断熱リノベーション

本格的な冬が来る前に実施しておきたいリノベーション

寒さが厳しく、乾燥や結露に悩まされる冬を快適に過ごすには、冬に備えてリノベーションを実施するのがおすすめです。今回は、本格的な冬の到来前に行っておくと良いマンションリノベーションをご紹介します。

断熱リノベーション

冬の厳しい寒さを防ぐには、断熱リノベーションを行い部屋の気密性をアップさせるのが効果的です。エアコンなどで暖かくなった室内の空気が外に逃げにくくなり、外の冷たい空気も室内に入り込みにくくなります。マンションで行える断熱リノベーションには、以下のような方法があります。

方法メリット
・内窓を設置して二重窓にする・結露の防止や防音効果の向上も期待できる ・施工費用を比較的安価に抑えられる ・工期が短い
・外気と接している壁に断熱材を入れる・費用はかかるものの、高い断熱効果が期待できる ・部屋全体を断熱できる

断熱リノベーションを行うことで、冬に悩まされることの多い結露の問題も解決しやすくなります。

浴室リノベーション

冬の入浴時は、エアコンやヒーターで暖かくなった室内から寒さの厳しい脱衣所や浴室に移動するため、血圧が急激に変動しやすく、身体に大きな負担がかかりやすい傾向にあります。これをヒートショック現象と呼び、高齢者や持病のある方にとっては命に関わる重要な問題です。

ヒートショックを防ぐには、浴室リノベーションを行い居室との寒暖差を少なくするのがポイントです。具体的には、浴室暖房乾燥機を設置し入浴前に稼働させることで寒暖差を抑えるのが良いでしょう。また、浴室の床の素材を見直すのもおすすめです。

室内干しスペースのリノベーション

冬は気温が上がらないため洗濯物が乾きにくく、ストレスを感じやすい季節です。それを防ぐには、リノベーションを実施して室内干しスペースを設けるのがおすすめです。

スケルトンリノベーションで間取りを再構成すれば、ランドリールームを設置したり室内干しがしやすいように動線を整えたりできます。リノベーション会社に一度相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

横浜でマンションリノベーションを手がけるエココは、断熱リノベーションやスケルトンリノベーションの実績が豊富です。間取りに関するご相談も承っているため、寒さの厳しい冬に向けてリノベーションを検討している場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

リノベーションで「冬でも過ごしやすい家」を実現しよう

マンションで冬の寒さや結露にお悩みの場合は、リノベーションで解消が可能です。今回は、リノベーションで寒さ対策や結露対策を行う方法や、エココの特徴について解説します。

寒さ対策には断熱リノベーションがおすすめ

断熱リノベーションとは、室内の気密性を上げるリノベーションのことです。内部の熱が外に逃げにくく、外気が侵入しにくくなるため、夏は涼しく冬は暖かい空間にできるのが特徴です。また、エアコンの効きも良くなり、光熱費削減も期待できます。マンションの場合、天井や壁、床に断熱ボードを貼り付けたり、発泡ウレタンを吹き付けたりする方法が一般的です。

エココの住む人と環境に優しい断熱リノベーション

エココでは、断熱材に吹き付け断熱の「アクアフォームNEO」を使用しています。「アクアフォームNEO」は、環境にも健康にも優しいのが特徴です。

また、こちらの断熱材は断熱性能が高く、1年を通じて快適な住環境を実現できます。室内で夏の暑さや冬の寒さにお悩みの場合は、リノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。断熱性能の高い住宅になると、屋内の温度差によって生じるヒートショックのリスクを下げられます。小さな子供や高齢者の方と同居している場合にもおすすめです。

さらに、「アクアフォームNEO」は防音性能にも優れています。お子様がいる家庭、近隣住民の生活音が気になる場合にもよく導入されます。

内窓を設置して結露対策をしよう

冬は外気温と室内の温度差が大きくなるため、結露が発生しやすいです。結露を放置しているとカビが発生し、建物の劣化や異臭の原因になる可能性があります。前述の断熱リノベーションは結露対策にも有効です。その上で、さらに効果を高めたい場合は、内窓の設置を検討してみてください。

エココのインナーサッシ

エココのリノベーションでは、インナーサッシの設置が基本パックに含まれており、追加料金なしで高品質のインナーサッシを設置することができます。熱伝導率の低い樹脂製サッシを採用しているため、外気温の影響を受けにくい、快適な住環境を実現できるのが魅力です。結露対策はもちろん、光熱費の削減や防音効果も期待できます。

まとめ

横浜でマンションリノベーションを手がけるエココでは、占有面積に応じた定額プランを提供しています。断熱施工やインナーサッシの設置などを行い、冬でも過ごしやすい家を実現できるため、ぜひお気軽にお問い合わせください。

断熱リノベーションをして家族全員が快適に暮らせる環境を整えよう

家を購入したときは夫婦2人でも、子供ができて結婚し、孫が生まれるなど、家族が増えたり、家族形態が変わったりするケースは少なくありません。家族全員が長く安心して暮らせる家にするためには、家族の形の変化に対応できるよう、住まいをリノベーションするのがおすすめです。

今回はそのひとつの方法として、断熱リノベーションをご紹介します。

断熱リノベーションを行うメリット

断熱リノベーションとは、家の気密性を向上させ、夏は涼しく冬は暖かい家を実現するための手法です。こちらでは、断熱リノベーションを行うメリットをご紹介します。

子どもから高齢者まで住みやすい家になる

夏の暑さや冬の寒さには、さまざまな健康リスクがあります。

例えば、室内でも発生する熱中症、暖かい部屋から寒い部屋に移動する際に生じるヒートショックなどが代表的です。断熱リノベーションによって気密性をアップさせることで、気温を原因とした健康リスクを低減し、子どもから高齢者まで幅広い年齢の方が住みやすい家になります。

1年を通して快適な温度をキープできる

断熱リノベーションによって建物の断熱性能が高まると、夏は涼しく冬は暖かい空間を実現できます。特に、築年数の古い建物は気密性が不十分なケースが多く、断熱リノベーションの効果を強く感じられます。

省エネ化を実現できる

エアコンの効きが悪い場合、室内の冷気や暖気が外に逃げている可能性があります。断熱リノベーションによって気密性を向上させることで、室内の熱が外に逃げにくくなり、冷暖房の効率がアップします。その結果、少ない電力で快適な温度を実現でき、省エネ化につながるのです。

マンションでできる断熱リノベーション

マンションで断熱リノベーションを実施する場合、マンション規約によって一定の制約を受ける可能性があります。以下では、マンションで行うことが出来る断熱リノベーションについて、断熱性能ごとにご紹介します。

サッシの断熱リノベーション(二重窓)

もっとも手軽なのが、内窓を設置して二重窓にする方法です。室内の熱は、多くが窓を通じて逃げていくため、二重窓にすることで断熱性能が向上します。結露の防止や防音効果のアップにも役立つのが魅力です。コストも比較的安価なため、断熱リノベーションの第一歩としておすすめです。

外と接している壁の断熱リノベーション

次は、外気と接している壁に断熱材を入れる方法です。築年数の古い建物では、断熱材が入っていないケースもあるため、高い断熱効果を実感できます。エココでは、住む人と環境に優しい「アクアフォームNEO」という断熱材を使用しています。断熱リノベーションを行う際は、ぜひご相談ください。

天井や床の断熱リノベーション

最後は、天井や床も含めたすべての面を断熱施工する方法です。一定の費用はかかりますが、もっとも高い断熱効果を実現できます。また、部屋の遮音性も高まるため、小さなお子さんのいるご家庭にもおすすめです。

まとめ

横浜でマンションリノベーションを手がけるエココでは、断熱リノベーションに力を入れています。将来的な家族の変化も見据えたリノベーションを希望する場合は、ぜひお問い合わせください。

インナーサッシの取り付けで過ごしやすい部屋へ

インナーサッシを取り付けて窓を二重にすると、断熱性や防音性の向上、結露の防止など、さまざまなメリットがあります。エココのリノベーションで、インナーサッシのある生活をはじめてみませんか?今回は、二重窓のメリットやサッシの素材ごとの特徴などをご紹介します。

断熱に防音! 窓を二重にするメリット

二重窓は通常の窓ガラスよりも断熱性に優れています。外側の窓と内側の窓の間に空気の層ができることで、外気温を遮断。冬は暖かく、夏は涼しい部屋の空気を保ってくれます。光熱費の節約にもつながるでしょう。

また、二重窓はガラスが2枚になっている分、防音性も高まっています。外の音が気になる方や、生活音の漏れが気になる方は、二重窓にすると快適に過ごせるかもしれません。

ほかにも、二重窓には結露が起きにくいというメリットがあります。結露は外気温と室内の気温差によって生じますが、二重窓であれば内側の窓に気温差の影響が起こりにくいため、結露の予防につながります。

二重窓の取り付けは「次世代住宅ポイント制度」や「省エネリフォーム促進税制」などの対象になることもあります。詳しい条件については、ぜひお気軽にお問い合わせください。

サッシの素材にも気を配ろう

現在、サッシの素材にはアルミ・木・樹脂などが使われています。最もよく見られるのはアルミ製です。キズや腐食などに強く、安価であることから多くの住宅に普及しています。

最近ではおしゃれな木製サッシも多数販売されています。アルミ製と比べて熱伝導率が低く、軽いのもメリットです。ただし、数年に一度は塗装などのメンテナンスをする必要があります。

快適性にこだわるなら、樹脂製のサッシにするのがおすすめです。樹脂製のサッシはアルミ製サッシの1000分の1の熱伝導率のため、外気温の影響を受けにくいのが特徴です。気密性が高く防音性にも優れています。

エココなら標準パックにインナーサッシがついてくる

エココの標準パックには、インナーサッシ工事が含まれています。内側にもう一つ窓を設置することで、快適性の高い二重窓のある住宅を実現します。

標準パックのインナーサッシには熱伝導率の低い樹脂製を採用しています。清潔感のあるホワイトやぬくもりのあるウッド系など、カラーを選べるのもポイントです。お部屋の雰囲気に合わせ、お好きなカラーをお選びください。

おわりに

エココでは、ほかにもさまざまな工事が標準パックに含まれています。プランに関して興味のある方は、ぜひお気軽にお尋ねください。お見積もりは無料で承っています。

 

マンションリノベでの断熱の種類と特徴

中古マンションのリフォーム・リノベーションで耳にすることも増えた「断熱」。ひとくちに断熱と言っても、工法によって内容が異なります。まずはどんな種類があるのか、それぞれの断熱方法のメリット・デメリットをおさえておきましょう。
続きを読む

補助金だけじゃない!断熱リノベーションのうれしい4つのメリット

「リノベーション」という言葉は、いまや住まいの話題では欠かせない言葉。世間への浸透率も高く、世代問わず「知っている」という人も多いでしょう。特に、中古マンションの購入とセットで考えられる場合が多いのではないでしょうか。

そんなリノベーションには、言葉の雰囲気から「自分のこだわりをカタチにする」「お洒落な空間を作り上げる」という先進的なイメージが定着しているかもしれません。しかし、これからの“リノベ”は、年々変化している建築に関する法や規制に合せることも必要。

今回は、2020年に義務化予定の改正省エネ基準に焦点をあてて、住まいで標準化されてくるであろう“断熱”についてお話ししていきます。戸建て住宅に限らず、中古マンションのリノベーションでも、補助金や税制とも大きく関係しているので、大まかな内容を覚えておくべきでしょう。
続きを読む