マンションリノベーションにおける現地調査とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

現地調査はマンションリノベーションを行う際、多くのケースで必要となります。しかし実際は、その概要や目的などを理解していない方も多いでしょう。そこで本記事では、現地調査の内容や目的を解説します。

現地調査とは?

現地調査とは、リノベーション内容や依頼会社を決める際に、リノベーション会社に家の状態を確認してもらい、見積書の作成を依頼するプロセスのことです。リノベーションの基本的な工程であり、無料で行っている会社も少なくありません。

現地調査の主な内容は、以下の通りです。

・採寸

・写真撮影

・管理規約の確認

・現状の確認(配管や梁の様子、躯体などの構造の確認)

・ご希望内容などのヒアリング

このほかに、リノベーション箇所や内容に応じたチェックを行うケースもあります。

現地調査を行う目的

現地調査は、どのような目的で行われるのでしょうか。ここでは、主な目的を3つご紹介します。

正確な見積もりを出してもらう

現地調査の最大の目的は、リノベーション会社に正確な見積もりを出してもらうことにあります。現地調査を行わなくても、概算見積もりを出してもらうことは可能です。

しかし、あくまで概算であり、現地調査を行った上で使用する建材や設備、そのサイズなどを決定することで正確な見積もりを出せるようになります。現地調査を行わない限りは正確な金額を算定できず、本契約時の費用と差が生まれる可能性があるため、次のステップに進めなくなるケースも考えられるでしょう。

リノベーションのプロからアドバイスを受ける

リノベーションの内容について迷っている部分があれば、現地調査の段階でプロからアドバイスを受けられます。例えば、使用する素材や工期など、専門家でなければわからない点も相談できます。デザイナーやインテリアコーディネーターの在籍しているリノベーション会社であれば、インテリアや造作家具の相談なども可能です。

希望するリノベーションが可能か判断してもらう

希望するリノベーション内容によっては、実現が難しいケースも考えられます。現地調査の段階で相談していれば、早いうちに修正が可能です。しかし、現地調査を行わないと契約直前で計画を中止せざるを得ず、時期が大きくずれ込んでしまいます。こういったトラブルを防ぐためにも現地調査は重要です。

まとめ

マンションリノベーションを実施する際は、事前に現地調査を行うのが基本です。費用はかからないケースも多いため、まずはリノベーション会社に連絡してみましょう。

東京や横浜でマンションリノベーションを手がけるエココでは、占有面積に応じた定額プランでのリノベーションを提供しています。コスト面が心配な場合でも、ぜひお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。