東京の自宅にリノベーションでウォークインクローゼットを設ける際の費用の目安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人が中に入って物を出し入れするウォークインクローゼット。省スペースであるにもかかわらず、大量に物を収納できることから人気を集めています。今回は、東京でのマンションリノベーションについて、ウォークインクローゼットの設置費用の目安や費用を抑えるコツをご紹介します。

ウォークインクローゼットには3つのタイプがある

ウォークインクローゼットには、収納方法に応じて3つのタイプが存在します。下記の表では、それぞれの特徴を紹介しています。

ハンガータイプ

全面収納棚タイプ

ユニット棚タイプ

・クローゼット内にハンガーパイプが設置されているタイプ

・衣類をメインに収納し、ジャケットやシャツ、コートなどが多いご家庭に適している

・設置スペースを最小限に抑えられる

・クローゼット内の壁全面が収納棚になっているタイプ

・設置にある程度のスペースが必要

・衣類だけでなく、普段あまり使用しない家具や小物なども収納しやすい

・ユニットキャビネットを活用して、壁に造作収納棚を設置するタイプ

・収納棚の大きさを自由に決められるため、さまざまなサイズの物を収納できる

 

ウォークインクローゼットの費用の目安は20~50万円

どのタイプを選ぶかによっても異なるものの、リノベーションでウォークインクローゼットを設ける際の費用の目安は20~50万円です。費用の内訳には、以下のような項目が含まれます。

・壁の解体や増設費用

・天井の解体や増設費用

・内装工事費用

・照明の移設や増設費用

・扉の撤去、設置費用

・ハンガーパイプの取り付け費用

・収納棚の取り付け費用

ウォークインクローゼットの費用を抑える方法

ウォークインクローゼットのリノベーションは、費用が原因で躊躇してしまう方も少なくありません。こちらでは、費用を抑えるポイントをご紹介します。

ドアを取り付けない

ウォークインクローゼットは、ドアを取り付けずにカーテンなどを活用するだけで、数万円のコストダウンを実現できます。入り口の位置や向きによっては、ドアがなくても気にならないため、ドアの必要性についてリノベーション会社と相談するのが良いでしょう。

現状あるお部屋を活用する

新しくウォークインクローゼットのスペースを確保するとなると、費用がかかり、相場の50万円を超えるケースも珍しくありません。現在ある納戸や小部屋をウォークインクローゼットにリノベーションできれば、コストを大きく抑えられます。

ただし、窓のあるお部屋をウォークインクローゼットにする場合は、衣類が日焼けしないよう遮光カーテンを設置する等工夫する必要があります。

スペースをコンパクトに抑える

ウォークインクローゼットは、3畳程度あると使いやすいものの、レイアウトや収納する物の量によっては1.5畳ほどでも十分な効果を発揮します。施工スペースがコンパクトになれば、その分費用も抑えられます。

ウォークインクローゼットのために広いスペースを確保できない場合は、リノベーション会社に相談するのがおすすめです。

まとめ

省スペースでも高い収納力を誇るウォークインクローゼットは、広いスペースを確保するのが難しいマンションリノベーションの強い味方です。ただ、費用面がネックになることも多いため、リノベーション会社との相談が欠かせません。

東京や横浜でマンションリノベーションを手がけるハコプラスは、施工面積に応じた定額制を実現しています。リノベーションの費用でお悩みの場合は、当社までお問い合わせください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*