東京で自宅をリノベーションする際の費用相場は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自宅の老朽化や中古マンションの購入を機に、リノベーションを検討する方が増えています。ただ、リノベーションの費用相場がわからない、マンションと戸建てのどちらを選ぶべきか悩んでいる、といった声を耳にすることがあります。リノベーションは決して安くない買い物であり、費用感や内訳を明確にすることが大切です。今回は、東京で自宅をリノベーションする際の費用相場をご紹介します。

マンションと戸建てのリノベーション費用相場

リノベーション費用は、以下の2つの要素で大きく変化します。

  • マンションと戸建てどちらのリノベーションをするか
  • どこのリノベーション会社に依頼するか

それぞれを参照したリノベーションの費用相場は、下記の表をご覧ください。

  地元の工務店 中堅リノベーション会社 大手リノベーション会社

マンション

(1㎡あたりの単価)

 

10万円前後

 

12万円前後

 

15万円前後

戸建て

(1坪あたりの単価)

 

50万円前後

 

60万円前後

 

70万円前後

※1坪=約3.3㎡

 

マンションと戸建ての費用を比較すると、戸建ての方が高額な費用がかかります。支出を抑えてリノベーションを行うのであれば、中古マンションの購入がおすすめです。

また、地元密着型の会社の方が安価な傾向にあり、大手リノベーション会社と比較すると費用が大きく異なります。

ハコプラスのリノベーションで必要な費用は2つ

ハコプラスは、中古マンションに特化したリノベーションを提供しています。最大の特徴は、必要な費用を「ベースパック(専有面積に応じた定額費用)」と「パーツ(オプション)の商品価格」の2つに絞っている点です。ハコプラスなら、お客さまの理想のリノベーションをわかりやすい価格設定で実現できます。

ベースパック

ハコプラスのベースパックは、専有面積に応じた定額費用となっており、600万円台からのスケルトンリノベーションを提供しています。

また、定額制であってもさまざまなカラーやテイストの組み合わせが選べるため、オリジナリティの高い住まいづくりが実現可能です。断熱施工や自然エネルギーの取り入れ、湿度調整など、お客さまの健康や安全、省エネ面も考え抜いた無駄のないベースパックです。

パーツ(オプション)の追加

ベースパックに加えてパーツ(オプション)を選んだ場合は、その商品価格が追加されていきます。ハコプラスでは、数多くのパーツを用意しており、快適な理想の居住空間を実現できます。

まとめ

横浜や東京でマンションのリノベーションを手掛けるハコプラスは、明確な料金体系に加えてお客さまのご希望に合わせたプランをご提供しています。理想のリノベーションを実現するなら、ハコプラスへお問い合わせください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*