リノベーション部位別事例

マンションはキッチンをリノベーションしておしゃれと利便性を追求しよう!

近年のマンションはLDK一体型の間取りが多く、外から見えやすいキッチンに機能性だけでなく、おしゃれさを追求する方も増えています。今回は、リノベーションで理想的なキッチンを実現するためのポイントをご紹介します。

クローズキッチンとオープンキッチンの特徴

キッチンの間取りには、クローズキッチンとオープンキッチンの2種類があります。それぞれの特徴は、以下の表をご覧ください。

クローズキッチン

オープンキッチン

・調理空間がリビングと仕切られているタイプ

・シンクの水音や調理中のにおいが気になりにくい

・広さや日当たりを確保しづらい、閉鎖的な空間になりやすいといった問題点も

・調理中は家族とコミュニケーションを取りづらいため、小さなお子さんのいる家庭では不安に感じることも

・リビングやダイニングとつながった空間に設置されたキッチン

・間に仕切りがないため、部屋を広く見せることができる

・調理中でも家族とコミュニケーションが取りやすく、小さなお子さんのいる家庭でも安心

・調理空間をしっかりと整理整頓できれば、カフェやレストランのようなおしゃれな空間に仕上げることも可能

どちらが適しているかは、生活スタイルや家族とのコミュニケーションの量に応じて異なります。ただ、空間を広く使えて開放的なデザインを実現しやすいオープンキッチンの人気が高い傾向にあります。おしゃれと利便性の追求したい場合は、オープンキッチンがおすすめです。

オープンキッチンのレイアウト3選

クローズキッチンかオープンキッチンかを選択したら、具体的なレイアウトを考える必要があります。こちらでは、オープンキッチンでよく見かける3つのレイアウトの特徴をご紹介します。

壁付け型

壁に寄せる形でキッチンが設置された、マンションでは一般的なレイアウトのオープンキッチンです。使い慣れている方が多く、コンパクトな設計のため空間を最大限有効活用できます。

ただし、調理スペースを広く取りにくい、食器棚や冷蔵庫などの大型家電の設置場所に悩みやすいといったデメリットもあります。

ペニンシュラ型

キッチン設備の一部を壁に寄せたレイアウトのオープンキッチンです。本来、対面式のキッチンを設置するにはかなりのスペースが必要となり、あまりマンションには適していません。ただ、ペニンシュラ型はアイランド型と比較して必要面積が少なくて済むため、マンションで対面式のキッチンを設置する際に採用される傾向にあります。

リビングやダイニング側の家族とコミュニケーションが取りやすく、小さなお子さんのいる家庭でも安心です。油や水がリビングにはねやすい点は注意が必要ですが、調理台との間に手元が隠れる程度の高さの壁を立てることで解決できます。

アイランド型

四方を壁から離したレイアウトの対面キッチンです。開放感があり、通路に囲まれているので機動性も高く、複数人で調理しやすいという特徴をもちます。

ただし、レンジフード周辺もオープンなため、リビングやダイニングににおいが充満しやすく対策が欠かせません。また、ダクトや配管の位置によっては、リノベーションできない可能性もあります。事前にリノベーション会社へ相談することが大切です。

まとめ

近年はおしゃれと利便性の高さから、マンションでもオープンキッチンにリノベーションする方が増えています。横浜でマンションのキッチンをリノベーションしようとお考えであれば、実績多数のハコプラスまでお問い合わせください。

 

洗面所をリノベーションして快適な空間を実現しよう

洗面所は、住居内でも利用頻度の高い場所であるにも関わらず、「汚れやすい」「片付かない」などの悩みを抱えている方も少なくありません。不便な洗面所を快適な空間へ生まれ変わらせるには、リノベーションがおすすめです。今回は、洗面所の利便性をアップさせるリノベーションについてご紹介します。

2つのアプローチから見る洗面所リノベーション

洗面所リノベーションには、下記の2つのタイプが存在します。それぞれの特徴や違いを解説します。

洗面化粧台の交換リノベーション

1つ目は、洗面化粧台のみを交換するリノベーションです。収納力の高いキャビネットや、脚のないフロートタイプのキャビネットなどを活用することで、汚れにくく掃除がしやすい空間が実現できます。ハコプラスでは、床から浮いたフロートタイプのキャビネットに水アカ汚れの付きにくい水栓を採用した、機能性とデザイン性に優れた洗面化粧台をおすすめしています。

ただし、最低限のクロスや床の貼替えは必要になるケースがほとんどです。事前にリフォーム会社に相談しましょう。

洗面所の空間をまるごとリノベーション

2つ目は、洗面化粧台だけでなく洗面所の空間をまるごと変えるリノベーションです。洗面化粧台と洗濯機の配置を替える、洗面所のレイアウト変更、壁紙や床材を新しくするなどさまざまなことが可能なため、理想の洗面所空間を実現できます。

洗面所の利便性をアップさせるための秘訣

洗面所は、設備を新しくすれば必ず使いやすくなるものではありません。こちらでは、洗面所の利便性をアップさせるための秘訣をご紹介します。リノベーション前に確認しておきましょう。

洗面台の高さを考える

洗面台は、高すぎても低すぎても使いにくくなってしまいます。75~85㎝の間で選択できることが多いため、実際にショールームなどで試してから決めるのがおすすめです。

コンセントの数と位置を検討する

ドライヤーやひげそり、電動歯ブラシなど、洗面所でコンセントを使用する機会は少なくありません。使用するアイテムの数や家族の人数に応じて、使いやすい数や位置を事前に考えておくと不便なく生活できます。

必要に応じて収納を増やす

洗面所は、洗剤や小物が乱雑になりがちな場所です。必要に応じて収納スペースの拡張または追加を検討しましょう。洗面台のオプションとして、収納が一体となるタイプや洗濯機上のデッドスペースなどに棚を増やすことができます。何を収納するかを考慮したうえで決めることが大切です。

おわりに

横浜のハコプラスでは、お客様の洗面所の使い勝手をアップさせるようなリノベーションを提案しています。洗面所のリノベーションをご検討の際は、ハコプラスまでお問い合わせください。

 

水廻りのリノベーション!デザイン性と機能性を両立させるために注意すべきポイントは?

キッチンやバスルーム、トイレ、洗面所など水廻りのリノベーションは生活の利便性に直結します。ご自宅に少しでも不満を感じている場合は、リノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。今回は、水廻りのリノベーションに関する注意点と実例をご紹介します。

水廻りをリノベーションする際の注意点

中古マンションのリノベーションで、特に重要となるのが水廻りです。水廻りをリノベーションすることで、生活の利便性が大きく向上します。水廻りをリノベーションする際は、以下のような点に注意しましょう。

家族の動線を確認する

水廻りの設備は、家族が共同で使うものです。誰かにとっての使いやすさが誰かにとっての使いにくさとならないよう、家族一人ひとりの動線を事前に確認しましょう。

ショールームを訪れて実物を確認する

リノベーションでは、ユニットバスや便器など新たな設備を設置することも少なくありません。ただ、使い勝手や設置後のイメージは、実物を見ないと判断しづらいでしょう。カタログですべてを決めるのではなく、メーカーやリノベーション会社のショールームなどを訪れ、実物を確認するのがおすすめです。

リノベーション会社との相談は入念に行う

トイレを流す音やシャワーの音など、水廻り設備を使用する際の音は、意外と近隣の部屋へと響きます。騒音とならないよう、設置場所や設備内容についてリノベーション会社と入念に協議を行いましょう。

横浜ハコプラスのおすすめする水廻り設備

横浜ハコプラスでは、毎日使うものだからこそ水廻り設備にこだわりをもっています。キッチン・バスルーム・トイレ・洗面所、それぞれについておすすめの水廻り設備をご紹介します。

  • 掃除のしやすさと収納の大きさにこだわったシステムキッチン

キッチンは特に利用頻度が高いため、収納などの使いやすさに加えて、手軽に掃除ができることも大切です。当社が選んだシステムキッチンは、フラットなデザインのレンジフードや、大容量の収納キャビネットなど、キッチンの利便性を高める工夫が満載です。扉カラーや取手の種類も豊富で、お客様のお好みのものを見つけられるはずです。

  • 広々としていてゆったり入れるユニットバス

お子様と一緒に入ることもあるお風呂には、広々としたユニットバスを採用しています。滑りにくく乾きやすい「カラリ床」を使用しているため、転倒の危険性も最小限に抑えられるでしょう。

  • 機能性とデザイン性を兼ね備えた洗面化粧台

汚れやほこりなどの溜まりやすい洗面所には、床から浮いた衛生的なキャビネット、水垢の付着しにくい水栓を採用しています。足元がすっきりしていて、機能性だけでなくデザイン性も兼ね備えた洗面所を実現可能です。

  • すっきりとしたフォルムでお掃除しやすい節水トイレ

汚れの目立つトイレには、スリムなフォルムでお掃除しやすい便器がおすすめです。節水トイレのため、普段通りの使用方法で水道代の節約につながります。

おわりに

水廻り設備の充実度は、家の利便性や雰囲気づくりに大きな影響を与えます。横浜で中古マンションのリノベーションを手掛けるハコプラスでは、お客様のご希望に合わせた設備をご提案します。水廻りのリノベーションをご検討の際は、ぜひ当社までお問い合わせください。

 

マンションの玄関リノベはどこまでOK? ご家庭ごとに快適な玄関を手に入れよう

マンションはリノベーションできる部分に制限があります。玄関の場合、どこまでリノベーション可能なのでしょうか。それぞれのマンションで決められたルールを守りながら、理想の玄関を手に入れましょう。

マンションの玄関はどこまでリノベーションできる?

マンションの場合、「共有部分」と呼ばれる共同のスペースは基本的にリノベーションできません。階段や廊下、駐輪場などのほか、玄関や窓などは共有部分にあたります。そのため、玄関のドアそのものを取り替えたり、場所を変えたりすることはできないと考えておきましょう。

ただし、玄関ドアの内側は共有部分ではなく専有部分になる為、リノベーション可能です。塗装したり化粧シートを貼ったりして、雰囲気を変えることができます。

ほかにも、

  • 玄関から室内へ続く廊下へドアをつける
  • 玄関から直接繋がるパントリーを作り、買い物の荷物を直接運べるようにする
  • 廊下の壁に採光用の室内窓をつけて明るい玄関にする
  • モルタル仕上げの広い土間を作って自転車を置けるようにする

など、お好みに合わせてさまざまなリノベーションが行えます。まずはマンションの規約を調べてどの範囲まで工事可能か確認し、プランを練っていきましょう。

それぞれの家庭に合った玄関へ

ご家庭ごとに適した玄関のスタイルは異なります。家族構成や仕事、趣味など、さまざまな事情を考慮して使いやすい玄関をデザインするのがおすすめです。

例えば、小さなお子さまのいるご家庭は広い玄関があると便利です。狭い玄関にベビーカーや三輪車などを置くと通り抜けにくくなり、移動するたびにストレスがたまってしまいます。リノベーションで玄関のスペースを広げておけばスムーズに行き来できるでしょう。

また、愛犬のいるご家庭なら、土間が広いと外出後に体や足を拭きやすくなります。毎日の散歩後のお手入れも楽になりそうです。愛犬の大きさに合わせて土間の広さを変えられるのも、リノベーションならではのメリットといえます。

具体的な玄関のリノベーションプランが浮かばないときは、リノベーション会社に相談してみるのがおすすめです。さまざまなリノベーションに慣れている会社なら、ライフスタイルに合わせた玄関デザインを提供してくれるでしょう。

おわりに

玄関は家に入って一番に目にする部分です。こだわりの家をつくるなら、玄関の雰囲気づくりも欠かせません。横浜にてマンションリノベーションを手がけるハコプラスなら、ご希望に合わせた最適なプランを提供いたします。理想のリノベーションを実現したい方は、ぜひお気軽に問い合わせください。

 

スケルトンリノベーションで快適な浴室を手に入れよう

スケルトンリノベーションを行えば、それぞれのご家族に合った快適な浴室を手に入れることができます。リノベーションする際は、浴室の場所や広さ、オプションなど、さまざまな部分に着目して、心地よい浴室をイメージしていきましょう。

浴室リノベーションの基礎知識

浴室は、基本的に「ユニットバス」と「在来工法」により工事されたものの2種類に分けられます。ユニットバスとは、あらかじめ工場で製造した床や天井、壁、浴槽などを運び、施工現場で組み立ててつくられるタイプの浴室です。

在来工法とは、日本に昔からある工法です。在来工法で浴室をつくる際は、床や壁にタイルを張る、浴槽にヒノキ材を使うなど、自由度の高い設計が可能となります。

マンションの浴室は、ユニットバスが採用されることがほとんどです。ユニットバスですと工期が短く済むほか、水漏れの心配も少ないというメリットがあります。ユニットバスはサイズやグレード、オプションなどで価格が異なってくるため、よく検討したうえで商品を選ぶのが大切です。

また、給湯器が古い場合、浴室とあわせて交換するのがおすすめです。機器を新しくすることで、電気代や水道代などが節約できる可能性もあります。リノベーションを行う際は、ぜひ給湯器にも着目してみましょう。

スケルトンリノベーションで心地よい浴室へ

通常、浴室のみのリノベーションであれば配管の移動はできず、お風呂の場所も変えられません。スケルトンリノベーションなら、好きな場所へお風呂場を設置できる可能性があります。もちろん、浴室の広さについても調整可能です。特にお子さまと一緒にお風呂に入る子育て世帯や、入浴介助の必要なご家族がいる場合などは、浴室を広げておくと便利かもしれません。

また、スケルトンリノベーションなら浴室乾燥機をつけるのも簡単です。浴室乾燥機は日々の入浴で役立つのはもちろん、部屋干しが多いご家庭にもおすすめです。花粉の季節や湿気の多い梅雨、寒くて洗濯物が乾きにくい冬など、一年を通して活躍するでしょう。後から設置するよりも浴室交換時にまとめて工事した方が安く済むため、リノベーション時にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

おわりに

現在は機能性とデザイン性に優れたユニットバスの製品が多数登場しています。横浜でリノベーションを請け負うハコプラスでも、広々としたユニットバスを標準パックにてご用意しています。オプション等のご要望についても承りますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

マンションリノベーションでも日当たりの改善はできる!

日当たりの悪い住まいは電気代がかかるうえ、湿度が上がりやすいというデメリットがあります。また、ずっと薄暗い家で過ごしていると、なんとなく気落ちしてしまうという方も多いのではないでしょうか。リノベーションするなら、日当たりの良い住まいを手に入れたいところです。マンションでは少々難しい部分もありますが、さまざまな工夫により日当たりを改善することは可能です。今回は、マンションリノベーションの日当たりについての情報をご紹介します。

マンションリノベでは、日当たり改善は難しい?

マンションのリノベーションは、戸建てと比較していくつかの制限があります。そのひとつが、壁や天井などの工事です。マンションでは、日当たりを改善するために天窓や吹き抜けをつくるのは困難といえます。外に面した窓の増設もできません。

ただし、制限がある中でも、工夫次第で日当たりを良くするためのリノベーションは可能です。例えば、外壁に穴をあけて窓をつくれなくても、室内窓やガラスブロックを活用すれば、光がすみずみまで通るようになります。

自然の力を採り入れる「パッシブデザイン」

ハコプラスではパッシブデザインを基本に住宅のデザインを行っています。パッシブデザインとは、自然の光や風などをできる限り活かし、快適な住宅をつくり出すデザインのことです。断熱や採光、風通しなどにこだわることで、夏涼しく冬暖かい、明るい部屋を目指します。

もちろん、マンションの立地によって限界はあるものの、日当たりの良い部屋をつくり出すことは不可能ではありません。マンションのリフォームに特化してきたハコプラスならではの技術で、明るいお部屋をデザインします。

日当たりの良い家をデザインするならハコプラスへ

ハコプラスではさまざまなパーツを駆使し、日の光をできるだけ採り込める住宅をデザインしています。特に、採光ガラス入りのドアは標準プランに含まれているため、気軽にお選びいただけるのがポイントです。

ほかにも、室内窓や可動間仕切り、ガラスブロックなど、さまざまなパーツをご用意しています。日当たりの良い家をデザインするなら、ぜひハコプラスへお任せください。

おわりに

ハコプラスでは、日当たりや断熱、風通しなど、パッシブデザインにこだわったリノベーションを行っています。横浜でリノベーションをお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。お客様それぞれの暮らしに合った、快適なお部屋づくりをサポートいたします。

 

木製?アイアン?おしゃれな室内窓事例4選

明るくて風通しのいい家に住みたいと誰もが思うものの、マンションのリノベーションの場合、マンションの作りの問題から、採光面が限られていることは少なくありません。外気に面する窓のない部屋は、どうしても窮屈で、太陽光が届きにくい場所はどうしても暗くなりがちですよね。採光・通風が可能なドアや、室内窓をうまく取り入れることで、部屋の隅々までできる限り風や光を取り入れることが出来き、明るく、開放的な空間へと大変身します。

今回は、おしゃれな室内窓を設置されているオーナー様のお宅を特集します!マンションのリフォーム・リノベーションで室内窓を検討中の方はぜひ参考にしてみてください!

続きを読む

実験シンクの施工事例11選

洗顔、手洗い、歯磨き、メイク…と日々対面する洗面台。「使いやすさ」「お手入れのしやすさ」も重要ですが、見た目や雰囲気にもこだわりたいですよね。

「普通の洗面台だと、なんだか物足りない…」、そんな“こだわり派”の方々に密かな人気となっているのが実験用シンクです。
「実験用シンクって?」とお思いの方もいるかもしれません。

今回の記事では、施工事例の写真も見ながら実験用シンクの魅力をお伝えしていきたいと思います。
続きを読む

イメージが膨らむ!キッチンのスタイルとレイアウト事例集31

リノベーションをする時に、特に女性が気になるのはキッチンのリノベーションではないでしょうか?
キッチンにも、スタイル(種類)レイアウトがあることをご存知でしょうか。
ライフスタイルや、キッチンの使い方に合わせて適切に選ぶことで、作業の効率や動線が変わり、毎日のお料理が楽しく、スムーズに行えますよ。

どのスタイルやレイアウトにもメリットデメリットがあります。
流行に惑わされずに、ご家庭やライフスタイル、ご希望にあったものを選んでいただきますと、ずっと長く使えるキッチンとなります。

今回は、キッチンのスタイルやレイアウトのご紹介に合わせて、実例を豊富にご紹介します!
具体的な事例を詰め込みましたので、リノベーションのプランニングにもお役立て下さい!

続きを読む

1部屋なくてもできる書斎スペースの作り方-事例8選

リノベーションの時に書斎や趣味のお部屋を作る方が増えています。

パソコンを使うことが多くなった
個室はいらないけど、落ち着けるスペースが欲しい
将来の子供部屋するために1部屋作っておきたい

など書斎を作る理由は人それぞれ。
個室にしたり、書斎としてスペースを確保したりと、書斎の作り方も人それぞれです。
一人の時間をじっくりと楽しめるスペースは大人はもちろん、お子様の自立教育にとっても大切ですね。

新築マンションでは○LDKという部屋数の表記が必要なため、『書斎』と呼べるお部屋を作ることが難しいですよね。
書斎を作ることが出来るのも自由設計のリノベーションの醍醐味です。
購入された中古マンションや現在お住いのマンションに書斎がなくても、ちょっとした工夫で自分や家族のための書斎スペースを作ることもできるんですよ!

今回はリノベーションで書斎を作られた事例を費用別でまとめてみました!

続きを読む