テレワークを前提としたリノベーションのポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新型コロナウイルス感染症が流行し、ウィズコロナ時代と呼ばれるなか、テレワークを継続する企業が増えています。実際にテレワークを行ってみると、自宅のさまざまな点に不満を感じる方も多いでしょう。今回は、在宅勤務を前提としたリノベーションのポイントをご紹介します。

家族それぞれが集中しやすい空間をイメージ

在宅勤務でも一定の成果をあげるためには、集中できる空間で仕事をすることが大切です。ただ、人によって集中できる環境はさまざまです。個室を作って生活空間を分けてメリハリをつけたい方もいれば、作業スペースを定期的に変えることで気分を変えたい方もいます。

また、家族の人数や子どもの有無などにも配慮する必要があります。小さなお子さんのいる家庭であれば、目の届く範囲で仕事をしたいという方もいるでしょう。反対に、家族が面倒を見てくれるのであれば、集中できる個室で仕事をしたいと思うかもしれません。

家族構成も考慮して、それぞれが集中しやすい環境をイメージしましょう。

パッシブデザインで過ごしやすい空間へ

在宅する時間が増えるからこそ、過ごしやすい空間を設計することが大切です。自然光や風などの自然エネルギーを取り入れる「パッシブデザイン」で、快適な室内環境を整えるのがおすすめです。

ハコプラスでは、最新の省エネ技術や自然の力を引き出す素材を活用し、光や空気が各空間にいきわたりやすくなる工夫を施しています。電化製品などの使用を最小限に抑え、できるだけ自然な状態で生活したいというお客様のご要望に精一杯お応えいたします。パッシブデザインを取り入れたエコな暮らしをご希望であれば、まずは当社までご相談ください。

テレワーク終了後のことも想定しておく

転職や会社方針の変化などで、テレワークが終了する可能性もあります。そのため、在宅で仕事をすることがなくなっても無駄になることのない、可変性の高いスペースを作っておくことが大切です。具体的には、ワークスペースを子ども部屋や趣味の部屋、収納などに転用する方もいます。

イメージがわかない場合は、リノベーション会社へ相談してみるのがおすすめです。

まとめ

東京や横浜を中心にリノベーションを手掛けるハコプラスでは、幅広いご要望に応えるリノベーションプランを提案可能です。テレワークを前提としたリノベーションを行うなら、ぜひハコプラスへお問い合わせください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*