若者・子育て世帯こそ活用したいグリーン住宅ポイント制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

一定の省エネ性能を有した住宅に対してポイントが付与され、商品との交換や追加工事の費用の支払いなどに利用できる「グリーン住宅ポイント制度」。この制度は、若者や子育て世帯に大きなメリットがあります。今回は、マンション購入やリノベーションを考えている若者・子育て世帯へ向けて、グリーン住宅ポイント制度を解説します。

グリーン住宅ポイント制度における若者・子育て世帯とは?

グリーン住宅ポイント制度では、世帯の属性に応じたポイント上限が設けられています。もっとも上限が高いのは、若者・子育て世帯です。既存住宅の購入を伴うリフォームで条件を満たせば、最大60万ポイントを取得できます。

グリーン住宅ポイント制度における「若者世帯」とは、令和2年12月15日の時点で40歳未満の世帯のことです。「子育て世帯」とは、令和2年12月15日時点で18歳未満の子を有する世帯、もしくはポイント発行申請の時点で18歳未満の子を有する世帯を指します。

ポイントを多くもらうためには?

グリーン住宅ポイントは、リフォーム工事の項目ごとに加算されるポイントが決まっています。例えば、高効率給湯器を設置したら24,000ポイント、床の基礎断熱改修をしたら60,000ポイントが付与されます。

また、条件を満たした中古物件を購入すると、「既存住宅購入加算」によって追加ポイントの取得が可能です。追加ポイントの取得には、物件購入契約から3カ月以内にポイント発行対象となるリノベーション工事の契約を済ませる必要があります。

グリーン住宅ポイントは何に使える?

取得したポイントは、さまざまな商品と交換、もしくは追加工事に利用できます。

交換商品のカテゴリは多岐にわたります。ベビー・キッズ用品も選べるので、子育て世帯はぜひチェックしてみるのがおすすめです。

追加工事では、防音設備の設置やワークスペースの導入、家事負担軽減のための改修などが行えます。小さいお子さんがいて防音が気になる場合は防音工事、自宅で仕事をすることが増えた場合はテレワーク用の間取り変更工事など、各家庭の状況に合わせて気になる部分を追加工事するのもおすすめです。

まとめ

グリーン住宅ポイント制度は、若者・子育て世帯にさまざまなメリットをもたらします。住宅購入やリフォームを実施する際は、制度を活用できないか検討してみるのがおすすめです。

エココでは、グリーン住宅ポイント制度をはじめとした、中古住宅・リフォームにおけるお得な制度についても丁寧にアドバイスさせていただきます。東京や横浜でマンションリフォームをお考えであれば、ぜひエココへお問い合わせください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*