マンションはキッチンをリノベーションしておしゃれと利便性を追求しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

近年のマンションはLDK一体型の間取りが多く、外から見えやすいキッチンに機能性だけでなく、おしゃれさを追求する方も増えています。今回は、リノベーションで理想的なキッチンを実現するためのポイントをご紹介します。

クローズキッチンとオープンキッチンの特徴

キッチンの間取りには、クローズキッチンとオープンキッチンの2種類があります。それぞれの特徴は、以下の表をご覧ください。

クローズキッチン

オープンキッチン

・調理空間がリビングと仕切られているタイプ

・シンクの水音や調理中のにおいが気になりにくい

・広さや日当たりを確保しづらい、閉鎖的な空間になりやすいといった問題点も

・調理中は家族とコミュニケーションを取りづらいため、小さなお子さんのいる家庭では不安に感じることも

・リビングやダイニングとつながった空間に設置されたキッチン

・間に仕切りがないため、部屋を広く見せることができる

・調理中でも家族とコミュニケーションが取りやすく、小さなお子さんのいる家庭でも安心

・調理空間をしっかりと整理整頓できれば、カフェやレストランのようなおしゃれな空間に仕上げることも可能

どちらが適しているかは、生活スタイルや家族とのコミュニケーションの量に応じて異なります。ただ、空間を広く使えて開放的なデザインを実現しやすいオープンキッチンの人気が高い傾向にあります。おしゃれと利便性の追求したい場合は、オープンキッチンがおすすめです。

オープンキッチンのレイアウト3選

クローズキッチンかオープンキッチンかを選択したら、具体的なレイアウトを考える必要があります。こちらでは、オープンキッチンでよく見かける3つのレイアウトの特徴をご紹介します。

壁付け型

壁に寄せる形でキッチンが設置された、マンションでは一般的なレイアウトのオープンキッチンです。使い慣れている方が多く、コンパクトな設計のため空間を最大限有効活用できます。

ただし、調理スペースを広く取りにくい、食器棚や冷蔵庫などの大型家電の設置場所に悩みやすいといったデメリットもあります。

ペニンシュラ型

キッチン設備の一部を壁に寄せたレイアウトのオープンキッチンです。本来、対面式のキッチンを設置するにはかなりのスペースが必要となり、あまりマンションには適していません。ただ、ペニンシュラ型はアイランド型と比較して必要面積が少なくて済むため、マンションで対面式のキッチンを設置する際に採用される傾向にあります。

リビングやダイニング側の家族とコミュニケーションが取りやすく、小さなお子さんのいる家庭でも安心です。油や水がリビングにはねやすい点は注意が必要ですが、調理台との間に手元が隠れる程度の高さの壁を立てることで解決できます。

アイランド型

四方を壁から離したレイアウトの対面キッチンです。開放感があり、通路に囲まれているので機動性も高く、複数人で調理しやすいという特徴をもちます。

ただし、レンジフード周辺もオープンなため、リビングやダイニングににおいが充満しやすく対策が欠かせません。また、ダクトや配管の位置によっては、リノベーションできない可能性もあります。事前にリノベーション会社へ相談することが大切です。

まとめ

近年はおしゃれと利便性の高さから、マンションでもオープンキッチンにリノベーションする方が増えています。横浜でマンションのキッチンをリノベーションしようとお考えであれば、実績多数のハコプラスまでお問い合わせください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*