リノベーション

インナーサッシの取り付けで過ごしやすい部屋へ

インナーサッシを取り付けて窓を二重にすると、断熱性や防音性の向上、結露の防止など、さまざまなメリットがあります。ハコプラスのリノベーションで、インナーサッシのある生活をはじめてみませんか?今回は、二重窓のメリットやサッシの素材ごとの特徴などをご紹介します。

断熱に防音! 窓を二重にするメリット

二重窓は通常の窓ガラスよりも断熱性に優れています。外側の窓と内側の窓の間に空気の層ができることで、外気温を遮断。冬は暖かく、夏は涼しい部屋の空気を保ってくれます。光熱費の節約にもつながるでしょう。

また、二重窓はガラスが2枚になっている分、防音性も高まっています。外の音が気になる方や、生活音の漏れが気になる方は、二重窓にすると快適に過ごせるかもしれません。

ほかにも、二重窓には結露が起きにくいというメリットがあります。結露は外気温と室内の気温差によって生じますが、二重窓であれば内側の窓に気温差の影響が起こりにくいため、結露の予防につながります。

二重窓の取り付けは「次世代住宅ポイント制度」や「省エネリフォーム促進税制」などの対象になることもあります。詳しい条件については、ぜひお気軽にお問い合わせください。

サッシの素材にも気を配ろう

現在、サッシの素材にはアルミ・木・樹脂などが使われています。最もよく見られるのはアルミ製です。キズや腐食などに強く、安価であることから多くの住宅に普及しています。

最近ではおしゃれな木製サッシも多数販売されています。アルミ製と比べて熱伝導率が低く、軽いのもメリットです。ただし、数年に一度は塗装などのメンテナンスをする必要があります。

快適性にこだわるなら、樹脂製のサッシにするのがおすすめです。樹脂製のサッシはアルミ製サッシの1000分の1の熱伝導率のため、外気温の影響を受けにくいのが特徴です。気密性が高く防音性にも優れています。

ハコプラスなら標準パックにインナーサッシがついてくる

ハコプラスの標準パックには、インナーサッシ工事が含まれています。内側にもう一つ窓を設置することで、快適性の高い二重窓のある住宅を実現します。

標準パックのインナーサッシには熱伝導率の低い樹脂製を採用しています。清潔感のあるホワイトやぬくもりのあるウッド系など、カラーを選べるのもポイントです。お部屋の雰囲気に合わせ、お好きなカラーをお選びください。

おわりに

ハコプラスでは、ほかにもさまざまな工事が標準パックに含まれています。プランに関して興味のある方は、ぜひお気軽にお尋ねください。お見積もりは無料で承っています。

 

増税前後にリノベーションするなら次世代住宅ポイント制度を活用しよう

2019年10月の消費税増税にともない、さまざまな制度が誕生しています。そのひとつが「次世代住宅ポイント制度」です。今回は、リノベーションをおトクに行うために知っておきたい、次世代住宅ポイント制度についてご紹介します。

次世代住宅ポイント制度とは

次世代住宅ポイント制度は、国土交通省の行っている、増税に関する施策のひとつです。住宅の新築やリノベーションなどを行った際、申請することでポイントがもらえます。もらったポイントは専用カタログからお好きな商品と交換できます。消費税10%が適用される工事なら、この制度の対象となるかもしれません。

リノベーションの場合は、工事請負契約・着工期間が2019年4月1日~2020年3月31日までで、引き渡しが2019年10月1日以降の住宅に限り、制度の対象となります。ただし、予算達成すると終了となるため注意しましょう。

また、中古住宅を購入する場合は併せてリノベーションを行う、DIYではなく工事請負契約を結んでリノベーションするなどの条件も満たす必要があります。

申請にあたって煩雑な手続きも多いため、不安を覚える方も多いのではないでしょうか。サンリフォームでは次世代住宅ポイント制度の代理申請を行っていますので、どうぞ安心してお任せください。

制度が適用されるための条件とは

次世代住宅ポイント制度では、さまざまな条件を一つひとつ満たすことでポイントが加算され、最終的にもらえるポイントが決定します。ここでは、制度の適用対象となるリノベーションの条件9点について、それぞれ簡単にご紹介します。

1.開口部の断熱改修

窓やドアなどの断熱工事を行います。対象の製品を使用しなければいけません。

2.外壁、屋根・天井または床の断熱改修

こちらも対象の製品を使用しなければいけません。また、最低限使用しなければいけない断熱材の量が決められています。

3.エコ住宅設備の設置

節水型トイレや高断熱浴槽など、対象のエコ住宅設備を設置する工事です。

4.バリアフリー改修

手すりの設置や段差解消など、対象の製品を使って改修を行う工事です。

5.耐震改修

旧耐震基準で建築された住宅を現在の耐震基準に合わせる工事です。

6.家事負担軽減に資する設備の設置

ビルトイン食洗機や浴室乾燥機など、家事負担を軽減する対象の設備を設置する工事です。

7.リフォーム瑕疵保険への加入

指定のリフォーム瑕疵保険または大規模修繕瑕疵保険へ加入することです。

8.インスペクションの実施

インスペクションとは調査や検査などのことです。指定の条件をすべて満たすインスペクションの実施でポイントが加算されます。

9.若者・子育て世帯が既存住宅を購入して行う一定規模以上のリフォーム

若者世帯とは2018年12月21日時点で40歳未満の世帯を指します。子育て世帯とは2018年12月1日時点もしくは申請時点で18歳未満の子がいる世帯です。若者・子育て世帯が一定の条件を満たせば、工事内容に関わらずポイントがもらえます。

上記で紹介した条件のほか、「既存住宅購入加算」の条件である「自ら居住することを目的に購入した既存住宅である」「売買契約締結後3ヶ月以内にリフォーム工事の請負契約を締結する」などに該当すれば、1~8番目のポイントが2倍となります。

おわりに

ハコプラスのリノベーションでも、次世代住宅ポイント制度の対象となるリノベーションが行えます。制度についてわからないことがあれば、いつでもお気軽にお問い合わせください。リノベーションの制度に精通したスタッフが親身になってお答えします。

 

住まいの安全性を高める配管更新。リノベーション時に済ませておくメリットとは

給水管や給湯管などを新しく取り換える「配管更新」は後回しにせず、リノベーションと同時に済ませておくのがおすすめです。

今回は、古い配管を使い続けるデメリットや配管更新を行うメリットなどについてご紹介します。

古い配管を使い続けるデメリットは?

一度大がかりな工事をすると、配管更新をする機会はなかなか訪れません。中古マンションを購入して古い配管を変えないまま住み始めてしまった場合、いきなり故障してしまうこともあります。さびや汚れなどによる水の濁りも心配です。

また、いざ配管更新を行おうと思っても、住みながら工事を行うのは大変です。場合によっては、壁や床などをはがして配管を取り換えなければならないこともあります。費用の負担も大きくなるため、できればリノベーションの際に配管更新をしておきましょう。

配管更新のメリット

配管更新の際は、古い配管を取り除き、新しい配管を取り付けます。最新の技術を駆使してつくられた配管は古い製品よりも耐久性が高いため、メンテナンスや更新の頻度も少なく済むでしょう。

また、金属製の古い配管は、内部にさびがたまって狭くなり、水圧が弱っていることがあります。配管更新を行うことで水圧が改善し、シャワーや洗い物もスムーズに行えるようになるかもしれません。

ハコプラスの配管更新の特徴

中古マンションのリノベーションを行うハコプラスでは、定額基本パックに配管更新がセットになっています。ハコプラスの配管更新は、劣化しにくくメンテナンスが簡単な「さや管ヘッダー工法」や、金属製のものより耐用年数の長い「架橋ポリエチレン管」などを採用しており、メリット豊富です。

「さや管ヘッダー工法」は、「さや管」と呼ばれる二重構造の配管と、「ヘッダー」という分岐管を組み合わせた新しい工法です。旧来の工法より点検やメンテナンスが行いやすいのがメリットです。

配管に使われている「架橋ポリエチレン管」は、金属よりもしなやかでさびにくく、強度が高い点が特徴です。外側は硬い「CD管」で保護されており、故障の際は内側の「架橋ポリエチレン管」だけを交換することもできます。

また、ハコプラスでは、給湯器と浴槽をつなぐ追い炊き用ペアチューブやキッチンのガス管など、マンションの専有空間に含まれる配管は基本的に更新します。突然の修理を避けるためにも、リノベーションの際に工事を済ませておきましょう。

おわりに

ハコプラスは、リノベーション時に配管更新を行うのが基本です。お住まいの安全性や快適性を高めるリノベーションをしたいときは、ぜひハコプラスへ。工事についてご不明点等あれば、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

リノベーション会社を選ぶとき気をつけたいことは?

リノベーションを検討し始めたとき、どういった基準で依頼する会社を選べば良いか迷う方が多いのではないでしょうか。快適で長く住み続けられるお住まいを手に入れるには、以下の点に着目してリノベーション会社を選ぶのがおすすめです。

今回は、リノベーション会社選びの際に気をつけたいポイントをご紹介します。

コンセプトに合っているか

リノベーションする際は、理想とするお住まいのコンセプトに沿った工事を行える会社を選びましょう。事前に工事プランをチェックするのはもちろん、ホームページやパンフレットなどに掲載されている施工事例を確認しておくのがおすすめです。

また、「会社概要」や「理念」などの項目にも目を通しておくと、その会社のコンセプトを把握しやすくなります。できるだけご自分の価値観と近い会社を探し、候補を絞り込んでいきましょう。

費用感がつかみやすいか

リノベーションを行う際は、大きな金額が動きます。最初のうちに、どの程度の費用が必要かをしっかり把握しておくことが大切です。ただし、リノベーション会社によっては、費用を明示していないことがあります。そういった会社に依頼すると、最終的に予算を超える見積もりを提示されるかもしれません。リノベーションを行うなら、プランの詳細がはっきりしており、費用感をわかりやすく教えてくれる会社が安心です。

また、ローンや補助金制度などの相談にも乗ってくれるところだと、全体の工事にかかる費用や将来の返済計画についてもイメージしやすくなります。リノベーションの費用に関して詳しいスタッフがいるかどうかも、会社選びの決め手となるでしょう。

長く住み続けられる家づくりが可能か

長く住み続けられる家を手に入れるためには、リノベーションの際に普段見えない部分の工事も行っておきたいところです。見た目の良さだけでなく、将来のことまで考えたプランを提示してくれるかにも注目してみましょう。

スタッフの経験が豊富で、プロの目線でご自分では気づかないような的確なアドバイスをくれる会社であれば信頼できます。見積もりや相談会などで担当者と直接話して、会社の方針や雰囲気などを見極めましょう。

おわりに

ハコプラスは、配管更新や吹き付け断熱、インナーサッシなど、基本パックに「きもちのいい家」をリノベーションするプランが詰まっています。住む人に合わせ、長く快適に住める家をお求めなら、ハコプラスがおすすめです。詳しいプランや予算など、ご不明点があればどうぞお気軽にご相談ください。

 

2019年10月からは消費税率が10%に。リノベーションへの影響は?

リノベーションを計画するうえで気になるのが、消費税増税です。今回は、増税の影響が発生するタイミングや、増税後でも金銭的負担が軽減できる制度についてご紹介します。

増税の影響があるタイミングは?

2019年10月1日から、これまで8%だった消費税率が10%へ改正されます。リノベーション費用には消費税がかかるため、税率によって負担する金額が変わります。消費税増税の影響は、どの時期から発生するのでしょうか。

8%の税率が適用されるのは、2019年3月31日までに工事請負契約が結ばれたときか、2019年9月30日までに引き渡しが完了したときです。また、工事請負契約が間に合っても、4月1日以降に追加で工事契約を行い、引き渡し日が10月1日以降になる場合は10%の税率が適用されます。

税率の低いうちにリノベーションを行いたい場合は、上記のタイミングを逃さないようにしなければなりません。ただし、リノベーションの見積もりから工事完了までは数ヶ月から半年以上かかることも珍しくありません。今からリノベーションをはじめるなら、ほとんどの場合で消費税10%の適用になるはずです。

増税後のリノベーションの負担を軽減するためには

8%の消費税率が適用されるうちにリノベーションをしようと焦るよりも、控除や補助金などの制度を活用し、施工会社やプランなどをじっくり考えるのがおすすめです。ここでは、補助金や控除などの一部をご紹介します。

①  次世代住宅ポイント制度

リノベーションをする場合、特に知っておきたいのが「次世代住宅ポイント制度」です。リノベーションをした際や条件に当てはまる新築物件を建てた場合、商品と交換できるポイントをもらうことができます。例えば、若者や子育て世帯が中古物件を購入してリノベーションした場合は、最大60万ポイントが給付されます。交換できる商品は家電や家具、食料品などさまざまです。ぜひ制度についてチェックしてみましょう。(詳しくはこちらをご覧ください。)

②  すまい給付金

すまい給付金は、消費税が5%から8%になる際に誕生した制度です。不動産会社が売主の中古物件を購入した場合、条件に該当すれば現金がもらえます。これまでの対象は年収510万円以下でしたが、今回の増税にあたって対象を拡大し、年収775万円以下までが対象となりました。また、給付金が最大30万円だったところ、最大50万円まで引き上げられました。

③  住宅ローン控除

住宅ローン控除とは、住宅ローンを利用して物件を購入した方に適用される制度です。これまでは物件を購入してから10年間の減税期間が設けられていましたが、消費税増税にともなって減税期間が13年間に延長されました。ただし、この減税期間が適用されるのは2019年10月1日から2020年12月31日の間に入居した場合です。

その他自治体の制度

上記以外にも、地域によってさまざまな補助金制度が用意されています。東京や横浜などの首都圏にも、多数の制度があります。リノベーションを計画する際は、お住まいの自治体の制度を確認しておきましょう。

おわりに

消費税増税後も、各種制度を活用することでおトクにリノベーションできます。今からリノベーションをする場合にどの程度の費用がかかるか気になるときは、お気軽にサンリフォームへお見積もりをご依頼ください。

 

中古物件を快適に変える! リノベーションの基礎知識

リノベーションは、中古物件を改修して快適な住まいをつくり出す工事です。新築物件を建てるよりも安価に、お好みの住居を手に入れられるメリットがあります。今回は、リノベーションの定義やメリットなどの基礎知識をご紹介します。

リノベーションの定義は?

「リノベーション」は、「修復」や「刷新」などの意味を持つ“renovation”という英語に由来する言葉です。日本では「リフォーム」と同じような意味で使われることが多いものの、はっきりとした定義が決まっているわけではありません。

ただし、多くの場合「リフォーム」は「汚れた部分や壊れた箇所の修復工事」、「リノベーション」は「物件を改修して価値を高めたり、住みやすくする工事」の意味で使われます。どちらも中古物件を工事する点は同じですが、リノベーションの方がお住まいを根本的に改善する意味合いが強まります。

リノベーションのメリットとは

リノベーションでは中古物件を改修するため、新築物件を購入するよりもリーズナブルに理想の住まいが手に入ります。安価な中古物件も視野に入れて物件を探せるため、新築に絞るよりも選択肢が広がります。多数の候補の中から、立地や広さなどにも満足いく物件が見つけやすくなるでしょう。

もうひとつのメリットが、自由に家の間取りが決められることです。中古物件の中には現代のライフスタイルにそぐわない間取りのものもありますが、リノベーションすることで、水回りの場所や部屋の広さなどを変えられます。住む方の生活に合わせた家づくりを行えるのは、大きな利点といえるでしょう。

また、リノベーションの際に古くなった配管や壁材などを取り換えることで、より住みやすい住宅をつくれるのもメリットです。壁や床へ断熱材を施工する、劣化しにくい素材の配管を導入する、窓にインナーサッシを取り付けるなどの工事で、快適な住まいが実現します。リノベーションを依頼する会社によって工事の内容や費用は異なるため、まずは希望のプランを伝え、見積もりを出してみましょう。

おわりに

ハコプラスでは、基本的なリノベーションが定額で行えるベースパックをご用意しています。ベースパックには吹付け断熱材の施工や、最新の架橋ポリエチレン管による配管更新などが標準セットになっています。すべての壁を取り払ったスケルトン状態で工事を開始するため、間取りの自由度が高いのも特徴です。

ハコプラスのリノベーションなら、普段は見えない部分も改修でき、お住まいの安全性や快適性が高まります。パックの詳細についてご興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

旧耐震基準の中古マンションは、住宅ローン減税ができない?

旧耐震基準の物件は価格が安いことが多く、立地や広さの他に価格を重視する際の選択肢としても人気です。ただし、旧耐震基準の場合は住宅ローン控除が適用されないことがあります。今回は、中古マンションを買うときに気をつけたい、耐震基準と住宅ローン減税に関する情報をご紹介します。

旧耐震・新耐震基準の違い

旧耐震基準とは、1981年6月より前に建築確認が申請された物件の耐震基準です。それ以降のものが新耐震基準の建物として認められます。

旧耐震基準の建物は、中規模の地震(震度5強程度)ですぐに建物が崩壊しないように建てられています。一方、新耐震基準では、中規模の地震では建物がほとんど損傷せず、大規模の地震(震度6強~震度7程度)では建物が倒壊・崩壊しないことを目標に建てられています。

新耐震基準のマンションと旧耐震基準のマンションには、価格や税制面などに違いがあります。基本的に、購入価格は新耐震基準の方が高くなります。マンションを安く手に入れたい場合は、旧耐震基準の建物を探すと価格を抑えられるでしょう。

ただし、気をつけておきたいのが減税に関する制度です。住宅ローン減税の要件には築年数が関わります。1981年5月31日以前に建築確認が申請された旧耐震基準の家は、新耐震基準の家よりも控除を受けられない可能性が高まります。

旧耐震基準のマンションでも減税可能な場合も

住宅ローンの減税を受けるためには、築年数や床面積、入居のタイミングなど、さまざまな条件を満たさなければなりません。コンクリート造であれば基本的に築25年以内の建物が対象となるため、旧耐震基準の物件では控除を受けるのが難しくなります。

ただし、築25年を超える旧耐震の物件でも「耐震基準適合証明書」を取得できれば減税可能となります。「耐震基準適合証明書」とは、1981年5月31日以前に建築確認が申請されたものでも、新耐震基準と同じ耐震性能があると証明するものです。旧耐震基準の中古マンションを購入する際は、「耐震基準適合証明書」が発行できるかどうかにも注目してみましょう。

おわりに

住宅に関する法律は複雑なものが多いものの、知っていればマンション購入時に役立ちます。さまざまな制度を活用できるよう、意識して情報を集めることが大切です。ハコプラスでは、物件購入時にしっかりとサポートを行います。住宅ローンに関することでご不明点があれば、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

お部屋をひとつの「ハコ」にする。スケルトン状態からのリノベーションのメリットは?

ハコプラスでは、マンションを一度スケルトン状態にしてからリノベーションを開始します。骨組みだけを残した「ハコ」からのリノベーションには、どういったメリットがあるのでしょうか。今回は、スケルトンに関する知識やリノベーションする上でのメリットをご紹介します。

ハコプラスのリノベーションは、スケルトン状態からスタート!

「スケルトン」とは、建物の骨組みのことです。スケルトン部分は家を構築する必須要素のため、簡単に解体することはできません。反対に、「インフィル」と呼ばれる間仕切り壁や配管などの内装部分は自由に取り換えられます。

建物の骨格となるスケルトンは、インフィルに比べて耐用年数が長めです。中古マンションには、インフィルが劣化していてもスケルトン部分はまだ使えるというものが多くみられます。この仕組みを利用したのが、ハコプラスのリノベーションです。

ハコプラスでは柱や梁、天井などのスケルトン部分を残して解体した後、インフィルを新しくカスタマイズするリノベーションを行っています。一度お部屋をまっさらな「ハコ」にすることで、一から理想のお部屋を作り上げることができます。

スケルトン状態からのリノベーションは、メリットがたくさん!

スケルトンリノベーションには多数のメリットがあります。ひとつは、間取りを自由に変えられることです。スケルトン部分を残して解体されたお部屋は、ひとつの大きな「ハコ」になっています。リビングの広さやキッチンの場所など、それぞれのご家庭に合わせた形へ変更可能です。

もうひとつのメリットは、配管や壁材などを変えて、住みやすい家をつくれることです。断熱材を使用して冷暖房効果を高める、水回りを好きな場所へ設置する、バリアフリー仕様のお風呂にするなど、スケルトンリノベーションだからこそできる工事で住宅の快適性が向上します。

もちろん、一から家を建てるのと比べて安価かつ短期間で工事が済むのも、スケルトンリノベーションのメリットです。新築のようにきれいな家を建てたいものの、予算を抑えたいという方にもおすすめできます。

おわりに

ハコプラスでは、スケルトン状態から自由度の高いリノベーションが楽しめます。限られた予算の中で理想の家を作り上げたい方や、お住まいの快適性にもこだわりたい方は、ぜひハコプラスにご相談ください。横浜・東京のマンションを中心に、理想のご自宅をつくるお手伝いをいたします。

 

2020年に義務化される「改正省エネ基準」とは

省エネという言葉を聞くと、個人個人がエネルギー節約のためになんらかの取り組みをするイメージがあります。しかし、住まい自体に省エネができる工夫を施すのも地球環境や家計に優しい取り組みのひとつです。そして、省エネ性能を高めた家は、住む人にやさしく快適なだけでなく、「家そのもの」を長持ちさせてくれるメリットもあります。

皆さんは「省エネ義務化」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?2020年には、改正省エネ基準が義務化される、つまり、一定の省エネ性能のある家しか認められなくなります。この「省エネ義務化問題」、これからの家や今までの家、そして中古マンションとどういった関係があるのでしょうか。

続きを読む

木製?アイアン?おしゃれな室内窓事例4選

明るくて風通しのいい家に住みたいと誰もが思うものの、マンションのリノベーションの場合、マンションの作りの問題から、採光面が限られていることは少なくありません。外気に面する窓のない部屋は、どうしても窮屈で、太陽光が届きにくい場所はどうしても暗くなりがちですよね。採光・通風が可能なドアや、室内窓をうまく取り入れることで、部屋の隅々までできる限り風や光を取り入れることが出来き、明るく、開放的な空間へと大変身します。

今回は、おしゃれな室内窓を設置されているオーナー様のお宅を特集します!マンションのリフォーム・リノベーションで室内窓を検討中の方はぜひ参考にしてみてください!

続きを読む