくさん!

スケルトンリノベーションには多数のメリットがあります。ひとつは、間取りを自由に変えられることです。スケルトン部分を残して解体されたお部屋は、ひとつの大きな「ハコ」になっています。リビングの広さやキッチンの場所など、それぞれのご家庭に合わせた形へ変更可能です。

もうひとつのメリットは、配管や壁材などを変えて、住みやすい家をつくれることです。断熱材を使用して冷暖房効果を高める、水回りを好きな場所へ設置する、バリアフリー仕様のお風呂にするなど、スケルトンリノベーションだからこそできる工事で住宅の快適性が向上します。

もちろん、一から家を建てるのと比べて安価かつ短期間で工事が済むのも、スケルトンリノベーションのメリットです。新築のようにきれいな家を建てたいものの、予算を抑えたいという方にもおすすめできます。

おわりに

ハコプラスでは、スケルトン状態から自由度の高いリノベーションが楽しめます。限られた予算の中で理想の家を作り上げたい方や、お住まいの快適性にもこだわりたい方は、ぜひハコプラスにご相談ください。横浜・東京のマンションを中心に、理想のご自宅をつくるお手伝いをいたします。

 

2020年に義務化される「改正省エネ基準」とは

省エネという言葉を聞くと、個人個人がエネルギー節約のためになんらかの取り組みをするイメージがあります。しかし、住まい自体に省エネができる工夫を施すのも地球環境や家計に優しい取り組みのひとつです。そして、省エネ性能を高めた家は、住む人にやさしく快適なだけでなく、「家そのもの」を長持ちさせてくれるメリットもあります。

皆さんは「省エネ義務化」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?2020年には、改正省エネ基準が義務化される、つまり、一定の省エネ性能のある家しか認められなくなります。この「省エネ義務化問題」、これからの家や今までの家、そして中古マンションとどういった関係があるのでしょうか。

続きを読む

木製?アイアン?おしゃれな室内窓事例4選

明るくて風通しのいい家に住みたいと誰もが思うものの、マンションのリノベーションの場合、マンションの作りの問題から、採光面が限られていることは少なくありません。外気に面する窓のない部屋は、どうしても窮屈で、太陽光が届きにくい場所はどうしても暗くなりがちですよね。採光・通風が可能なドアや、室内窓をうまく取り入れることで、部屋の隅々までできる限り風や光を取り入れることが出来き、明るく、開放的な空間へと大変身します。

今回は、おしゃれな室内窓を設置されているオーナー様のお宅を特集します!マンションのリフォーム・リノベーションで室内窓を検討中の方はぜひ参考にしてみてください!

続きを読む

ママ応援リノベーション間取りと設備(キッチン編)

みなさんキッチンのリノベーションを考えるときにどのようなことに気を付けられていますでしょうか、キッチン本体の機能や仕上がりなどをはじめ、注目するポイントがとても多いのがキッチンのリノベーションです。
「食育」という言葉が一般的になってくるぐらい、食事というのは、親子のコミュニケーションや、子供の成長にとってとても大切で、料理を作るキッチンは、子育てママにとっては、とても重要な場所になってきます。

特に赤ちゃんや小さなお子さんのいるご家庭では、ミルクやベビーフードのストック、子供用食器など物が溢れがちですよね。お子さんの様子を気にしながらも手早く家事をこなさなければならないママさんたちには、家事楽でコミュニケーション上手なキッチンが欠かせません。そんな、おしゃれで、暮らしを楽しくしてくれるキッチンを、リフォーム・リノベーションで作りませんか?今回は、意外と重要なポイントで是非良く検討していただきたい「パントリー」をはじめ、人気の「対面型キッチン」やこちらも見落としがちな「ごみ箱の収納スペース」などについて、気になるポイントを一緒にご確認していただき、ぜひ家事楽キッチンリノベーションに活かしていただきたいと思います。

続きを読む

スケルトンリノベーションだからできる「全面配管更新」

スケルトンリノベーションだからできる「全面配管更新」。
ハコプラスのリノベーションパックでは、「配管更新」が基本プランとして入っています。ところがお客さまの中には、どこの配管を更新するのか、配管更新することのメリットはなんなのか、配管更新という工事自体にあまりピンと来ていない方もいらっしゃいます。

今回は、サンリフォームが行う、配管更新についてまとめです。配管更新のメリットを知っていただくことで、漏水事故や日々の生活の不安を解消していただきたいと思います!

続きを読む

実験シンクの施工事例11選

洗顔、手洗い、歯磨き、メイク…と日々対面する洗面台。「使いやすさ」「お手入れのしやすさ」も重要ですが、見た目や雰囲気にもこだわりたいですよね。

「普通の洗面台だと、なんだか物足りない…」、そんな“こだわり派”の方々に密かな人気となっているのが実験用シンクです。
「実験用シンクって?」とお思いの方もいるかもしれません。

今回の記事では、施工事例の写真も見ながら実験用シンクの魅力をお伝えしていきたいと思います。
続きを読む

ママ応援リノベーション間取りと設備(玄関まわり編)

玄関が狭くて、「外出時には毎度のようにバタバタしてしまう…!」というママ達も多いのではないでしょうか?それに、外から帰ってきた子供の荷物が散乱していると、ママの家事の負担も増えてしまいますよね。
そんな子育て世帯におすすめなのが玄関まわりのリノベーション。広々とキレイになるだけでなく、家事も楽になってママ達も大喜びでかなり注目されています。

続きを読む