新築にはない中古マンションのリノベーションのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東京をはじめとする首都圏には、魅力的な中古マンションが多く、あえて新築を買わずにリノベーションするという選択肢もあります。今回は、中古マンションを購入してリノベーションするメリットや、注意点を解説します。

中古マンションのリノベーションのメリット

中古マンションには、新築にはない魅力が大きく分けて3つあります。こちらでは、新築ではなく中古マンションを選ぶメリットをご紹介します。

希望する立地が選びやすい

首都圏の好立地物件、駅チカや閑静な住宅街となると、新築マンションは数えるほどしか販売されていません。しかし、中古マンションであれば数百戸販売されていることも多く、希望する立地やエリアの物件も選びやすくなります。

新築マンションより安価に購入できる

中古マンション市場は、近年人気が高まっていることもあり、販売価格が高騰しているエリアも少なくありません。しかし、新築と比べると中古マンションの方が価格は安く、エリアによっても異なるものの築年数が20年を超えると半額程度で購入できます。

自分好みにリノベーションできる

新築のマンションを購入直後にリノベーションするのは、躊躇してしまう方も多いでしょう。中古マンションであれば、間仕切りをすべて取り除くスケルトンリノベーションも容易です。リノベーションできない部分は徹底的にこだわり、その他はリノベーションを前提に妥協することもできます。

中古マンションを購入する際に見逃せない注意点

リノベーション向けの中古物件を購入する際は、以下の3つの視点が重要です。こちらでは、中古マンションを購入する際の注意点をご紹介します。

築20年前後の物件

マンションの価格は、同エリアの新築物件と比べて20年で半分程度になります。価格面を考慮するのであれば、築20年がひとつの基準です。

また、水廻り設備の耐用年数は、15~20年程度のものが一般的です。後のリノベーションで水廻りを一新する場合も、20年前後の物件がちょうど良いといえます。

住宅ローン控除が利用できる物件

住宅ローン控除とは、住宅ローンを組んだ際に条件を満たすことで、10年間ローン残高の1%を所得税から控除できる制度です。中古マンションでも利用できますが、築25年以上経過していると難しくなるため、事前に確認することが大切です。

マンションの購入からリノベーションまでサポートしてくれる会社を選ぶ

後のリノベーションを見据えてマンションを購入するのであれば、一括してサポートしてくれる会社を選ぶと安心です。リノベーションのイメージを伝えることで、それに適した物件を選定してもらえます。

まとめ

中古マンションには、新築にはない魅力が豊富です。特に、物件価格が高く中古マンションの充実している東京などの首都圏では、理想の物件に出会える確率が高まります。東京や横浜でマンションをお探しであれば、マンションの購入からリノベーションまでをサポートしているハコプラスへご相談ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*