住む人に合わせたリノベーション

日々の掃除をラクにする水まわりのリノベーション

水まわりは、家の中でも汚れが溜まりやすく、目立ちやすい場所でもあります。掃除のしづらさを感じている場合は、リノベーションで解消するのがおすすめです。今回は日々の掃除をラクにする水まわりのリノベーションアイデアをご紹介します。

キッチンリノベーション

まずは、キッチンリノベーションのアイデアをご紹介します。

ワークトップ(天板)とシンクの素材にこだわる

油汚れや水垢汚れが発生しやすいワークトップやシンクでは、お手入れのしやすい素材を選ぶのが良いでしょう。ワークトップは、コスト面を重視する場合は、エンボス加工やバイブレーション加工を施したステンレスがおすすめです。人工大理石も人気があります。

また、シンクは汚れを洗い流しやすいよう、傾斜をつけたり特殊加工を施している商品なども登場しています。水や湿気、熱につよく掃除がしやすいホーローのシンクなどもおすすめです。

IHキッチンに変更する

現在ガスコンロを使用している場合は、掃除のしやすいIHキッチンへの変更もおすすめです。お手入れの際にパーツを取り外す必要がないので拭き掃除だけできれいな状態を保つことができます。

お手入れしやすいキッチンパネルに張り替える

キッチンパネルとは、キッチンの料理スペース付近の壁面に設置された仕上げ材のことです。油汚れなどが付着しやすい場所のため、目地がなく、油や水が飛んでもサッと拭けるお掃除が楽な素材がおすすめです。

トイレリノベーション

次は、日々の掃除をラクにするトイレリノベーションのアイデアをご紹介します。

タンクレストイレに変更する

タンクレストイレは、通常のトイレと比較して凹凸が少なく、掃除がしやすいのが特徴です。タンク部分をきれいにする必要もなくなるため、毎日の掃除時間を短縮できます。

フチなしトイレに変更する。

便器の内側にあるフチの部分は、汚れが溜まりやすく、掃除の際にブラシなどが届きにくい場所でもあります。フチなしトイレに変更すれば、ブラシやシートで簡単に掃除ができ、清潔な状態をキープできます。

清潔な状態を保つ機能が搭載されたトイレを選ぶ

最新のトイレには、お手入れの頻度を減らせる機能や日々の掃除をラクにする機能が搭載されています。

例えば、自動洗浄機能付きのノズルやリフトアップ機能などが代表的です。ショールームで実際に触ってみて利便性を確認しましょう。

お手入れしやすい壁紙や床材に張り替える

トイレでは、便器だけでなく壁紙や床材の見直しも必要です。クッションフロアやビニールクロスは、汚れが付きにくく落としやすい仕様のものを選びましょう。その他には、抗菌・防汚加工がされている製品を選ぶのも良いでしょう。

浴室リノベーション

最後は、浴室リノベーションのアイデアをご提案します。

掃除が簡単な素材の床にする

最近では、表面が凹凸のある構造になっている素材の床が標準仕様になっています。水分が乾きやすく、水垢や皮脂汚れが残りにくい特徴があります。メーカーから販売されているため、ショールームで実際に触れてみましょう。

浴槽の素材を汚れにくいものに変更する

ガラス系の素材が使用されている浴槽は、皮脂や水垢汚れを弾く特徴があります。スポンジやブラシで軽くこするだけで汚れを落とせるため、日々の掃除の負担を減らせます。

水垢のつきにくい鏡を選ぶ

鏡の水垢汚れが目立つ場合は、コーティングが施されているものに変更するのがおすすめです。水垢汚れはもちろん、湯気によるくもりも防止できます。

まとめ

横浜でマンションリノベを手がけるエココでは、占有面積に応じた定額制のリノベーションを提供しています。現在の住まいに不満がある場合は、ぜひ一度お問合せください。

事前に要望を伝えて理想のリノベーションを実現しよう

リノベーションを行う際のプラン作成は、満足するリノベーションを行なうために必要なプロセスのひとつです。「リノベーションによって、どのような暮らしを実現したいか」を具体的な形に落とし込む作業を指します。本記事では、プラン作成の際のポイントを解説し、お客様の理想のリノベーションをサポートいたします。

リノベーションにおけるプラン作成とは?

プラン作成とは、リノベーションの内容を具体化するために担当営業やデザイナーと打ち合わせを行うことを指します。リノベーション会社に相談し、現地調査を終えた後で実施します。

依頼者が事前に「どのようなリノベーションをしたいか」「どんな暮らしを実現したいか」などの要望を整理しておき、担当営業やデザイナーとの話し合いの場で具体化していく流れです。間取りやデザイン、取り付ける設備などはもちろん、コンセントや照明スイッチの場所や位置、クローゼットの棚の数など詳細部分まで決める重要なプロセスです。

一度で完了することはなく、ファーストプランをベースに修正や変更を何度か行い理想に近いプランを作成します。リノベーション工事は、この打ち合わせで決定した内容をもとに行われます。

プラン作成の際のポイント

ここでは、プラン作成を行う際のポイントを解説します。

事前に予算と優先順位を決めておく

予算が決まっていないとリノベーション内容を詳細まで落とし込めないため、リノベーション会社との相談前に予算を決めておくが大切です。リノベーションの内容によっては補助金などが適用できるケースもあるため、気になる場合は担当者への相談がおすすめです。

また、予算によっては希望する全てのリノベーションを実現できない可能性があります。家族間で話し合いを行い、施工内容ごとに優先順位を決めておくと理想に近づけやすくなります。

リノベーションで実現したいことを明確に伝える

リノベーション会社との話し合いの場では、今回の施工で実現したいことをできる限り明確に伝えることが大切です。言葉にするのが難しい場合は「現在の住まいのどこに不満を感じているか」「どのようなライフスタイルに憧れがあるか」といった点から、イメージするとわかりやすいでしょう。

また、参考にした施工例がある場合は、打ち合わせの際に持参するとイメージを伝えやすくなります。雑誌やインターネット、SNSなど、些細なものでも問題ありません。

まとめ

横浜でマンションリノベを手がけるエココには、経験豊富なプランナーが在籍しています。お客様の要望を丁寧に伺った上でプランを作成するため、リノベーションに不安がある場合でもぜひ一度ご相談ください。

リノベーションで高齢者も生活しやすい住まいを実現しよう

少子高齢化の進む現代の日本では、結婚や出産など家族が増えるタイミングや家の建て替えなどを機に、高齢の親と一緒に暮らすケースも少なくありません。そこで今回は、高齢者も生活しやすい住まいを実現するためのリノベーションアイデアをご紹介します。

思わぬ事故を防ぐ浴室リノベーション

浴室は、転倒やヒートショックなど高齢者の思わぬ事故が発生しやすい場所です。ヒートショックとは、廊下や脱衣所と浴室との寒暖差によって急激に血圧が変化し、心臓や血管にダメージを与える現象を指します。冬場に発生しやすく、特に高齢者が注意するべき事故です。

浴室での転倒リスクを減らすには、床材を滑りにくいものに変更するのがおすすめです。凹凸のある構造で、滑りにくく乾きやすい素材にリノベーションするのが良いでしょう。また、とっさのタイミングで掴めるよう、浴室内に手すりを設置するのも効果的です。

ヒートショック対策には、浴室暖房機の設置をおすすめします。入浴前に稼働させることで室内との寒暖差をなくし、ヒートショックのリスクを低減できます。

スムーズな移動を可能にする廊下リノベーション

高齢になると歩行中にふらついたり、物にぶつかってしまったりするケースが増えます。廊下が狭いと移動の際に家族や物とぶつかってしまい、転倒リスクにつながる可能性があります。

そのため高齢者と暮らす場合は、廊下を広くしてリスクを減らすのが良いでしょう。廊下を広くすると、将来車椅子を使うようになっても安心して生活できます。また、廊下に手すりを設置するのもおすすめです。

廊下の途中にクローゼットがある場合は、扉を引き戸やプッシュ式の扉にして取手をなくすと歩行の妨げにならず、見た目もスッキリとするので取り入れてみてはいかがでしょうか。また、スケルトンリノベーションを行い、廊下をなくしてしまうのもひとつの方法です。

段差をなくすバリアフリーリノベーション

高齢者は、少しの段差でもつまずきやすく、大きなケガにつながる可能性があります。高齢者と一緒に生活する際は、できる限り段差のない住まいになるよう、リノベーションするのが理想です。玄関やトイレ、浴室、居室の出入口などにつまずきやすそうな段差がある場合は、バリアフリーリノベーションをご検討ください。

まとめ

高齢者向けのリノベーションは、内容によって補助金を受け取れる可能性があります。高齢者との生活をスタートさせる場合は、エココまでお気軽にお問い合わせください。

マンションでも実現可能な採光リノベーション

マンションでの生活で問題になりやすいのが採光です。立地にもよるものの、北側や中央に位置する部屋は、どうしても暗い印象になってしまう傾向にあります。

そこで本記事では、マンションでも実現できる、採光リノベーションのアイデアをご紹介します。

マンションは戸建てのように窓を増設できない

マンションのスペースには、「専有部分」と「共用部分」があります。このうち、リノベーションが認められているのは専有部分のみです。以下の表で、それぞれを分類しています。

専有部分共用部分
・各居室
・キッチン
・トイレ
・洗面所
・浴室
・玄関 など
・ベランダ
・玄関扉
・PS(パイプスペース)
・窓ガラス
・外壁
・エントランス など

窓ガラスや外壁は共用部分と扱われるため、リノベーションで窓を増やしたり、窓のある部分を壁に変更したりはできません。

採光リノベーションのアイデア

こちらでは、マンションでも実現可能な採光リノベーションのアイデアをご紹介します。

室内窓を設置する

居室を区切っている壁に窓を設置する方法です。室内窓であれば形状や大きさ、デザインなどを自由に決められるため、採光の確保はもちろん、部屋のデザイン性も高められます。

また、室内窓によって風通しもよくなるため、換気や除湿にも役立つでしょう。自宅で作業するためのワークスペースを設置する際に、家族の様子を確認できるよう室内窓をリノベーションするケースなどもあります。

採光ドアに変更する

採光ドアとは、光が透過しやすいように一部または全面にガラスをはめ込んだドアのことです。スリット状にガラスがはめ込まれているタイプや、上部や下部のみにガラスが入っているタイプなど、さまざまな種類があり、デザイン性も高いのがポイントになります。

廊下とリビングをつなぐドアなど、明るさに差が生まれやすい場所に設置すると、効果的に光を取り込むことが可能です。採光ドアの設置によって奥行きが生まれやすくなり、圧迫感の軽減につながるのもメリットでしょう。

フルリノベーションで部屋全体に光が届くようにする

部屋全体を明るい空間にするには、フルリノベーションを行い、廊下のない間取りを実現するのも一つの方法です。壁に囲まれた空間が増えると、どうしても暗い印象の部屋が生まれてしまいます。フルリノベーションによって壁を少なくすれば、採光面で悩む心配がなくなるでしょう。上記の室内窓や採光ドアの効果も高められます。

まとめ

エココのマンションリノベーションでは、光や風などの自然エネルギーを取り入れて快適な生活を実現できます。採光面で悩んでいる場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

マンションリノベーションにおける現地調査とは?

現地調査はマンションリノベーションを行う際、多くのケースで必要となります。しかし実際は、その概要や目的などを理解していない方も多いでしょう。そこで本記事では、現地調査の内容や目的を解説します。

現地調査とは?

現地調査とは、リノベーション内容や依頼会社を決める際に、リノベーション会社に家の状態を確認してもらい、見積書の作成を依頼するプロセスのことです。リノベーションの基本的な工程であり、無料で行っている会社も少なくありません。

現地調査の主な内容は、以下の通りです。

・採寸

・写真撮影

・管理規約の確認

・現状の確認(配管や梁の様子、躯体などの構造の確認)

・ご希望内容などのヒアリング

このほかに、リノベーション箇所や内容に応じたチェックを行うケースもあります。

現地調査を行う目的

現地調査は、どのような目的で行われるのでしょうか。ここでは、主な目的を3つご紹介します。

正確な見積もりを出してもらう

現地調査の最大の目的は、リノベーション会社に正確な見積もりを出してもらうことにあります。現地調査を行わなくても、概算見積もりを出してもらうことは可能です。

しかし、あくまで概算であり、現地調査を行った上で使用する建材や設備、そのサイズなどを決定することで正確な見積もりを出せるようになります。現地調査を行わない限りは正確な金額を算定できず、本契約時の費用と差が生まれる可能性があるため、次のステップに進めなくなるケースも考えられるでしょう。

リノベーションのプロからアドバイスを受ける

リノベーションの内容について迷っている部分があれば、現地調査の段階でプロからアドバイスを受けられます。例えば、使用する素材や工期など、専門家でなければわからない点も相談できます。デザイナーやインテリアコーディネーターの在籍しているリノベーション会社であれば、インテリアや造作家具の相談なども可能です。

希望するリノベーションが可能か判断してもらう

希望するリノベーション内容によっては、実現が難しいケースも考えられます。現地調査の段階で相談していれば、早いうちに修正が可能です。しかし、現地調査を行わないと契約直前で計画を中止せざるを得ず、時期が大きくずれ込んでしまいます。こういったトラブルを防ぐためにも現地調査は重要です。

まとめ

マンションリノベーションを実施する際は、事前に現地調査を行うのが基本です。費用はかからないケースも多いため、まずはリノベーション会社に連絡してみましょう。

東京や横浜でマンションリノベーションを手がけるエココでは、占有面積に応じた定額プランでのリノベーションを提供しています。コスト面が心配な場合でも、ぜひお気軽にお問い合わせください。

家事の負担を減らすリノベーション

日々の家事は、どの家庭でも大変なものです。特に家族が増えるほど慌ただしくなり、毎日の生活の負担となっています。そこで今回は、家事の負担を減らすためのリノベーションアイデアをご紹介します。

使いやすく広々としたキッチンへリノベーション

キッチンをリノベーションすることで、毎日の食事の準備をスムーズに行えるようになります。おすすめのキッチンリノベーションは、次の4つです。

食器洗い乾燥機を設置する

毎日の食器洗いが負担に感じている場合は、食器洗い乾燥機を設置するのがおすすめです。予洗いをしてから利用するだけで、手軽に食器の汚れを取り除くことができ、食器洗いの時間短縮につながります。

調理台を広めにとる

毎日の家事を楽にするには、キッチンの調理台を広くすることも大切です。シンクや調理スペースを広くしたり、鍋やフライパンを横に3つ配置できるワイドタイプのコンロを設置したりするのが良いでしょう。

手元にコンセントを配置する

最近は、ブレンダーやミキサー、電気圧力鍋など、電気を使用する調理器具も増えています。そのため、リノベーションで手元にコンセントを配置しておくと、調理中にキッチンから離れる必要がなくなり便利です。

収納を工夫する

キッチンをリノベーションする場合は、食器が取り出しやすいように収納を工夫するのも良いでしょう。食器類やカトラリー類を簡単に取り出せるようになれば、家族に手伝ってもらいやすくなります。

押入れをウォークインクローゼットにリノベーション

収納が少ない場合は、押入れや既存の収納スペースをウォークインクローゼットにリノベーションするのがおすすめです。着たい服をすぐに探せるようになり、毎日の身支度にかかる時間を短縮できるでしょう。また、スペースが十分にある場合は、出入り口を複数設けたウォークスルータイプのクローゼットにリノベーションするのもおすすめです。

洗面所をボウルが2つのタイプへリノベーション

洗面台をボウルが2つあるタイプにリノベーションすることで、家族が2人同時に身支度をでき、時間短縮につながります。また、廊下のスペースに余裕があり、配管の増設や移動が可能な場合は、廊下にサブの洗面所を設置するのも有効です。

まとめ

エココでは、お客様のご要望を伺った上で最適なリノベーションプランを提案しています。漠然としたイメージをお持ちの場合も、まずはお気軽にお問い合わせください。

団地を購入してリノベーションするメリットと注意点

団地とは、同じ敷地内に建てられた共同住宅の集合体のことです。公営住宅やUR賃貸住宅、公社住宅などが代表的です。賃貸のイメージが強いものの、中古住宅として販売もされており、価格の安さや敷地の広さ、周辺施設の充実度などから高い人気を誇ります。そこで今回は、団地を購入してリノベーショするメリットと注意点を解説します。

団地リノベーションのメリット

まずは、団地リノベーションのメリットをご紹介します。

リノベーションにお金を回しやすい

団地の最大の魅力は、物件価格の安さにあります。団地は築年数の経過した物件が多いため、同じ間取りの一般的なマンションと比較すると販売価格が安く、ローンなどの負担を抑えやすい傾向にあります。

また、共用施設なども必要最低限のため、管理費や修繕積立金などのランニングコストが安価な点もメリットです。浮いたお金をリノベーションに回すことで、より良い設備を導入したり、フルリノベーションしたりが可能になります。

自分好みに手を加えやすい

団地リノベーションでは、前述の理由からお金を工事費用に回しやすく、フルリノベーションで自分好みの空間にしやすいのもメリットです。予算の都合でマンション購入とリノベーションを諦めた場合でも、団地であれば実現できる可能性があります。

団地リノベーションの注意点

次に、団地リノベーションの注意点をご紹介します。

断熱材を設置すると部屋が狭くなる可能性がある

団地は断熱性が十分ではないことが多いです。リノベーションで断熱材を入れることで解消できるものの、それにより部屋や天井が狭くなる可能性があります。

取り壊せない壁がある物件が多い

団地の物件には、構造上取り壊せない壁がある場合があります。間取りの自由度が低くなるため、事前にリノベーション会社に相談し壁を生かしたデザインや壁が目立たない工夫をすると良いでしょう。

水まわり設備の移動が難しい場合がある

団地では配管の設置状況によって、水まわり設備の移動ができないケースがあります。トイレや浴室の移動を検討している場合は、事前に確認しておきましょう。

騒音対策が必要になるケースが多い

団地は子どものいる家族も多く暮らしているため、生活音が気になる可能性があります。内見時に音の響き方を確認しておき、必要に応じて騒音対策を施しましょう。

エレベーターがついていない物件が多い

現行の建築基準法の制定以前に建てられた団地では、一定の高さがあってもエレベーターが設置されていないケースがあります。生活スタイルを考慮して物件を検討することが大切です。

まとめ

東京や横浜でリノベーションを手がけるエココでは、団地のフルリノベーションをお手頃価格で実現できます。ライフスタイルに応じたリノベーションプランを提案するため、ぜひ一度ご相談ください。

睡眠の質を高める寝室リノベーションのポイント

睡眠時間は人生の3分の1を占めると言われます。そのため、リノベーションで寝室の環境を改善することで、睡眠の質だけでなく生活全体の質向上も期待できるでしょう。今回は、睡眠の質を高めるための寝室リノベーションのポイントを解説します。

気持ちが落ち着くカラーでインテリアを統一する

就寝前には、心身をリラックスさせることが大切です。そのためには、色が持つ力を借りるのがおすすめ。人によって色に対する印象は変わるものの、一般的には青系統のカラーが良いとされています。副交感神経を優位にし、興奮状態を抑えてくれるのが理由です。

反対に、赤系統のカラーは交感神経を刺激し、覚醒させる可能性があります。寝室では家具やカーテン、ラグ、布団などを青系統に統一し、心身共に落ち着ける空間にしましょう。

防音対策を行う

寝室の隣の部屋や外の音が気になって睡眠の質が低下するケースがあります。安眠できる寝室にリノベーションするには、防音対策がおすすめです。具体的には、以下のような方法があります。

・遮音カーテンの設置

・壁の遮音リノベーション

・内窓の設置

どの程度の防音対策が必要かについては、住環境によって変わります。リノベーション会社に相談し、最適な方法を選択しましょう。

明るさを調整する

快適な睡眠には、ベッドへの光の当たり方も重要です。夜間に月明かりが目に入ったり、朝日が強く差し込みすぎたりすると、スムーズな睡眠が阻害される可能性があります。窓の位置や大きさを考慮して、ベッドの位置を調整すると良いでしょう。

また、室内の灯りも白色灯ではなく温かい色味の照明にするのがおすすめです。副交感神経を刺激して眠りやすい精神状態に自然と入ることができます。間接照明を活用するのも効果的です。

快適な湿度を維持するために壁材を変更する

寝室の湿度を一定に保つことで、夏も冬も睡眠の質を高められます。リノベーションをする際は、調湿機能のある壁材への変更を検討するのもおすすめです。珪藻土や漆喰などが代表的です。エアコンや加湿器などを合わせて利用するとより効果を高められます。

まとめ

寝室をリノベーションして睡眠の質を高めるには、色や音、光、湿度などさまざまな視点から過ごしやすい空間になるよう工夫する必要があります。横浜で寝室リノベーションをお考えの場合は、経験豊富なエココまでお気軽にお問い合わせください。

リノベーション工事中は仮住まいが必要?一時引越し先の候補と注意点

リノベーションを行う場合、一時的に仮住まいへ移り住む場合があります。今回は、一時引越し先の候補や仮住まい生活を送る上での注意点を解説します。

仮住まいは必要に応じて用意しよう

自宅をリノベーションする際、仮住まい先を必ずしも準備しなければならないわけではありません。1日から数日で完了する工事で生活に支障が出ない場合は、普段通りの生活が可能です。しかし、以下のようなケースでは仮住まい先を用意する必要があります。

・スケルトンなどすべて取り壊す大掛かりなリノベーションを行う

・工事によって水まわり設備が使用できなくなる

・工事作業者の出入りや工事音、ゴミやほこりが気になる

工期の長さについては、事前にリノベーション会社に尋ねておくと良いでしょう。

仮住まい先の候補

リノベーション時に仮住まいをする場合は、主に以下の3つの物件が候補です。

物件の種類特徴
短期間貸出専用の物件(ウィークリーマンション、マンスリーマンションなど)・家具・家電付きの物件が多い
・ライフラインやネット回線の契約を自分で行う必要がない
・単身向けの物件が多い
・家賃が割高になりやすい
ホテル・宿泊代以外の費用が必要ない
・駅近など立地の良い場所を選びやすい
・家具、家電の持ち込みはできない
・費用が高額になりやすく長期間の仮住まいには適さない
賃貸物件・マンションが一般的だが一戸建てもある
・初期費用が高くなりやすい(敷金、礼金など)
・ライフラインやネット回線を自分で契約する必要がある

また、ホテルなどを選んで荷物をすべて持ち込めない場合は、リフォーム会社の提携先倉庫に一時保管する方法もあります。

仮住まいをする場合の注意点

最後に、仮住まいをする際の注意点をお伝えします。

ペットの引越し先も探しておく

仮住まい先によっては、ペットとの入居が不可能なケースもあります。そのため、ペットを飼っている場合は、ペットの仮住まい先も探す必要があります。ペットホテルや親族に預けるなど、対応を検討しましょう。ペット可の賃貸物件でも種類や数に制限があったり、賃貸料金が通常より高額になったりすることもあるため注意が必要です。

持ち込む荷物はできる限り減らす

仮住まい先に持ち込む荷物は、できる限り少なくしましょう。荷物が増えると引越し費用が高くなるだけでなく、部屋の広さも求められます。全体的なコストが上がるため、荷物を厳選することが大切です。

工期が延長した場合の対応を検討しておく

リノベーションの工期が延長した場合、仮住まい先で暮らす期間も延ばす必要があり、家賃や宿泊費が追加で発生します。事前に工期が延長した場合の対応についてリノベーション会社と相談しておき、トラブルを防止しましょう。

まとめ

エココでは、一度間仕切りを撤去した上で間取りを再構成する、スケルトンリノベーションを提供しています。広さの限られているマンションでも理想の家を実現できるため、ぜひお気軽にご相談ください。また、仮住まい先や提携倉庫もご紹介できますので、仮住まいに関しても併せてお問い合わせください。

自宅をカフェ風にリノベーションするためのポイント

カフェ風のインテリアは、昔から人気の高いスタイルのひとつです。新型コロナウイルスの影響でお家時間を見直す方が増え、リノベーションでカフェ風の自宅に造り変える方も少なくありません。そこで今回は、自宅をカフェ風にリノベーションするためのポイントを解説します。

木の温かみを感じられる家具で統一する

カフェを意識した空間には、統一感が欠かせません。ソファや机、本棚などをウッド調で統一することで落ち着いた雰囲気を演出できます。また、レトロな印象のカフェがお好みの場合は、深い色の木目調のアイテムを選ぶと良いでしょう。

キッチンカウンターを設置する

カフェ風に近づけるには、キッチンカウンターを設置するのがおすすめです。カウンターにイスを並べるだけで、いつものコーヒーや食事をカフェの雰囲気で楽しめます。キッチンカウンターは、対面タイプのキッチンでなくても設置できるため、リフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

「見せる収納」を意識する

カフェといえば、「おしゃれな小物」が置かれているイメージのある方も多いはず。自宅をカフェ風にリノベーションする場合は、お気に入りの小物をあえて見えるようにディスプレイするのがおすすめです。例えば、コーヒーカップ&ソーサーやコーヒー豆を保管するキャニスター、コーヒーミルなどが定番アイテムです。

机や食器棚、キッチンカウンターに飾るのはもちろん、壁付けの収納棚やショーケースを設置する方法もあります。お気に入りのカフェがある場合は、置いている小物や収納方法を参考にするのも良いでしょう。

随所にグリーンを散りばめる

ウッド調のアイテムは、自然素材との相性が抜群です。特にグリーンを部屋全体に配置することで柔らかい雰囲気になり、カフェ風のナチュラルテイストな部屋に仕上がります。グリーンを並べる場合は、同じアイテムばかりではなく、大きさや色の異なるものを配置するのがポイントです。机や棚に置くだけでなく、上から吊るしたり壁に配置したり工夫するとおしゃれな印象になります。

まとめ

横浜でリノベーションを手がけるエココでは、お客様の好みに合わせたリノベーションを実現可能です。専任のデザイナーが在籍しており、インテリアの相談も承っています。カフェ風スタイルを実現したい場合は、ぜひ一度お問い合わせください。