マンションの購入とリノベーションをする時の年齢別ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

マンションの購入やリノベーションはさまざまな年齢で行われます。どのタイミングが最適なのかは、ご家庭によって変わります。それぞれの年齢別の特徴を知り、マンション購入・リノベーションの計画にお役立てください。

独身や夫婦2人などの多い20代

20代の方は、結婚して家を持つ過程でマンション購入・リノベーションをすることが多くなります。とはいえ、30代以上の世帯に比べて数は少ないのが現状です。仕事をはじめてから期間が短いため貯金額が少なく、頭金を用意しにくいのが理由のひとつです。また、20代には独身の方も多く見られます。独身のうちから家を購入するのは早いとお考えの方も多いかもしれません。

20代でマンション購入・リノベーションするメリットは、ローン返済が早く終わりやすい点です。お子さまの教育費やご夫婦の老後資金なども準備しやすくなります。

その一方で、20代のうちはまだライフプランがはっきりしていないことが多く、予想外の転職や家族構成の変化などで引っ越しを余儀なくされる可能性があります。将来のことを見据えて、賃貸や売却などしやすいようなリノベーションを考えることもおすすめです。

ファミリー層の多い30代~40代

30代~40代のご家庭は、特にマンション購入・リノベーションが多い傾向にあります。30代の場合は夫婦2人や小さなお子さまとの暮らしになり、マイホームを検討する方が多く見られます。まだ若いため、ローンを組みやすいのもメリットです。

40代になると子ども部屋を新しく設けて、家族それぞれの個室を確保するためにリノベーションするケースが増えてきます。ただし、30代と比べてローンの組み方が難しくなってくるのも事実です。マンション購入・リノベーションをする前に、現実的に返済可能かを考慮しておくのが大切です。

老後を見越した50代~60代

50代~60代は、老後のことを考えてリノベーションを検討する方が多く見られます。お子さまのいる家庭は独り立ち後、夫婦2人で暮らすための家を探す方が多いようです。

ただし、老後資金を貯めながら家を買うのは大変です。家にばかりお金をかけてしまうと、生活が立ち行かなくなる可能性もあります。ローンを利用する場合は、しっかりと返済計画を立てましょう。

おわりに

ハコプラスは、東京や横浜の中古マンション購入からリノベーションまで一括で承っています。実績豊富なハコプラスなら、年齢ごとのさまざまな事例を参考に具体的なアドバイスが可能です。リノベーションについてお困りなら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*