リフォームでキャットウォークを設置する場合の費用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫用の通路として、壁や天井沿いに設置されるキャットウォーク。運動不足になることの多い猫には欠かせないアイテムのひとつです。今回は、リフォームでキャットウォークを設置する場合の費用やポイントをご紹介します。

キャットウォークとは?

キャットウォークとは、猫専用の通路や足場のことです。飼い猫は散歩をしないことが多く、運動不足解消のためにキャットウォークを設置するケースも少なくありません。その他には、ストレス発散や猫が持っている狩りに対する本能的な欲求を解消するために必要な存在です。近年では、爪とぎと一体化した高性能なキャットウォークも登場しています。

キャットウォークを設置する場合の費用の目安

キャットウォークを自宅に設置する場合の費用は、板の枚数や使用する素材、デザインによっても変わるものの、5〜20万円が相場です。猫が別の部屋に移動できるよう、壁に穴を開けると追加で費用がかかります。

キャットウォークを設置する際の注意点

キャットウォークは、猫にとって生活を豊かにするアイテムですが、設置方法を間違えると事故やトラブルにつながる可能性があります。こちらでは、キャットウォークを設置する際の注意点をご紹介します。

床材にも気を配る必要がある

猫は、キャットウォークを使用する場合、床に飛び降りたり、床からキャットウォークに飛び乗ったりを繰り返します。そのため、床材によっては着地時にケガをしてしまうことがあり危険です。

キャットウォークを設置する部分の床材にはクッションフロアや柔らかい素材のカーペットを使用したりして、愛猫の足腰への負担を最小限にしましょう。

事故を防ぐために滑り止めを設置する

キャットウォークの中には、滑りやすい素材で作られている商品もあります。転落事故やケガを防ぐには、素材に実際に触れてみて、滑りにくいものを選びましょう。

通行や生活の邪魔にならない場所に設置する

猫は、キャットウォークなどお気に入りのアイテムを見つけると、長時間同じもので遊び続ける傾向にあります。そのため、キャットウォークを設置する場合はその場所に注意しなければなりません。近年はテレワークや在宅勤務をしている方も多いため、生活動線の邪魔にならない場所に設置しましょう。

まとめ

キャットウォークのリフォームをお考えであれば、横浜のエココまでお問い合わせください。使い勝手が良く、愛猫との生活を買い手にするリフォームプランを提案いたします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*