断熱リノベーションのすすめ

中古マンションであってもリノベーションで、新築に負けない快適な住まいに永く住んで頂きたい。
見た目の綺麗さだけでなく、構造や住み心地といった部分でも自信を持ってお客様にお勧めしたい。

私たちは「きもちのいい家」とは何か?を考えた結果、
「断熱施工」や「インナーサッシ」をハコプラスの標準仕様にすることに決めました。

2020年には住宅の省エネ基準の義務化も検討されています。
今後、ますます住宅性能基準の向上が求められる中、資産価値も上がる「性能重視のリノベーション」をおすすめします。

是非、一度モデルルームで体感してみてください。

「自然素材を利用すること」にこだわりを持ち続けたT様。
どのような仕上がりとなったでしょうか。

T様様の施工事例のご紹介はこちら

築年数からくる各所の劣化への不安。
ハコプラスのリノベーションで生まれ変わりました。

T様のお客様インタビューはこちら

「ダルトンのショールームのようにしたい」
ハコプラスのモデルルームで思わぬ発見をします。

N様のお客様インタビューはこちら

TEL:0120-31-288810 : 00 ~ 18 : 00(平日・土曜)
  • 資料請求やお問い合わせの際の個人情報は、他の目的で使用致しません。
  • また、当社より営業や勧誘目的といった、どうしてもご確認が必要な場合以外のお電話は致しません。

全て定額基本パックに含まれています!!

次世代の快適基準を変える!
ハコプラスのポイント8

リノベーションお役立ちコラム集

断熱のプロが教える!!効果を最大限にする、吹付け断熱の施工ポイント
 

断熱のプロが教える!!効果を最大限にする、吹付け断熱の施工ポイント

中古マンションの断熱性・気密性をアップさせるメリットがたくさんの硬質ウレタンフォームですが、正しい施工方法で行わなければ、せっかくの効果も薄れてしまいます。そこで、吹付け断熱を行う際に注意しておくべき施工のポイントを見ていきましょう! 1.住戸の位置はどこ?マンションにおける断熱の施工ポイント 外気と直接触れ合う確率が高い位置は注意 太陽の光を受けやすい『最上階』 隣に住戸がない『角部屋』 下部分が駐車場やエントランスなど「下階に住戸がない部屋」 2.断熱材を吹き付ける厚みは確保されているか 3.ヒートブリッジをカバーしているか 4.ま...

吹付け断熱材「アクアフォームNEO」の特徴とメリット
 

吹付け断熱材「アクアフォームNEO」の特徴とメリット

前回はマンションのリフォーム・リノベーションで施工される断熱の方法についででした。今回は吹付け断熱材の中でも、近年注目を集める「アクアフォームNEO」について、特徴やメリットを詳しく見ていきましょう。 1.「アクアフォームNEO」の施工可能な場所は? 2.「アクアフォームNEO」が誇る断熱性能 3.安心安全な断熱材「アクアフォームNEO 4.アクアフォームNEOは、さまざまな水準に適合可能です ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) 認定低酸素住宅 平成28年省エネ基準 これからの“省エネ住宅”に適合する断熱材 5.一年いつでも快適な暮らしを実現 6.暖...

マンションリノベでの断熱の種類と特徴
 

マンションリノベでの断熱の種類と特徴

中古マンションのリフォーム・リノベーションで耳にすることも増えた「断熱」。ひとくちに断熱と言っても、工法によって内容が異なります。まずはどんな種類があるのか、それぞれの断熱方法のメリット・デメリットをおさえておきましょう。 1.断熱種類は2パターン!「外断熱」と「内断熱」 外断熱とは? 内断熱とは? 日本では内断熱が一般的 2.マンションの「内断熱」の施工方法とは? 乾式断熱の特徴とメリット・デメリット 湿式断熱の特徴とメリット・デメリット 3.まとめ 断熱種類は2パターン!「外断熱」と「内断熱」 「鉄筋コンクリート」「鉄骨」「...