断熱リノベーションのすすめ

中古マンションであってもリノベーションで、新築に負けない快適な住まいに永く住んで頂きたい。
見た目の綺麗さだけでなく、構造や住み心地といった部分でも自信を持ってお客様にお勧めしたい。

私たちは「きもちのいい家」とは何か?を考えた結果、
「断熱施工」や「インナーサッシ」をハコプラスの標準仕様にすることに決めました。

2020年には住宅の省エネ基準の義務化も検討されています。
今後、ますます住宅性能基準の向上が求められる中、資産価値も上がる「性能重視のリノベーション」をおすすめします。

是非、一度モデルルームで体感してみてください。

「自然素材を利用すること」にこだわりを持ち続けたT様。
どのような仕上がりとなったでしょうか。

T様様の施工事例のご紹介はこちら

築年数からくる各所の劣化への不安。
ハコプラスのリノベーションで生まれ変わりました。

T様のお客様インタビューはこちら

「ダルトンのショールームのようにしたい」
ハコプラスのモデルルームで思わぬ発見をします。

N様のお客様インタビューはこちら

TEL:0120-31-288810 : 00 ~ 18 : 00(平日・土曜)
  • 資料請求やお問い合わせの際の個人情報は、他の目的で使用致しません。
  • また、当社より営業や勧誘目的といった、どうしてもご確認が必要な場合以外のお電話は致しません。

全て定額基本パックに含まれています!!

次世代の快適基準を変える!
ハコプラスのポイント8

リノベーションお役立ちコラム集

旧耐震基準の中古マンションは、住宅ローン減税ができない?
 

旧耐震基準の中古マンションは、住宅ローン減税ができない?

旧耐震基準の物件は価格が安いことが多く、立地や広さの他に価格を重視する際の選択肢としても人気です。ただし、旧耐震基準の場合は住宅ローン控除が適用されないことがあります。今回は、中古マンションを買うときに気をつけたい、耐震基準と住宅ローン減税に関する情報をご紹介します。 旧耐震・新耐震基準の違い 旧耐震基準とは、1981年6月より前に建築確認が申請された物件の耐震基準です。それ以降のものが新耐震基準の建物として認められます。 旧耐震基準の建物は、中規模の地震(震度5強程度)ですぐに建物が崩壊しないように建てられています。一方、新耐震基準では、中規模の地震では建...

お部屋をひとつの「ハコ」にする。スケルトン状態からのリノベーションのメリットは?
 

お部屋をひとつの「ハコ」にする。スケルトン状態からのリノベーションのメリットは?

ハコプラスでは、マンションを一度スケルトン状態にしてからリノベーションを開始します。骨組みだけを残した「ハコ」からのリノベーションには、どういったメリットがあるのでしょうか。今回は、スケルトンに関する知識やリノベーションする上でのメリットをご紹介します。 ハコプラスのリノベーションは、スケルトン状態からスタート! 「スケルトン」とは、建物の骨組みのことです。スケルトン部分は家を構築する必須要素のため、簡単に解体することはできません。反対に、「インフィル」と呼ばれる間仕切り壁や配管などの内装部分は自由に取り換えられます。 建物の骨格となるスケルトンは、イ...

断熱のプロが教える!!効果を最大限にする、吹付け断熱の施工ポイント
 

断熱のプロが教える!!効果を最大限にする、吹付け断熱の施工ポイント

中古マンションの断熱性・気密性をアップさせるメリットがたくさんの硬質ウレタンフォームですが、正しい施工方法で行わなければ、せっかくの効果も薄れてしまいます。そこで、吹付け断熱を行う際に注意しておくべき施工のポイントを見ていきましょう! 1.住戸の位置はどこ?マンションにおける断熱の施工ポイント 外気と直接触れ合う確率が高い位置は注意 太陽の光を受けやすい『最上階』 隣に住戸がない『角部屋』 下部分が駐車場やエントランスなど「下階に住戸がない部屋」 2.断熱材を吹き付ける厚みは確保されているか 3.ヒートブリッジをカバーしているか 4.ま...