長期優良住宅とは?認定を受けるための申請手続き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リノベーションは、より長持ちする家を目指して行われることも少なくありません。そんな中で注目を集めているのが、「長期優良住宅」という言葉です。今回は、長期優良住宅の概要や申請手順を解説します。

安心して長く暮らせる家、「長期優良住宅」とは?

長期優良住宅とは、平成21年に創設された制度で、長く安心して暮らすために必要な基準を満たした住宅を指します。主な9つの基準は以下の表の通りです。

基準

内容

バリアフリー性

将来のバリアフリー改修が行えるかどうか

可変性

ライフスタイルの変化に応じた間取りの変更が行えるかどうか

耐震性

大規模な地震に対して、損傷の低減化を図ることができているかどうか

省エネルギー性

必要な断熱性能や省エネルギー基準に適合する性能を有しているかどうか

居住環境

地域の景観や環境に配慮した造りとなっているかどうか

維持保全計画

定期点検や補修の計画が作成されているかどうか

維持管理、更新の容易性

構造躯体より耐用年数の短い内装や設備などについて、維持管理を行いやすい工夫が講じられているかどうか

劣化対策

数世代に渡って使用出来る構造躯体の家になっているかどうか

住戸面積

良好な居住水準を確保できる規模になっているかどうか(共同住宅では55平米以上)

所管行政庁の審査を受け、上記の基準を満たしていると判断されると、長期優良住宅として認定されることになります。

長期優良住宅の申請はリノベーション会社やハウスメーカーに相談しよう

長期優良住宅は、新築の家を建てる際だけでなく、リノベーションを機に申請することも可能です。以下では、一般的な審査の流れをご紹介します。

1.計画の作成

2.登録住宅性能評価機関への事前審査依頼

3.適合証の受理

4.所管行政庁(都道府県庁や市役所など)への認定申請

5.認定通知書の交付

このように、実際に審査を依頼して認定通知書の交付を受けるまでには、さまざまな工程が必要です。一般の方が自分で行おうとすると、少し複雑に感じるかもしれません。そんなときは、リノベーション会社やハウスメーカーに相談するのが安心です。

まとめ

長期優良住宅は、長く安心して暮らすことができる、理想の住宅のひとつの形といえます。新しく家を建てる場合だけでなく、既存の住宅のリノベーションでも実現可能です。

横浜で長期優良住宅に対応したリノベーション会社をお探しであれば、エココまでお問い合わせください。お客様のご希望を伺ったうえで、理想のリノベーションを実現いたします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*