リノベーションで人気のクッションフロアとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

床材には、さまざまな種類があります。中でも水まわりのリノベーションを中心によく利用され人気が髙いのがクッションフロアです。今回は、クッションフロアの特徴やメリット・デメリットなどを解説します。

クッションフロアの特徴

クッションフロアとは、塩化ビニール素材から作られるクッション性に優れた床材のことです。シート状になっており、木目調やタイル調、大理石調などさまざまなデザインがあります。手軽で使いやすいことから人気が高く、特に水まわりに利用されます。

クッションフロアを選ぶメリット・デメリット

床材にクッションフロアを選ぶメリットやデメリットをご紹介します。

メリット

価格が安い

クッションフロアは、他の床材と比べて価格が安い傾向にあります。リノベーションを行う際は、床材にクッションフロアを使用して費用を抑え、浮いたコストを他の場所の工事にあてるのもおすすめです。

耐水性が高い

クッションフロアは耐水性が高く水まわりに適した床材です。トイレや洗面所、キッチンをリノベーションする際に、水まわりにクッションフロアを選択するケースが多く見られます。

汚れにくい

クッションフロアは汚れに強く、汚れが付着した場合でもサッと拭き取りやすいのがメリットです。そのため、小さな子供やペットのいる家庭でもよく利用されます。

種類が豊富なのでお部屋全体の雰囲気と合わせやすい

クッションフロアは種類が豊富で、シンプルなものから独特なデザインなものまでたくさんあるので、お部屋全体の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

デメリット

傷や凹みが生じやすい

クッションフロアは柔らかい質感のため、傷や凹みが生じやすい傾向にあります。そのため重量のある家具を設置する場合は注意が必要です。

熱に弱い

クッションフロアは熱に弱く、変色や劣化のリスクがあります。特に直射日光の当たる場所では劣化が早くなる可能性があるため、設置時には窓の位置を意識したいところです。

フロアタイルやフローリングと比べて耐久性が低い

クッションフロアは、フロアタイルやフローリングと比較して耐久性が低い傾向にあります。安価な分、交換もしやすいですが、長く使い続けるには定期的なお手入れが必要です。

通気性が悪い

クッションフロアに限らず、ビニール素材は通気性が悪く、カビの原因となりやすい特徴があります。

まとめ

エココでは、デザイン性と機能性を兼ね備えた床材を各種ご用意しています。お部屋の雰囲気に合わせた床材にお悩みの場合は、ぜひ一度当社までご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。