子育て世代に便利なリノベーション

子供部屋は将来を見据えてリノベーションしよう!

子供部屋をリノベーションする場合、子供の成長を見据えてデザインやレイアウトをしたいところです。今回は、子供部屋リノベーションのポイントや費用の目安についてご紹介します。

子供部屋をリノベーションするポイント

子供部屋のリノベーションは、成長を見据えてプランニングする必要があります。こちらでは、子供部屋をリノベーションする際に意識すべき3つのポイントを解説します。

プライバシーを守りつつ様子をうかがえるように配置する

子供部屋をリノベーションする際は、プライバシーを確保しつつ密室化を防ぐことが重要です。子供が成長するにつれて、親の目を気にせずに趣味に没頭したり、個室で集中して勉強したりする時間が必要になります。それを見据えて、子供であってもある程度プライバシーが確保された子供部屋にするのが理想です。

ただ、玄関から子供部屋に直行できる配置にすると、家族と顔を合わせる機会が減り子供の微妙な変化に気づけなくなってしまうかもしれません。子供部屋に行く際はリビングを通るよう配置するなど、プライバシーを守りつつ子供の様子をうかがえるプランニングを意識しましょう。

成長してからも使いやすい工夫を施す

子供部屋は、日々成長する子供に合わせて変化をつけられる工夫を施すと便利です。例えば、高さや形を変えられる机、容量を自在に増やすことのできる可動式の棚・収納などがあります。リノベーションで導入することもできますし、DIYで楽しく作業しながら作るのもおすすめです。

間取りは10年スパンで考える

子供部屋が必要な期間は、およそ10年程度と意外と長くありません。子供部屋が必要なくなってから無駄なスペースとならないよう、可変性のある間取りにするのがおすすめです。具体的には、以下の2つの方法がおすすめです。

・空間を造作家具で仕切る

・空間を可動式間仕切り家具で仕切る

子供部屋のリノベーション費用の目安

子供部屋の一般的なリノベーションであれば、20万~50万円ほどが費用相場です。内容としては、フローリングやクロスの張り替え、内装のリノベーションなどが含まれます。

元々2部屋だったものをひとつの子供部屋にする場合や、和室を洋室にする場合など、大掛かりな工事が予想されるリノベーションでは50万円~100万円かかるケースもあります。リノベーション会社を決める際は、相見積もりを取り、費用や工事内容を総合的に考慮して選びましょう。

まとめ

子供部屋をリノベーションする場合は、育て方や将来設計などさまざまなことを考える必要があります。どんなお部屋にするか悩む場合は、リノベーション会社に相談するのがおすすめです。東京や横浜でリノベーションを検討中であれば、エココまでお問い合わせください。

 

ママ応援リノベーション間取りと設備(洗面室編)

家事や子育てに毎日休みはありません。忙しいママにとって、家事の負担軽減は大きなテーマではないでしょうか?住まいをリノベーションするなら、家事を軽減するアイデアを取り入れて、効率よく暮らせるように生まれ変わらせましょう。今回は、浴室および洗面室まわりを便利にする3つのポイント「リネン庫」「ホース引き出し機能付き水栓」「踏み台置き場」の特徴をご紹介していきます。

続きを読む

ママ応援リノベーション間取りと設備(玄関まわり編)

玄関が狭くて、「外出時には毎度のようにバタバタしてしまう…!」というママ達も多いのではないでしょうか?それに、外から帰ってきた子供の荷物が散乱していると、ママの家事の負担も増えてしまいますよね。
そんな子育て世帯におすすめなのが玄関まわりのリノベーション。広々とキレイになるだけでなく、家事も楽になってママ達も大喜びでかなり注目されています。

続きを読む