気を付けたいリノベーションの失敗と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リノベーションでは、予算や物件選びに関することなど、さまざまな問題が生じることがあります。希望通りのプランを実現するには、しっかりと計画を立て、信頼できるリノベーション会社を選ぶのが大切です。今回は、リノベーションで起こりがちな失敗と対策方法をご紹介します。

予算不足

リノベーションでありがちな失敗のひとつが予算不足です。特に、中古物件を購入してからリノベーション費用を計算する場合に、予算が足りなくなるケースが多く見られます。物件はあるもののリノベーションが自由に行えないため、結果的に妥協する部分が出てきてしまうでしょう。

予算不足にならないためには、物件の購入前からしっかりとシミュレーションしておくのが大切です。あらかじめ物件価格+リノベーション費用を計算しておきましょう。また、譲れない部分、できればリノベーションしたい部分、どちらでも良い部分など、優先順位を決めておくのもおすすめです。

物件選び

中古物件によっては、実施可能なリノベーションが制限されている場合があります。物件購入後、いざリノベーションをはじめようと思っても、物件の問題で希望通りの工事ができなかったというパターンもあり得ます。

また、購入後に見えない部分の劣化が発覚し、追加で補修費用がかかることもあります。物件選びは希望するリノベーションのプランに合わせて行うのが大切です。

失敗を回避するには、購入からリノベーションまでワンストップで依頼できる会社へ相談してみましょう。そういった会社は、理想のリノベーションに合わせた物件を探すのが得意なためです。

引き渡し後のトラブル

リノベーションがすべて終わって物件を引き渡した後も、施工不良に気づいた、故障・破損が発生した、設備の使い方がわからないなど、さまざまなトラブルに見舞われることがあります。

会社によって、対処できるトラブルは異なります。できるだけ引き渡し後のアフターフォローが充実しているリノベーション会社を選んでおくと安心です。予期せぬトラブルに備え、保証の範囲について明確に提示してくれる会社を探しましょう。

おわりに

横浜にてリノベーションを行うハコプラスでは、物件選びとリノベーションをワンストップで行っています。予算や物件選びのトラブルを避け、ご希望通りのリノベーションができるよう精一杯サポートいたします。

また、ハコプラスはリノベーション後も長く快適に過ごしていただけるよう、引き渡し後のアフターフォローも重視しています。保証期間について気になる方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*