住む人に合わせたリノベーション

近年リノベーションで人気!和モダンとは何か?

リノベーションの事例集やテレビでも取り上げられることの多い「和モダン」。おしゃれでデザイン性が高いイメージはあるものの、具体的にどのような雰囲気の部屋を指すのかわからない方も多いでしょう。

今回は、近年リノベーションで人気のある和モダンの特徴をご紹介します。

和モダンとは?

「和モダン」とは、日本に古くから伝わる和のデザインと、現代的なデザインや機能性を融合させたものを指します。住宅だけでなく、絵画や陶器などにも使用される言葉です。

和モダンを採用した住居には、畳が使用されていたり、背の低いインテリアで統一されていたりと、いくつかの共通点があります。そのため、ポイントさえ押さえていれば、リノベーションによって理想の和モダンの部屋を実現可能です。

リノベーションで和モダンを実現する場合のポイント

和モダンといってもさまざまなタイプがあり、理想とする住宅のイメージに合わせて、選ぶ素材やデザインが変わってきます。ここでは、リノベーションで和モダンを実現するためのポイントを解説します。

自然素材を使用する

和モダンな住宅へのリノベーションには、壁や床、天井に自然素材を使用することが多いです。壁には珪藻土やシラス、床には無垢材のフローリングなど、数多くの選択肢があります。

アクセントクロスを和テイストなものにする

リノベーションを行う際には、アクセントクロスに和テイストを取り入れるだけでも部屋の雰囲気が和モダンに近づきます。アクセントクロスとは、壁の一部分に取り入れられたテイストの異なるクロスのことです。統一されたクロスの一部に、和テイストの壁紙を取り入れることで和モダンな雰囲気を演出できます。

畳の選び方でモダンな雰囲気を演出する

和風の部屋に設置されることの多い畳ですが、その選び方で現代風に仕上げることも可能です。例えば、琉球畳や小上がり等もモダンな雰囲気を演出するのに最適とされています。

梁や柱を強調する

インテリアや家具に現代的なデザインのものを選んだ場合でも、梁や柱を強調するだけで和モダンな雰囲気に仕上がります。あえて梁や柱を外から見えるように配置することで、木材の温かみを感じられる部屋になるでしょう。

まとめ

東京や横浜でマンションリノベーションを検討中であれば、エココまでお問い合わせください。和モダンなど、お客さまの好みに応じた理想のリノベーションを提供しています。

 

リノベーションで発生するトラブルと未然に防ぐポイント

リノベーションは、多くの人や会社が関わっているため、大小さまざまなトラブルが発生するケースも珍しくありません。代表的なトラブルを事前に理解しておくことで、万が一のときにも慌てずに対処できます。今回は、リノベーションで発生するトラブルと、それを未然に防ぐためのポイントを紹介します。

リノベーションでよくあるトラブル

リノベーションを行う場合、さまざまな理由でトラブルが発生する可能性があります。こちらでは、よくあるトラブルを3つご紹介します。

工事日程が当初の予定通り進まない

工期の延長や工事予定日に着工されないなど、当初の予定通り工事が進まないことがあります。リフォーム会社の担当者との連絡が取れており、事情がはっきりと分かっている場合は大きな問題ではありませんが、そうでない場合は第三者に介入してもらうことも必要です。

見積書に記載されていない費用を請求された

工事完了後に見積書に記載されていない費用を請求されるトラブルもあります。特に、費用の説明がなく追加工事が行われた場合はトラブルになる可能性があるため注意しましょう。

工事完了後に修繕箇所が見つかった

リノベーションを行う場合、工事完了後に修繕箇所が判明することがあります。リノベーション会社にアフターフォローしてもらうのが基本ですが、悪質な場合は対応してもらえないケースがあります。

トラブルを未然に防ぐポイント

上記のようなトラブルを防ぐには、会社選びの段階からいくつかの点を意識することが大切です。ここでは、3つのポイントを解説します。

見積もりの段階から丁寧に対応してもらえる会社を選ぶ

リノベーションに伴うトラブルは、工事を行う会社との打ち合わせ不足や認識のズレによって生じるケースがほとんどです。見積もりの段階から丁寧に対応してもらえ、複数回の打ち合わせにも積極的に応じてもらえるリノベーション会社を選ぶと安心です。

契約内容に変更が生じた場合は必ず書面に残す

リノベーションでは、工事の途中で契約内容に変更が生じるケースがあります。そのような場合は、変更の過程を必ず書面に残すことが大切です。書面に残すことで「言った」「言わない」などのトラブルを防止できます。

工事後のトラブルは第三者機関への相談もあり

工事後のトラブルは、リノベーション会社に対処してもらえない場合、第三者機関への相談も検討しましょう。「住宅リフォーム・紛争処理支援センター(住まいるダイヤル)」や「国民生活センター」などが代表的です。

まとめ

リノベーションは、家の購入と同じように大きな買い物となるのが一般的です。後悔しないためには、考えられるトラブルを事前に理解しておくことが大切です。エココでは、お客さまが気持ち良くリノベーションしていただけるよう、見積もり段階から丁寧に対応することを心がけています。ぜひ一度お問い合わせください。

 

マンションリノベーションの前には近所への挨拶が必要?

住み始めるときは近隣住民へ挨拶する方が多いものの、リノベーションとなると挨拶するべきか迷う方も少なくありません。挨拶の有無やその方法によっては、トラブルに発展したり、近所付き合いに影響が生じたりします。

今回は、リノベーション時の挨拶の必要性と、そのタイミングなどを解説します。

リノベーションの前には必ず近所へ挨拶しよう

工事内容によるものの、リノベーションを行うと人の出入りや騒音が発生するケースがほとんどです。特に、マンションでは部屋同士の距離が近いため、事前に近隣住民への挨拶を済ませておかないと、苦情やトラブルに発展する可能性があります。

近隣住民へ挨拶する際のポイント

こちらでは、近隣住民へ挨拶に伺う際、多くの方が迷うポイントを解説します。

挨拶のタイミング

挨拶のタイミングは、リフォーム工事を行う「1週間前」が適切です。前日に伝えても予定の変更などは難しく、1カ月先の予定だと忘れてしまうこともあります。1週間程度がちょうど良いタイミングといえるでしょう。

挨拶する範囲

挨拶する範囲は、マンションの場合「両隣」と「上下階(斜め含む)の3軒ずつ」の全8軒が基本です。リノベーション工事によって、振動や騒音が発生する可能性があるため、最低でもこの範囲の住人には挨拶しておきましょう。

手土産の有無

リノベーションの挨拶を行う場合、手土産を持っていく必要は基本的にありません。マンション規約の範囲で工事を行い、情報を正しく伝えていれば、手土産の有無はそれほど重要ではないでしょう。手土産を持参する場合は、1000円程度までのあまり高価にならないものを選びましょう。

挨拶で伝えるべき内容

リノベーションの挨拶で伝えるべき内容は、以下の3つです。

1.リノベーションの期間・時間

2.リノベーションを行う場所や内容

3.トラブル発生時の緊急連絡先

挨拶を行う際に正しい情報を提供することで、後々のトラブルを防止できます。リフォーム内容を聞かれた際に説明出来るようにリノベーション会社の担当者と一緒に挨拶に向かうのも良いでしょう。

まとめ

リノベーションを行う場合、「挨拶をしていない」など少しの不満が大きなトラブルに発展することも少なくありません。トラブルを未然に防ぐためにも、挨拶はしておいた方が無難です。横浜でマンションリノベーションを検討中であれば、エココまでお問い合わせください。

 

リフォームとリノベーションの違いはどこにある?

既存住宅に手を加える方法には、「リフォーム」と「リノベーション」の2種類があります。両者は混同されることも多いですが、違いはどこにあるのでしょうか。

今回は、リフォームとリノベーションの違いについて複数の視点からお伝えします。リフォームではなく、リノベーションを選ぶメリットについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

リフォームとリノベーションの違い

混同されることも多いリフォームとリノベーション。こちらでは、工事の規模と住宅の性能という2つの視点で、両者の違いをご紹介します。

工事の規模

工事の規模については、部分工事など比較的小規模な工事はリフォーム、間取り変更などを含む大規模な工事はリノベーションに分類されます。また、躯体構造だけを残して行う工事は、「スケルトンリノベーション」と呼ばれます。以下の表では、具体的な工事内容ごとに、リフォームとリノベーションのどちらに分類されるかまとめました。

リフォーム

リノベーション
・キッチンや洗面所など、設備の交換

・クロスやフローリングの張り替え

・塗装の塗り替え

・壁の撤去など、間取りの変更を含む工事

・排水管や給水管の移動を含む工事

・躯体構造だけを残して行う工事(スケルトンリノベーション)

 

住宅の性能

一般的に、老朽化したり壊れたりしている箇所を直すことをリフォーム、新築時以上の性能にし、付加価値を加えるのがリノベーションと分類されます。

リフォームではなくリノベーションを選ぶメリット

現在の住宅に不満がある場合、リフォームかリノベーションで手を加えることになります。リフォームではなく、リノベーションを選ぶメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

・仕様や間取りを自分好みに作れる

・物件を探す際の選択肢の幅が広がる

・資産価値の向上が期待できる

なかでも、物件探しの幅が広がるのは大きなポイントです。駅近や人気エリアの新築や築浅物件はとても高額だったり、希望する間取りではないことも多い。購入後のリノベーションを前提として、中古物件も含めて探すことができれば、人気エリアでも良い条件の物件を見つけやすくなります。

まとめ

横浜で中古マンションのリノベーションをお考えであれば、ぜひエココへお問い合わせください。定額制のプランを提供しているため、低価格でのマンションリノベーションを実現いたします。

 

梅雨でも湿気がこもりにくい住まいをリノベーションするには

梅雨の時期になると、どのような住宅でも悩まされるのが湿気。特にマンションは、鉄筋コンクリート造の建物が多く気密性が高いため、湿気対策が欠かせません。

今回は、湿気対策におすすめのリノベーションについてご紹介します。梅雨の時期のジメジメにお悩みであれば、今回紹介するポイントを押さえてリノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。

湿気をコントロールしやすいマンションリノベーションのポイント

梅雨のように湿気が多い時期は、マンションの湿気対策が必要不可欠。リノベーションする際は、以下の3つのポイントに気をつけることがおすすめです。

吸放湿性の高い素材を取り入れる

湿気をコントロールするには、床材や壁材を意識することも大切です。珪藻土や無垢材のように、湿気対策におすすめの素材を活用すると良いでしょう。

24時間換気システムを採用する

築年数の経過したマンションでは、設置されていないこともある24時間換気システム。換気扇を常に回しておくことにより、マンション内の空気をゆっくりと入れ替えられます。

風通しの良い間取りをデザインする

窓や扉、間仕切りなどの設計にこだわり、風通しの良い空間にすることがおすすめです。

快適性を追求したエココのマンションリノベーション

エココでは、一年を通して快適に暮らしやすい住宅を目指したリノベーションプランを提供しています。以下では、その特徴を2つご紹介します。

パッシブデザインを採用している

パッシブデザインとは、電化製品などをできる限り使わず、太陽光や風などの自然エネルギーを利用して快適な住まいづくりをする設計や手法のことです。自然の風が部屋全体へ行き渡るように部屋をデザインするため、湿気がこもりにくい特徴があります。

調湿性のあるパーツを採用する

無垢フローリングや二重サッシのように、湿気対策に効果が期待できるパーツを標準採用しています。

まとめ

梅雨の時期に悩まされることの多い湿気は、リノベーションの工夫で緩和することが可能です。湿気が溜まるとカビの繁殖にもつながり、家具や衣類が傷んでしまう可能性もあるため、できるだけ早い段階で対処するのが望ましいでしょう。

実際にどの程度快適なマンションリノベーションができるのか確かめたいときは、ぜひ東京の三軒茶屋にあるエココのモデルルームへお越しください。完全予約制のため、一組だけでゆっくりと見学していただけます。

 

若者・子育て世帯こそ活用したいグリーン住宅ポイント制度

一定の省エネ性能を有した住宅に対してポイントが付与され、商品との交換や追加工事の費用の支払いなどに利用できる「グリーン住宅ポイント制度」。この制度は、若者や子育て世帯に大きなメリットがあります。今回は、マンション購入やリノベーションを考えている若者・子育て世帯へ向けて、グリーン住宅ポイント制度を解説します。

グリーン住宅ポイント制度における若者・子育て世帯とは?

グリーン住宅ポイント制度では、世帯の属性に応じたポイント上限が設けられています。もっとも上限が高いのは、若者・子育て世帯です。既存住宅の購入を伴うリフォームで条件を満たせば、最大60万ポイントを取得できます。

グリーン住宅ポイント制度における「若者世帯」とは、令和2年12月15日の時点で40歳未満の世帯のことです。「子育て世帯」とは、令和2年12月15日時点で18歳未満の子を有する世帯、もしくはポイント発行申請の時点で18歳未満の子を有する世帯を指します。

ポイントを多くもらうためには?

グリーン住宅ポイントは、リフォーム工事の項目ごとに加算されるポイントが決まっています。例えば、高効率給湯器を設置したら24,000ポイント、床の基礎断熱改修をしたら60,000ポイントが付与されます。

また、条件を満たした中古物件を購入すると、「既存住宅購入加算」によって追加ポイントの取得が可能です。追加ポイントの取得には、物件購入契約から3カ月以内にポイント発行対象となるリノベーション工事の契約を済ませる必要があります。

グリーン住宅ポイントは何に使える?

取得したポイントは、さまざまな商品と交換、もしくは追加工事に利用できます。

交換商品のカテゴリは多岐にわたります。ベビー・キッズ用品も選べるので、子育て世帯はぜひチェックしてみるのがおすすめです。

追加工事では、防音設備の設置やワークスペースの導入、家事負担軽減のための改修などが行えます。小さいお子さんがいて防音が気になる場合は防音工事、自宅で仕事をすることが増えた場合はテレワーク用の間取り変更工事など、各家庭の状況に合わせて気になる部分を追加工事するのもおすすめです。

まとめ

グリーン住宅ポイント制度は、若者・子育て世帯にさまざまなメリットをもたらします。住宅購入やリフォームを実施する際は、制度を活用できないか検討してみるのがおすすめです。

エココでは、グリーン住宅ポイント制度をはじめとした、中古住宅・リフォームにおけるお得な制度についても丁寧にアドバイスさせていただきます。東京や横浜でマンションリフォームをお考えであれば、ぜひエココへお問い合わせください。

 

グリーン住宅ポイント制度の申請タイミングと注意点

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、住宅需要の喚起のために創設された「グリーン住宅ポイント制度」。住宅の取得やリノベーションの際に活用できるものの、申請のタイミングや制度内容を理解していないとポイントを受け取れない可能性があります。今回は、グリーン住宅ポイント制度の申請タイミングや注意点について解説します。

グリーン住宅ポイント制度の申請タイミング

グリーン住宅ポイント制度は、省エネ性能を備えた住宅の取得やリノベーションの際に、一定のポイントを受け取れる制度のことです。基本的には、建築工事やリノベーション工事の発注者が申請を行います。

申請のタイミングは工事後が一般的ですが、1000万円を超えるリノベーションの場合は、工事の完了前に申請が可能です。なお、工事完了後には完了報告を行う必要があります。

ポイント申請には期限がある点に注意

グリーン住宅ポイント制度の対象となる工事は、2020年12月15日から2021年10月31日に工事請負契約が締結されていなければなりません。それに伴い、ポイント発行申請も「遅くとも2021年10月31日」が期限となっているため注意が必要です。

また、予算の状況によっては早めに制度が終了する可能性もあるため、リノベーションを行う予定がある場合は期限を意識しておきましょう。

グリーン住宅ポイント制度を活用する際の注意点

リノベーションを機にグリーン住宅ポイント制度を活用する際は、以下の3点に注意しましょう。

・受け取れるポイントには上限がある

・対象工事を行わなければポイントは付与されない

・既存住宅の購入+リノベーションでポイントが倍になるケースもある

リノベーションを行った場合、受け取ることのできるポイントの上限は、1戸あたり30万ポイントです。リノベーションだけでなく、既存住宅の購入や若者・子育て世帯といった要素が加わると、上限が45万ポイントや60万ポイントへ変化します。

また、ポイントを受け取るには、以下のいずれかの工事を必ず行わなければなりません。

・エコ住宅設備の設置工事

・開口部の断熱改修工事

・外壁や屋根、天井、床の断熱改修工事

その他の工事をどれだけ行っても、上記3つのいずれかの工事が行われていないと、制度の対象とならないため注意しましょう。

まとめ

住宅の新築やリノベーションを検討している方に最適な「グリーン住宅ポイント制度」。ただ、タイミングや対象工事について理解していないと、正しくポイントを受け取れません。

東京や横浜でマンションのリノベーションをご検討中であれば、エココまでお問い合わせください。グリーン住宅ポイント制度の活用についても、随時相談を承っています。

 

グリーン住宅ポイント制度とは?リノベーションでも受け取れる?

自宅をリノベーションする際は、国や地方公共団体のさまざまな制度を活用できるケースがあります。近年注目を集めている「グリーン住宅ポイント制度」もそのひとつです。

今回は、グリーン住宅ポイント制度の概要と対象となるリノベーションの内容をご紹介します。

グリーン住宅ポイント制度の概要

グリーン住宅ポイント制度とは、一定の省エネ性能を有した住宅に対してポイントが付与される制度です。住宅の新築だけでなく、リノベーションやリフォーム、既存(中古)住宅の購入でもポイントが付与されます。

リノベーションでは1戸あたり最大30万ポイント、子育て世帯や若者世帯に該当すると最大60万ポイントを受け取ることが可能です。

付与されたポイントは、さまざまな商品との交換や追加工事の費用の支払いなどに活用できます。その一例を下記に列挙します。

・「新たな日常」に資する商品(テレワーク用品やステイホーム家電など)

・省エネ・環境配慮に優れた商品(パソコンやプリンター、寝具、エアコンなど)

・防災関連商品(非常食、保存食、防災・避難用品など)

・健康関連商品(アウトドア用品、健康器具など)

・家事負担軽減に資する商品(キッチン家電、スマートスピーカーなど)

・子育て関連商品(文具、ランドセル、絵本、参考書など)

・「地域の振興」に資する商品(地場産品)

グリーン住宅ポイント制度の対象工事

リノベーションによってグリーン住宅ポイントを受け取るには、以下の3つのいずれかの工事を行う必要があります。

・エコ住宅設備の設置工事

・開口部の断熱改修工事

・外壁や屋根、天井、床の断熱改修工事

また、以下の3つの工事については、上記3つのいずれかの工事と併せて行わなければ、対象となりません。

・バリアフリー改修工事

・耐震改修工事

・リフォーム瑕疵保険などへの加入

工事内容ごとに細かくポイントが設定されており、その工事の内容に応じてポイントが発行されます。合計5万ポイント以上で申請が可能です。

まとめ

グリーン住宅ポイント制度は、リノベーションの際にも活用できます。これを機に理解しておくのが良いでしょう。しかし、細かい工事内容など全てを把握するのは難しいため、リノベーション会社と相談しながら進めるのがおすすめです。

東京や横浜でリノベーション会社をお探しであれば、エココにお任せください。1年を通して気持ち良く過ごすことができる、理想の住宅を実現いたします。

 

マンションリノベーションで長期優良住宅を実現するメリット

長く安心して暮らすことのできる家を示すひとつの指標である「長期優良住宅」。新築住宅を建てる際だけでなく、リノベーションを機に考える方も少なくありません。今回は、マンションリノベーションで長期優良住宅を実現するメリットや注意点を解説します。

リノベーションで長期優良住宅を実現するメリット

長期優良住宅とは、一定の基準を満たした「長く安心して暮らすことのできる家」のことです。新築住宅ではもちろん、リノベーションで実現することもできます。こちらでは、そのメリットを2つご紹介します。

税金の優遇が受けられる

長期優良住宅には、税制面でさまざまな優遇措置が設けられており、リノベーションによっても受けることが可能です。代表的なものを4つ列挙します。

・住宅ローン控除の借入限度額の拡充

・不動産取得税の減税

・登録免許税の税率の軽減

・固定資産税の減税期間の延長

補助金を受けられる可能性がある

長期優良住宅をリフォームにより実現する場合、一定の基準満たすことで「長期優良住宅化リフォーム推進事業」による補助金を受けられます。詳しくは長期優良住宅化リフォーム推進事業のWebページをご確認ください。

長期優良住宅化を実現する際の注意点

長期優良住宅化にはさまざまなメリットがある一方、注意点も把握しておくことが大切です。こちらでは、2つのポイントを解説します。

認定を受けるためには一定の期間と費用が必要

長期優良化住宅の認定を受けるには、工事の着工前に所管行政庁に申請する必要があります。多数の申請書類を用意する手間に加え、申請から認定までの期間は通常1ヶ月程度とされており、すぐに認定を受けられるわけではありません。

また、長期優良住宅の審査には一定の費用も必要です。所管行政庁によって違いはあるものの、5万から6万円前後が相場です。ハウスメーカーや工務店に行ってもらう場合は、別途手数料がかかります。

リノベーション費用が増額する可能性がある

長期優良住宅の実現を目的にリノベーションする場合、基準を満たすために費用が増額する可能性があります。信頼できるリノベーション会社に任せることが大切です。

ただし、リノベーション後は安心して長く住み続けられることを考えると、大きなデメリットとはいえないでしょう。

まとめ

長期優良住宅は、主に税金面で優遇措置が設けられています。リノベーションを行う際は、事前に優遇措置の内容や補助金について確認することが大切です。自宅の長期優良住宅化をお考えであれば、横浜のエココまでお問い合わせください。

 

長期優良住宅とは?認定を受けるための申請手続き

リノベーションは、より長持ちする家を目指して行われることも少なくありません。そんな中で注目を集めているのが、「長期優良住宅」という言葉です。今回は、長期優良住宅の概要や申請手順を解説します。

安心して長く暮らせる家、「長期優良住宅」とは?

長期優良住宅とは、平成21年に創設された制度で、長く安心して暮らすために必要な基準を満たした住宅を指します。主な9つの基準は以下の表の通りです。

基準

内容

バリアフリー性

将来のバリアフリー改修が行えるかどうか

可変性

ライフスタイルの変化に応じた間取りの変更が行えるかどうか

耐震性

大規模な地震に対して、損傷の低減化を図ることができているかどうか

省エネルギー性

必要な断熱性能や省エネルギー基準に適合する性能を有しているかどうか

居住環境

地域の景観や環境に配慮した造りとなっているかどうか

維持保全計画

定期点検や補修の計画が作成されているかどうか

維持管理、更新の容易性

構造躯体より耐用年数の短い内装や設備などについて、維持管理を行いやすい工夫が講じられているかどうか

劣化対策

数世代に渡って使用出来る構造躯体の家になっているかどうか

住戸面積

良好な居住水準を確保できる規模になっているかどうか(共同住宅では55平米以上)

所管行政庁の審査を受け、上記の基準を満たしていると判断されると、長期優良住宅として認定されることになります。

長期優良住宅の申請はリノベーション会社やハウスメーカーに相談しよう

長期優良住宅は、新築の家を建てる際だけでなく、リノベーションを機に申請することも可能です。以下では、一般的な審査の流れをご紹介します。

1.計画の作成

2.登録住宅性能評価機関への事前審査依頼

3.適合証の受理

4.所管行政庁(都道府県庁や市役所など)への認定申請

5.認定通知書の交付

このように、実際に審査を依頼して認定通知書の交付を受けるまでには、さまざまな工程が必要です。一般の方が自分で行おうとすると、少し複雑に感じるかもしれません。そんなときは、リノベーション会社やハウスメーカーに相談するのが安心です。

まとめ

長期優良住宅は、長く安心して暮らすことができる、理想の住宅のひとつの形といえます。新しく家を建てる場合だけでなく、既存の住宅のリノベーションでも実現可能です。

横浜で長期優良住宅に対応したリノベーション会社をお探しであれば、エココまでお問い合わせください。お客様のご希望を伺ったうえで、理想のリノベーションを実現いたします。