リフォームとリノベーションの違いはどこにある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

既存住宅に手を加える方法には、「リフォーム」と「リノベーション」の2種類があります。両者は混同されることも多いですが、違いはどこにあるのでしょうか。

今回は、リフォームとリノベーションの違いについて複数の視点からお伝えします。リフォームではなく、リノベーションを選ぶメリットについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

リフォームとリノベーションの違い

混同されることも多いリフォームとリノベーション。こちらでは、工事の規模と住宅の性能という2つの視点で、両者の違いをご紹介します。

工事の規模

工事の規模については、部分工事など比較的小規模な工事はリフォーム、間取り変更などを含む大規模な工事はリノベーションに分類されます。また、躯体構造だけを残して行う工事は、「スケルトンリノベーション」と呼ばれます。以下の表では、具体的な工事内容ごとに、リフォームとリノベーションのどちらに分類されるかまとめました。

リフォーム

リノベーション
・キッチンや洗面所など、設備の交換

・クロスやフローリングの張り替え

・塗装の塗り替え

・壁の撤去など、間取りの変更を含む工事

・排水管や給水管の移動を含む工事

・躯体構造だけを残して行う工事(スケルトンリノベーション)

 

住宅の性能

一般的に、老朽化したり壊れたりしている箇所を直すことをリフォーム、新築時以上の性能にし、付加価値を加えるのがリノベーションと分類されます。

リフォームではなくリノベーションを選ぶメリット

現在の住宅に不満がある場合、リフォームかリノベーションで手を加えることになります。リフォームではなく、リノベーションを選ぶメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

・仕様や間取りを自分好みに作れる

・物件を探す際の選択肢の幅が広がる

・資産価値の向上が期待できる

なかでも、物件探しの幅が広がるのは大きなポイントです。駅近や人気エリアの新築や築浅物件はとても高額だったり、希望する間取りではないことも多い。購入後のリノベーションを前提として、中古物件も含めて探すことができれば、人気エリアでも良い条件の物件を見つけやすくなります。

まとめ

横浜で中古マンションのリノベーションをお考えであれば、ぜひエココへお問い合わせください。定額制のプランを提供しているため、低価格でのマンションリノベーションを実現いたします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*