施工後はどんな部屋になる? リノベーション後をうまくイメージする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リノベーションにおいて大切なのは、施工後のお部屋をイメージすることです。リノベーション後のイメージが定まっていれば、施工の計画もスムーズに進みます。うまく想像できない場合は、画像やイラスト、ショールームなどを活用しましょう。今回は、リノベーション後のお部屋をイメージする方法についてご紹介します。

画像やイラストでイメージを膨らませよう

リノベーション後、どういったお部屋になるのかイメージを掴むには、画像やイラストを活用するのがおすすめです。まずはリノベーション会社のホームページやカタログなどを見てみましょう。

リノベーション会社が用意している資料には、実際に工事を行った部屋の写真が掲載されていることがあります。施工後の写真を見ればどういったスタイルが得意な会社なのかも掴めるため、一度はチェックしておきましょう。

また、最近ではSNSに自室のインテリアを投稿している方が増えています。もしリノベーション後のイメージがうまく浮かばないときは、SNSで好みのインテリアの写真を探してみるのもおすすめです。お好みの写真をいくつか選んでおき、後からまとめて眺めると、好きなインテリアの傾向を掴みやすいはずです。

そして、リノベーション会社によっては、施工後のイメージイラストや3Dパースを描いてくれることもあります。ほかの例を見るよりも実際の雰囲気に近いものが見られるため、イメージを膨らませるのに大変役立つでしょう。

モデルルーム見学へ行くのもおすすめ!

リノベーション後のイメージを掴むためには、モデルルーム見学へ行くのもおすすめです。使おうと思っていた設備の使い勝手や、床や壁の触り心地、お部屋全体の雰囲気などを実際に体感してみましょう。住んだ後の様子がリアルにイメージできるかもしれません。

また、モデルルームであれば、その場で担当者へ質問できるのもメリットです。リノベーションを検討中なら、ぜひモデルルーム見学へ行っておきましょう。見学の前には、質問したいことや見ておきたい部分などをメモしておくと便利です。

おわりに

ハコプラスでは、東京都の世田谷区にモデルルームを設けています。モデルルームでは、ハコプラスの標準パックでどのようなリノベーションが行えるのかを体感していただけます。特に断熱施工による快適さは、実際にお越しいただかなければなかなか味わっていただくことができません。ハコプラスでのリノベーションをお考えの方は、ぜひモデルルーム見学をご検討ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*