リノベーションでシューズクロークを設置するメリットと施工のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

玄関まわりの収納にお悩みの場合は、シューズクロークの設置がおすすめです。家族の靴はもちろん、アウトドア用品や子どもの遊び道具など、さまざまなアイテムを収納できます。今回は、シューズクロークをリノベーションするメリットや施工のポイントを解説します。

シューズクロークとは?

シューズクロークとは、玄関付近に設置された収納スペースのことです。シューズインクローゼットとも呼ばれます。通り抜けが可能なウォークスルータイプや出入口がひとつのウォークインタイプ、扉の有無などによってさまざまな種類があるのが特徴です。

マンションの場合、新たにスペースを増築することはできませんが、スケルトンリノベーションによって間取りを再構成すれば、シューズクロークを設置することができます。

シューズクロークをリノベーションするメリット

続いては、リノベーションでシューズクロークを設置するメリットをご紹介します。

靴以外に多くのアイテムを収納できる

シューズクロークはスペースが広いため、アウトドア用品や子どもの遊び道具、ベビーカーなど、靴以外のアイテムも収納できます。玄関に物を置く必要がなくなり、スッキリと見せることができるのもメリットです。

帰宅時や外出時に役立つ

シューズクロークは、帰宅時に上着を脱いでかけておくスペースとしても活用できます。外出時には玄関で準備を済ませることもでき、玄関まわりの利便性がアップします。

シューズクロークを設置する際のポイント

次に、リノベーションでシューズクロークを設置する際のポイントをお伝えします。

換気機能を設ける

玄関は湿気が発生しやすい場所のため、放置しているとカビや嫌な臭いが発生する可能性があります。玄関横のスペースに窓などがない場合は、リノベーションで換気機能を設けるのがおすすめです。具体的には、換気扇や除湿機の設置などが効果的です。マンションの場合、後から外壁に手を加えて窓を取り付けることはできないので注意しましょう。

可動式の棚を設置する

シューズクロークに収納するアイテムは、家族構成によって変わってきます。いつまでも使いやすいスペースにするためには、可動式の棚を設置するのがおすすめです。収納スペースを自由にデザインできるようにすることで、おもちゃやベビーカーなどの大きなアイテムから、鍵や身支度に必要なアイテムまで収納しやすくなります。

まとめ

横浜でマンションリノベーションを手がけるエココは、玄関リノベーションの実績も豊富です。シューズクロークの設置も含めて最適なプランを提案できるため、ぜひお気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。