断熱リノベーション

インナーサッシの取り付けで過ごしやすい部屋へ

インナーサッシを取り付けて窓を二重にすると、断熱性や防音性の向上、結露の防止など、さまざまなメリットがあります。ハコプラスのリノベーションで、インナーサッシのある生活をはじめてみませんか?今回は、二重窓のメリットやサッシの素材ごとの特徴などをご紹介します。

断熱に防音! 窓を二重にするメリット

二重窓は通常の窓ガラスよりも断熱性に優れています。外側の窓と内側の窓の間に空気の層ができることで、外気温を遮断。冬は暖かく、夏は涼しい部屋の空気を保ってくれます。光熱費の節約にもつながるでしょう。

また、二重窓はガラスが2枚になっている分、防音性も高まっています。外の音が気になる方や、生活音の漏れが気になる方は、二重窓にすると快適に過ごせるかもしれません。

ほかにも、二重窓には結露が起きにくいというメリットがあります。結露は外気温と室内の気温差によって生じますが、二重窓であれば内側の窓に気温差の影響が起こりにくいため、結露の予防につながります。

二重窓の取り付けは「次世代住宅ポイント制度」や「省エネリフォーム促進税制」などの対象になることもあります。詳しい条件については、ぜひお気軽にお問い合わせください。

サッシの素材にも気を配ろう

現在、サッシの素材にはアルミ・木・樹脂などが使われています。最もよく見られるのはアルミ製です。キズや腐食などに強く、安価であることから多くの住宅に普及しています。

最近ではおしゃれな木製サッシも多数販売されています。アルミ製と比べて熱伝導率が低く、軽いのもメリットです。ただし、数年に一度は塗装などのメンテナンスをする必要があります。

快適性にこだわるなら、樹脂製のサッシにするのがおすすめです。樹脂製のサッシはアルミ製サッシの1000分の1の熱伝導率のため、外気温の影響を受けにくいのが特徴です。気密性が高く防音性にも優れています。

ハコプラスなら標準パックにインナーサッシがついてくる

ハコプラスの標準パックには、インナーサッシ工事が含まれています。内側にもう一つ窓を設置することで、快適性の高い二重窓のある住宅を実現します。

標準パックのインナーサッシには熱伝導率の低い樹脂製を採用しています。清潔感のあるホワイトやぬくもりのあるウッド系など、カラーを選べるのもポイントです。お部屋の雰囲気に合わせ、お好きなカラーをお選びください。

おわりに

ハコプラスでは、ほかにもさまざまな工事が標準パックに含まれています。プランに関して興味のある方は、ぜひお気軽にお尋ねください。お見積もりは無料で承っています。

 

マンションリノベでの断熱の種類と特徴

中古マンションのリフォーム・リノベーションで耳にすることも増えた「断熱」。ひとくちに断熱と言っても、工法によって内容が異なります。まずはどんな種類があるのか、それぞれの断熱方法のメリット・デメリットをおさえておきましょう。
続きを読む

補助金だけじゃない!断熱リノベーションのうれしい4つのメリット

「リノベーション」という言葉は、いまや住まいの話題では欠かせない言葉。世間への浸透率も高く、世代問わず「知っている」という人も多いでしょう。特に、中古マンションの購入とセットで考えられる場合が多いのではないでしょうか。

そんなリノベーションには、言葉の雰囲気から「自分のこだわりをカタチにする」「お洒落な空間を作り上げる」という先進的なイメージが定着しているかもしれません。しかし、これからの“リノベ”は、年々変化している建築に関する法や規制に合せることも必要。

今回は、2020年に義務化予定の改正省エネ基準に焦点をあてて、住まいで標準化されてくるであろう“断熱”についてお話ししていきます。戸建て住宅に限らず、中古マンションのリノベーションでも、補助金や税制とも大きく関係しているので、大まかな内容を覚えておくべきでしょう。
続きを読む