リノベーション

見積書で使用される専門用語の意味を理解しよう

リノベーションを行う際に発行される見積書には、さまざまな専門用語が使用されており、一般の方では理解が難しいことも珍しくありません。見積書を原因としたトラブルや勘違いを防ぐためには、専門用語を理解しておくことが大切です。本記事では、見積書でよく見かける用語について解説します。

見積書に記載されている一般的な内容

リノベーション会社によって見積書のフォーマットは異なるものの、記載されている内容は基本的に同様です。以下の表では、多くの見積書に記載されている4つの項目についてまとめています。

項目

内容

工事項目

リノベーションの内容について記載する項目。「床工事」や「キッチン工事」など、大まかに記載するのが一般的。

摘要(明細)

リノベーション内容の詳細について記載する項目。「フローリングの張り替え」や「システムキッチンの撤去」など、工事項目の詳細に触れる。

数量、単位

工事に必要な材料の数量や単位を記載する項目。「一式」や「セット」、「㎡」などの特有の単位が使用される。

金額

それぞれの工事に必要な金額を記載する項目。

 

見積書で使用される専門用語

リノベーションの見積書には、普段あまり見かけない専門用語が数多く使用されています。逐一確認できれば良いですが、忘れていたり勘違いしたりすると、後々トラブルに発展することもあります。

以下には、現在リノベーションを検討中の方が、理解しておくと便利な専門用語を列挙します。

・材工:材料費と施工費を合わせた用語。「材工共」や「材料工事費」などと記載されることもある。

・一式:工事項目や数量をまとめて記載する際に使用する用語。内訳を詳細に記載すると複雑になってしまうため、簡潔に記載するために利用される。

・人工:「にんく」と読み、1人の職人が1日で完了できる仕事の量を指す単語。3人がかりで作業して1日で終わる場合は、「3人工」と表記される。

・手間(労務費):工事に携わる職人の人件費を表す用語。「取付工事費」や「清掃作業費」と記載されることが多い。

・左官工事費:左官職人による工事費用を表す単語。モルタルや漆喰、プラスタなどを使用する際に使われる。

・雑工事費:その他の項目に分類できない工事の費用を表す用語。防腐や防蟻処理などが代表的。

まとめ

東京や横浜でリノベーションを手掛けるエココでは、常に丁寧な説明を心がけています。見積書で不明な点がある場合は、担当スタッフがわかりやすく説明するため、気軽にお問い合わせください。

 

近年リノベーションで人気!和モダンとは何か?

リノベーションの事例集やテレビでも取り上げられることの多い「和モダン」。おしゃれでデザイン性が高いイメージはあるものの、具体的にどのような雰囲気の部屋を指すのかわからない方も多いでしょう。

今回は、近年リノベーションで人気のある和モダンの特徴をご紹介します。

和モダンとは?

「和モダン」とは、日本に古くから伝わる和のデザインと、現代的なデザインや機能性を融合させたものを指します。住宅だけでなく、絵画や陶器などにも使用される言葉です。

和モダンを採用した住居には、畳が使用されていたり、背の低いインテリアで統一されていたりと、いくつかの共通点があります。そのため、ポイントさえ押さえていれば、リノベーションによって理想の和モダンの部屋を実現可能です。

リノベーションで和モダンを実現する場合のポイント

和モダンといってもさまざまなタイプがあり、理想とする住宅のイメージに合わせて、選ぶ素材やデザインが変わってきます。ここでは、リノベーションで和モダンを実現するためのポイントを解説します。

自然素材を使用する

和モダンな住宅へのリノベーションには、壁や床、天井に自然素材を使用することが多いです。壁には珪藻土やシラス、床には無垢材のフローリングなど、数多くの選択肢があります。

アクセントクロスを和テイストなものにする

リノベーションを行う際には、アクセントクロスに和テイストを取り入れるだけでも部屋の雰囲気が和モダンに近づきます。アクセントクロスとは、壁の一部分に取り入れられたテイストの異なるクロスのことです。統一されたクロスの一部に、和テイストの壁紙を取り入れることで和モダンな雰囲気を演出できます。

畳の選び方でモダンな雰囲気を演出する

和風の部屋に設置されることの多い畳ですが、その選び方で現代風に仕上げることも可能です。例えば、琉球畳や小上がり等もモダンな雰囲気を演出するのに最適とされています。

梁や柱を強調する

インテリアや家具に現代的なデザインのものを選んだ場合でも、梁や柱を強調するだけで和モダンな雰囲気に仕上がります。あえて梁や柱を外から見えるように配置することで、木材の温かみを感じられる部屋になるでしょう。

まとめ

東京や横浜でマンションリノベーションを検討中であれば、エココまでお問い合わせください。和モダンなど、お客さまの好みに応じた理想のリノベーションを提供しています。

 

リノベーションで発生するトラブルと未然に防ぐポイント

リノベーションは、多くの人や会社が関わっているため、大小さまざまなトラブルが発生するケースも珍しくありません。代表的なトラブルを事前に理解しておくことで、万が一のときにも慌てずに対処できます。今回は、リノベーションで発生するトラブルと、それを未然に防ぐためのポイントを紹介します。

リノベーションでよくあるトラブル

リノベーションを行う場合、さまざまな理由でトラブルが発生する可能性があります。こちらでは、よくあるトラブルを3つご紹介します。

工事日程が当初の予定通り進まない

工期の延長や工事予定日に着工されないなど、当初の予定通り工事が進まないことがあります。リフォーム会社の担当者との連絡が取れており、事情がはっきりと分かっている場合は大きな問題ではありませんが、そうでない場合は第三者に介入してもらうことも必要です。

見積書に記載されていない費用を請求された

工事完了後に見積書に記載されていない費用を請求されるトラブルもあります。特に、費用の説明がなく追加工事が行われた場合はトラブルになる可能性があるため注意しましょう。

工事完了後に修繕箇所が見つかった

リノベーションを行う場合、工事完了後に修繕箇所が判明することがあります。リノベーション会社にアフターフォローしてもらうのが基本ですが、悪質な場合は対応してもらえないケースがあります。

トラブルを未然に防ぐポイント

上記のようなトラブルを防ぐには、会社選びの段階からいくつかの点を意識することが大切です。ここでは、3つのポイントを解説します。

見積もりの段階から丁寧に対応してもらえる会社を選ぶ

リノベーションに伴うトラブルは、工事を行う会社との打ち合わせ不足や認識のズレによって生じるケースがほとんどです。見積もりの段階から丁寧に対応してもらえ、複数回の打ち合わせにも積極的に応じてもらえるリノベーション会社を選ぶと安心です。

契約内容に変更が生じた場合は必ず書面に残す

リノベーションでは、工事の途中で契約内容に変更が生じるケースがあります。そのような場合は、変更の過程を必ず書面に残すことが大切です。書面に残すことで「言った」「言わない」などのトラブルを防止できます。

工事後のトラブルは第三者機関への相談もあり

工事後のトラブルは、リノベーション会社に対処してもらえない場合、第三者機関への相談も検討しましょう。「住宅リフォーム・紛争処理支援センター(住まいるダイヤル)」や「国民生活センター」などが代表的です。

まとめ

リノベーションは、家の購入と同じように大きな買い物となるのが一般的です。後悔しないためには、考えられるトラブルを事前に理解しておくことが大切です。エココでは、お客さまが気持ち良くリノベーションしていただけるよう、見積もり段階から丁寧に対応することを心がけています。ぜひ一度お問い合わせください。

 

マンションリノベーションの前には近所への挨拶が必要?

住み始めるときは近隣住民へ挨拶する方が多いものの、リノベーションとなると挨拶するべきか迷う方も少なくありません。挨拶の有無やその方法によっては、トラブルに発展したり、近所付き合いに影響が生じたりします。

今回は、リノベーション時の挨拶の必要性と、そのタイミングなどを解説します。

リノベーションの前には必ず近所へ挨拶しよう

工事内容によるものの、リノベーションを行うと人の出入りや騒音が発生するケースがほとんどです。特に、マンションでは部屋同士の距離が近いため、事前に近隣住民への挨拶を済ませておかないと、苦情やトラブルに発展する可能性があります。

近隣住民へ挨拶する際のポイント

こちらでは、近隣住民へ挨拶に伺う際、多くの方が迷うポイントを解説します。

挨拶のタイミング

挨拶のタイミングは、リフォーム工事を行う「1週間前」が適切です。前日に伝えても予定の変更などは難しく、1カ月先の予定だと忘れてしまうこともあります。1週間程度がちょうど良いタイミングといえるでしょう。

挨拶する範囲

挨拶する範囲は、マンションの場合「両隣」と「上下階(斜め含む)の3軒ずつ」の全8軒が基本です。リノベーション工事によって、振動や騒音が発生する可能性があるため、最低でもこの範囲の住人には挨拶しておきましょう。

手土産の有無

リノベーションの挨拶を行う場合、手土産を持っていく必要は基本的にありません。マンション規約の範囲で工事を行い、情報を正しく伝えていれば、手土産の有無はそれほど重要ではないでしょう。手土産を持参する場合は、1000円程度までのあまり高価にならないものを選びましょう。

挨拶で伝えるべき内容

リノベーションの挨拶で伝えるべき内容は、以下の3つです。

1.リノベーションの期間・時間

2.リノベーションを行う場所や内容

3.トラブル発生時の緊急連絡先

挨拶を行う際に正しい情報を提供することで、後々のトラブルを防止できます。リフォーム内容を聞かれた際に説明出来るようにリノベーション会社の担当者と一緒に挨拶に向かうのも良いでしょう。

まとめ

リノベーションを行う場合、「挨拶をしていない」など少しの不満が大きなトラブルに発展することも少なくありません。トラブルを未然に防ぐためにも、挨拶はしておいた方が無難です。横浜でマンションリノベーションを検討中であれば、エココまでお問い合わせください。

 

リフォームの御見積書はどこを確認する?

リフォームを行う際、必ず確認するのが「御見積書」です。しかし、数字やさまざまな用語が並んでいて、どこを確認すべきかわからないという方も多いでしょう。今回は、リフォームの御見積書で確認すべきポイントついて解説します。

御見積書はここを確認しよう!

御見積書にはさまざまな内容が記載されており、初めて見る方は重要なポイントを見落としてしまう可能性があります。こちらでは、御見積書を受け取った際に必ず確認すべき箇所について解説します。

御見積書の作成年月日

御見積書には、作成した年月日が必ず記載されています。御見積書は、リフォーム内容の変更や使用する部材・設備の変更に伴い、何度も作成することがあり、混同してしまうのを防ぐためです。特に、何通もの御見積書を依頼した場合は、最新のものであるか日付を確認しましょう。

作成会社の記名・押印

記名や押印のない御見積書は、リフォーム会社が正式に発行したものとして扱われない可能性があります。単純な手続きミスの可能性も考えられますが、後のトラブルを防ぐためには、記名・押印の有無を確認し、不足している場合は訂正してもらいましょう。

合計金額、諸経費

合計金額や諸経費などの金額も、必ず確認しなければならない点です。御見積書を何度か作成している場合、合計金額や諸経費の部分の反映漏れが生じるケースもあります。

御見積書の有効期限

多くの御見積書には有効期限があり、有効期限を過ぎてしまうと、御見積書に記載された金額でリフォームを行えない可能性があります。御見積書の有効期限は、意思決定の期限でもあるため、受け取った時点で確認しておきましょう。

ただし、短すぎる有効期限を設定し、早い決断を迫るリフォーム会社には注意が必要です。「今月中であれば安くします」などの言葉に踊らされるのではなく、しっかりと時間を取って対応してもらえる会社を選びましょう。

見積明細書

見積明細書とは、御見積書に記載された金額の根拠を細かく記載した書類です。御見積書には、「一式」や「材工」などあいまいな表現が多く、金額の詳細がわからないものも少なくありません。見積明細書を確認することで、要望の抜けや重複がないか、作業範囲が適正かなどの点を判断できます。

御見積書の内容は担当者と一緒に確認してトラブルを防ごう

御見積書の内容が原因で、工事直前にトラブルになるケースは少なくありません。それを防ぐためには、御見積書が提示された段階で、担当者と一緒に確認することが大切です。

設備や部材の商品名、メーカー名の記載がない場合はそれらを求めたり、不明点がある場合は積極的に尋ねたりして、トラブルを未然に防ぎましょう。こちらの質問に対して、担当者が丁寧に対応してくれるかもチェックしておくと安心です。

まとめ

東京や横浜でリノベーションを手掛けるエココは、御見積書のご依頼時から丁寧に対応することを心がけています。わからない点がある場合は、専門用語を使用せずにご説明させていただきます。理想のリノベーションがある場合は、ぜひエココまでお問い合わせください。

 

リフォームの費用相場は意外とあてにならない?

自宅のリフォームを検討する際、多くの方が調べるのが「費用相場」ではないでしょうか。確かに、工事内容ごとに一定の費用相場があるのは事実ですが、意外とそれがあてにならないケースも少なくありません。

今回は、費用相場があてにならない理由をお伝えします。最後には、低コストで理想のお部屋を実現できる、エココの定額リフォームもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

理由1.リフォームは工事箇所によって費用が異なる

リフォーム費用は、工事箇所によって異なります。全体の工事費用にのみ着目していると、個別でリフォームを行ったときに想定より高額になる可能性があります。また、複数箇所まとめてリフォームを行うことで、個別に行う場合より費用を抑えられるケースも少なくありません。

インターネットの情報や事例集を確認する場合は、個別に行った工事なのか、家全体をリフォームした際の一部なのかに着目しましょう。

理由2.リフォームの費用はさまざまな要素で決定される

リフォームの費用は、工事費だけで決定されるわけではありません。リフォーム費用には、解体費や材料費、諸経費など、さまざまな費用が含まれています。

そのため、全く同じ内容の工事を行う場合でも、「どのような設備を設置するか」「どのような素材をどこに使用するか」などによって費用は大きく変わります。インターネットや事例集などのリフォーム費用を鵜呑みにしてしまうと、費用が高額になる可能性があるため注意が必要です。

費用面に不安がある場合はエココの定額制リフォームがおすすめ

リフォームの費用相場は、実際に工事を行うと、上記のような理由で上下する可能性があります。そのため、インターネットやパンフレットで費用を確認するだけでなく、実際にリフォーム会社に相談や訪問見積もりを依頼することが大切です。

リフォームの費用面に不安がある場合は、サンリフォームのエココがおすすめです。専有面積に応じた定額パッケージを提供しているため、予算の目安や費用感をつかみやすいのが特徴です。デザインや素材にこだわりたい場合は、数あるオプションパーツの中から好みのものを選ぶことができます。理想のリフォームがある場合は、ぜひ一度ご相談ください。

まとめ

東京や横浜でマンションリフォームをお考えであれば、エココまでお問い合わせください。定額パッケージを提供しているため、お求めやすい価格で理想のリフォームが実現可能です。三軒茶屋にはモデルルームがあり、予約をすればいつでも見学していただけます。

 

リフォームでキャットウォークを設置する場合の費用

猫用の通路として、壁や天井沿いに設置されるキャットウォーク。運動不足になることの多い猫には欠かせないアイテムのひとつです。今回は、リフォームでキャットウォークを設置する場合の費用やポイントをご紹介します。

キャットウォークとは?

キャットウォークとは、猫専用の通路や足場のことです。飼い猫は散歩をしないことが多く、運動不足解消のためにキャットウォークを設置するケースも少なくありません。その他には、ストレス発散や猫が持っている狩りに対する本能的な欲求を解消するために必要な存在です。近年では、爪とぎと一体化した高性能なキャットウォークも登場しています。

キャットウォークを設置する場合の費用の目安

キャットウォークを自宅に設置する場合の費用は、板の枚数や使用する素材、デザインによっても変わるものの、5〜20万円が相場です。猫が別の部屋に移動できるよう、壁に穴を開けると追加で費用がかかります。

キャットウォークを設置する際の注意点

キャットウォークは、猫にとって生活を豊かにするアイテムですが、設置方法を間違えると事故やトラブルにつながる可能性があります。こちらでは、キャットウォークを設置する際の注意点をご紹介します。

床材にも気を配る必要がある

猫は、キャットウォークを使用する場合、床に飛び降りたり、床からキャットウォークに飛び乗ったりを繰り返します。そのため、床材によっては着地時にケガをしてしまうことがあり危険です。

キャットウォークを設置する部分の床材にはクッションフロアや柔らかい素材のカーペットを使用したりして、愛猫の足腰への負担を最小限にしましょう。

事故を防ぐために滑り止めを設置する

キャットウォークの中には、滑りやすい素材で作られている商品もあります。転落事故やケガを防ぐには、素材に実際に触れてみて、滑りにくいものを選びましょう。

通行や生活の邪魔にならない場所に設置する

猫は、キャットウォークなどお気に入りのアイテムを見つけると、長時間同じもので遊び続ける傾向にあります。そのため、キャットウォークを設置する場合はその場所に注意しなければなりません。近年はテレワークや在宅勤務をしている方も多いため、生活動線の邪魔にならない場所に設置しましょう。

まとめ

キャットウォークのリフォームをお考えであれば、横浜のエココまでお問い合わせください。使い勝手が良く、愛猫との生活を買い手にするリフォームプランを提案いたします。

 

リフォームとリノベーションの違いはどこにある?

既存住宅に手を加える方法には、「リフォーム」と「リノベーション」の2種類があります。両者は混同されることも多いですが、違いはどこにあるのでしょうか。

今回は、リフォームとリノベーションの違いについて複数の視点からお伝えします。リフォームではなく、リノベーションを選ぶメリットについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

リフォームとリノベーションの違い

混同されることも多いリフォームとリノベーション。こちらでは、工事の規模と住宅の性能という2つの視点で、両者の違いをご紹介します。

工事の規模

工事の規模については、部分工事など比較的小規模な工事はリフォーム、間取り変更などを含む大規模な工事はリノベーションに分類されます。また、躯体構造だけを残して行う工事は、「スケルトンリノベーション」と呼ばれます。以下の表では、具体的な工事内容ごとに、リフォームとリノベーションのどちらに分類されるかまとめました。

リフォーム

リノベーション
・キッチンや洗面所など、設備の交換

・クロスやフローリングの張り替え

・塗装の塗り替え

・壁の撤去など、間取りの変更を含む工事

・排水管や給水管の移動を含む工事

・躯体構造だけを残して行う工事(スケルトンリノベーション)

 

住宅の性能

一般的に、老朽化したり壊れたりしている箇所を直すことをリフォーム、新築時以上の性能にし、付加価値を加えるのがリノベーションと分類されます。

リフォームではなくリノベーションを選ぶメリット

現在の住宅に不満がある場合、リフォームかリノベーションで手を加えることになります。リフォームではなく、リノベーションを選ぶメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

・仕様や間取りを自分好みに作れる

・物件を探す際の選択肢の幅が広がる

・資産価値の向上が期待できる

なかでも、物件探しの幅が広がるのは大きなポイントです。駅近や人気エリアの新築や築浅物件はとても高額だったり、希望する間取りではないことも多い。購入後のリノベーションを前提として、中古物件も含めて探すことができれば、人気エリアでも良い条件の物件を見つけやすくなります。

まとめ

横浜で中古マンションのリノベーションをお考えであれば、ぜひエココへお問い合わせください。定額制のプランを提供しているため、低価格でのマンションリノベーションを実現いたします。

 

マンションリノベーション前に確認しておきたい!インターネット回線について

生活インフラのひとつとして、欠かせない存在となっているインターネット回線。マンションでリノベーションを行う際、忘れていたなどの理由でトラブルが発生しやすい場所でもあります。

今回は、リノベーション時のインターネット回線工事についてご紹介します。リノベーション直後にスマホやパソコンがネットに繋がらないなどの事態を防ぐためにも、ぜひ参考にしてください。

リノベーションにおけるインターネット回線工事の重要性

リノベーションの際に見落としがちなインターネット回線の工事。テレワークや在宅勤務の際にも必須といえるため、ぜひネット回線については詳しく確認しておくことがおすすめです。

また、壁や床などを一新するスケルトンリノベーションでは、配線を好きな場所へ移動させやすいメリットもあります。着工前に配線についての計画を立てておくようにすると良いでしょう。

インターネット回線工事のポイント

リノベーションに合わせてインターネット回線工事を行う場合、以下の2つのポイントを押さえておくのが大切です。

マンションの現状を確認する

インターネット回線は、マンションによって対応状況が異なります。光回線を利用したい場合は、導入済みのマンションを選ぶと工事の手間が軽減できます。「光回線導入済み」の記載が目印です。

光回線が導入されていないマンションでは、新たに回線を引き込む必要があります。ただし、光回線の設置工事は、マンションによっては不可となることもあるため、事前に管理規約をチェックしておきたいところです。

設計段階から配線を検討する

インターネット回線工事を行う場合は、リノベーション会社と相談しながら配線を決めていきます。どの部屋でどういった使い方をするのか考えながら、インターネット配線やコンセントの位置を検討することが大切です。

まとめ

インターネット回線については、リノベーション時の確認不足によってトラブルが発生するケースも少なくありません。特に、近年は在宅勤務をする方も多く、ネット回線はどの家にも必要不可欠です。リノベーションを行う際は、ネット回線についても確認しておきましょう。

東京や横浜でマンションリノベーションを手掛けるエココでは、お客様からのさまざまな相談を承っています。インターネット回線工事を含め、リノベーションに際して不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。

 

梅雨でも湿気がこもりにくい住まいをリノベーションするには

梅雨の時期になると、どのような住宅でも悩まされるのが湿気。特にマンションは、鉄筋コンクリート造の建物が多く気密性が高いため、湿気対策が欠かせません。

今回は、湿気対策におすすめのリノベーションについてご紹介します。梅雨の時期のジメジメにお悩みであれば、今回紹介するポイントを押さえてリノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。

湿気をコントロールしやすいマンションリノベーションのポイント

梅雨のように湿気が多い時期は、マンションの湿気対策が必要不可欠。リノベーションする際は、以下の3つのポイントに気をつけることがおすすめです。

吸放湿性の高い素材を取り入れる

湿気をコントロールするには、床材や壁材を意識することも大切です。珪藻土や無垢材のように、湿気対策におすすめの素材を活用すると良いでしょう。

24時間換気システムを採用する

築年数の経過したマンションでは、設置されていないこともある24時間換気システム。換気扇を常に回しておくことにより、マンション内の空気をゆっくりと入れ替えられます。

風通しの良い間取りをデザインする

窓や扉、間仕切りなどの設計にこだわり、風通しの良い空間にすることがおすすめです。

快適性を追求したエココのマンションリノベーション

エココでは、一年を通して快適に暮らしやすい住宅を目指したリノベーションプランを提供しています。以下では、その特徴を2つご紹介します。

パッシブデザインを採用している

パッシブデザインとは、電化製品などをできる限り使わず、太陽光や風などの自然エネルギーを利用して快適な住まいづくりをする設計や手法のことです。自然の風が部屋全体へ行き渡るように部屋をデザインするため、湿気がこもりにくい特徴があります。

調湿性のあるパーツを採用する

無垢フローリングや二重サッシのように、湿気対策に効果が期待できるパーツを標準採用しています。

まとめ

梅雨の時期に悩まされることの多い湿気は、リノベーションの工夫で緩和することが可能です。湿気が溜まるとカビの繁殖にもつながり、家具や衣類が傷んでしまう可能性もあるため、できるだけ早い段階で対処するのが望ましいでしょう。

実際にどの程度快適なマンションリノベーションができるのか確かめたいときは、ぜひ東京の三軒茶屋にあるエココのモデルルームへお越しください。完全予約制のため、一組だけでゆっくりと見学していただけます。